I AM ABOMINATION







"To Our Forefathers"




ミシガン出身のメタリックスクリーモバンドによる1stアルバム。


かなりメタルに接近したスタイルを持ち味としたミシガン産の
新人スクリーモバンド
によるデビューアルバムで、音楽的にはここ近年で
よく見られるタイプ
の王道を行くあまりスクリームしないスクリーモというか
エモメタルと言った所だが、最大の特徴がメタル張りのフラッシーでテクニカルな
速弾きギターソロ
をバンバン聴かせてくれる点である!タッピングスウィープ
当たり前のように使いこなし曲によってはネオクラシカルな要素を持ったギタープレイも
披露、プロダクションもプラスティック系のペラペラな質感ではなく、まぁへヴィだとか
メタルコア的なラウドさは無いが十分にHR/HMしており普通にメタラーも
聴けるだろう!また使用頻度は多くないもののシンセシンフォニックな
ストリングスアレンジ
からエレクトロニカ的な電子音まで使用し楽曲に
彩りを加えている部分もあり、ここ最近のスクリーモ勢はこういったシンセアレンジや
シンフォニック要素
を取り入れることを当たり前のようにしている節があるが
彼等も御多分に漏れない今時のバンドらしい部分が色濃く備わっていると言えよう・・・!
特に5曲目なんかいきなりネオクラシカルなギターとストリングスでシンフォニック
始まり曲調、ヴォーカルこそ普通のスクリーモなれど部分部分で様式美シンフォメタル的
雰囲気
が思いっきり発散されメタラーを十分に惹き付けるだろう!8曲目はメタルコア
接近したモダン寄りのリフが聴け疾走するがヴォーカルが入ると普通のスクリーモ、
エモメタル
になってしまうもののギターのオブリはありがちなタッピングのハモリではなく
速弾きでギターソロも十分にメタル的なシュレッドでスウィープも最後に登場だ!
9曲目はツーバスで疾走しストリングスがシンフォニックでドラマティックな
アレンジ
を聴かせてくれるパートが聴き所だな。そして日本盤ボーナスの11曲目が何気に
キラー
で、シンフォニックなストリングス、ピアノに始まり
ネオクラシカルかつプログレッシヴな技巧的ギターソロ
聴けるカオティック寄りのスクリーモでまぁそれ以降は普通の
スクリーモ
だが前半だけならかなりのキラーチューンと言えるだろう!


ギタープレイや一部で顔を覗かせるシンフォニックなストリングスアレンジ
非常に良くヴォーカルもよく歌えておりギタープレイは普通にヤングギターで
インタビュー受けてもおかしくないレベル
にあり実に達者で捨て曲も無い
メロディーにイマイチフックが無いのが欠点だろうな・・・!これでもっと
エモ、スクリーモキッズのみならずメタラーにもアピールできるレベルの
メロディー
を書けるようになればかなり化けるだろう!今のままではまだスクリーモに
毛が生えた程度
なれどテクニカル様式美スクリーモメタルとしてかなり興味深く
面白いバンド
なので今後の活動をチェックしていきたいのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 全部。特に“Rock N' No Soul”、“Heir to the Throne”







もどる


inserted by FC2 system