ICE AGE







"The Great Divine"




アメリカ出身のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


アイス・エイジと言ってもブルースカイ・スタジオ製作のCGアニメーション映画とは関係無い、
アメリカ出身のプログレメタルバンドで本作は彼らのデビューアルバムとなっており、その音楽性は
典型的なDREAM THEATERフォロワーと呼べるもので、テクニカルな演奏やスペイシーなシンセが
ソリッド感と共に時にはそれなりにキャッチーな印象も放っており、正しくプログレメタルと呼べる
安定したサウンド
を披露しているのだが、そんな中にあって変拍子に対する拘りがかなり強く
どの曲も執拗なまでに変拍子を放り込んでおり非常にヘドバンし辛い仕上がりとなっておる!

1曲目はなかなかにソリッドなギターリフシンセが登場、早速の変拍子が炸裂しテクニカルな
ギターソロ
も聴けつつ淡々としたヴォーカルパートも顔を出すぞ。後半のインストパートがまた
テクニカルさを見せておるのう・・・!2曲目はドラムソロに始まりフュージョン風のオシャレ感を放つ
ギターが登場、そのままストレートなプログレメタルとなるぞ。3曲目は変拍子の中で軽快さが見られる
ライトなプログレメタルで、4曲目はどこかエキゾチックな怪しさを放ちつつ疾走開始!
胡散臭くもテクニカルさ
を見せるインストとなるぞ。5曲目はライトなカッティングにヴォーカルが乗る
やけに爽やかな曲調で、6曲目はストリングス系シンセに始まりワイルドなリフも登場、
その後はちょいとオシャレな空気も発散されるのう・・・。7曲目はミステリアスなシンセが顔を出し
穏やかさも見せつつなかなかにドラマティックな展開となるぞ。8曲目はメロウなピアノ
美麗さを醸し出す叙情的な曲で、9曲目は変拍子ながらにノリの良いワイルドなリフが聴け
ヴォーカルも荒々しさを感じさせるハードな曲調となるも、シンセフレーズはどことなく
コミカルな印象もあるな。10、11曲目は組曲形式で、まずテクニカルさを放つアンサンブルで
幕を開け勢いを放ち、その後はストレートな仕上がりのプログレメタルとなるのう・・・!


変拍子、リズムチェンジに対する拘りが異様に強いものの、それ以外はストレートな感じの
DREAM THEATERタイプ
と呼べる王道プログレメタルとなっており、演奏も相当にテクニカル
シンセプレイヤーによるヴォーカルも普通に上手く聴き所満載の仕上がりを見せておるのう・・・!まぁやはりこの手のメタルらしく
そこまでメロディーにフック、キャッチーさがある訳では無く、メロディー派のリスナーには
そこが物足り無く感じられる可能性もあるだろうな。アルバムトータルが長いのもダレる部分じゃろうて・・・!
やはり基本はテクニック重視のバンドだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Perpetual Child  Sleepwalker  Ice Age







もどる


inserted by FC2 system