HystiaЯica







"Unpleasant Christmas"




日本の打ち込みシンフォニック系コンポーザーによる1stシングル。


先日のM3にてわざわざ挨拶を頂き頂戴した無料配布の3曲入りシングルで、
音楽的には打ち込みサウンド電子音を出しつつも壮大な
オーケストレーション
サウンドトラック的な空気を出し、ヴォーカルは殆ど無く
あくまでも語りと雰囲気重視の曲調になっておるのう・・・!メタルではなく、
かといってプログレでもポップスでも民謡でもテクノ、トランスでもなく
やはり判り易くたとえるならゲームとかのサントラに近い感じかのう・・・!?

1曲目はいきなり重厚さを感じさせるストリングスで始まり緊迫感を演出、
ノイジーな電子音
も顔を出しただならぬ雰囲気を醸し出し途中華やかながらも
退廃的なゴシカルさを出した壮大な展開を見せ打ち込みながらもただ事ではない
オーケストレーションの冴え
を見せるぞ!2曲目はリリカルなシンセに語りが聴け
途中からドラム、ストリングスシンセが登場しクサめに疾走開始!メタルではないが
それに近いシンフォニックな雰囲気を醸し出しているな。アコーディオンも登場し
どこかプログレ的なノリも感じさせるのう・・・。さらに男による語りも聴けるぞ!
3曲目はチャーチオルガンゴアトランス的な電子音、さらに軽いドラムで
ツタツタと疾走し
とりあえずシンフォブラック辺りからの影響も感じさせ
そして何故かクリスマスの曲のフレーズが登場!この辺はかなりカオティックな
変態的要素
を持っておるな・・・!


ルーツはメタルだろうがギターは無くドラムもかなり軽い打ち込みとなっており
ここで聴ける曲調はやはりゲームとかのサントラの色合いが濃くドラムはチープだが
それが逆に昔のゲームサントラに近い雰囲気を出しておりそういったオールドスクールな
ゲームが好きなリスナー
にはグッと来るものがあるのではないだろうか!?
曲の練りはまぁまだまだな部分があるもバリバリ無名の新人ミュージシャン
完全オリジナルという、茨の道をあえて突き進む覚悟を持っているようなんで
今後も気合入れて頑張ってほしいもんじゃて・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 64% お気に入り曲 邪教徒R祝う降誕祭







"FATALE"




日本の打ち込みシンフォニック系コンポーザーによる1stミニアルバム。


以前のM3シングルを無料配布していたシンフォニックコンポーザーが
ついに本気で動き始めたミニアルバムである!多くのミュージシャンを
ゲストで呼び前作はサントラ色濃いほぼインストの作りだったが今回は
ヴォーカルが入り、さらにギターでM∞USEIONの登久生氏が参加、これにより
メタルパートは前作と比べて説得力が増しておりまぁまだシンセ主体で音は軽く
そこまで本格的なメタルと言うわけではないがギターが生なのは良い事である!

1曲目はチャーチオルガン、女性Voによるクワイア風コーラスに始まり
パーカッシヴなドラムも登場、そしてソプラノVoが神秘的な歌唱を披露し
ゴシカルになったサラ・ブライトマン的な風情を醸し出すぞ!2曲目は
サンホラ的な語りで幕を開けピアノに笛のようなシンセが聴ける雰囲気を
演出するため
の短い繋ぎの曲で3曲目は打ち込みだがオペラスタイルの浪々とした
男Vo
が聴けポジティヴで明るい雰囲気を持ったバンドサウンド、
シンセオーケストレーションが登場しキラキラしたチェンバロと共に
疾走開始!
そして男女ツインVoとなり共に未熟な歌唱力で男Voはいかにも
ヴィジュアル系然としたよくあるスタイルだな。ギターもオブリを入れ
そして中盤はシンフォニックなアレンジに語りが乗り明るいファンタジック空気
プンプンと放たれるぞ!インストパートはツインリードのギターソロ笛、
ストリングス
が重なるシンセソロも聴けチェンバロとギターが重なり盛り上がりを見せ
大きな聴き所となっておるのう・・・!7分くらいある大作でドラマティックな
曲展開を持っておりこの辺はプログレの流れを汲んでいるのであろうか!?
4曲目はピアノが流麗なフレーズを奏で男Voが歌い上げまぁ未熟さを
露呈してしまっている
がメロディーラインはお城系プログレに通じるものがあり
バラードではなく藍坊主に近い雰囲気もあるな。中盤以降で女性Voも出てくるぞ。
5曲目はチェンバロにギターリフが聴けHR/HM要素を出しつつもやはり雰囲気は
明るくファンタジックなお城系プログレに近く男Voはファルセット、
ウィスパー歌唱
を披露しているが残念ながらかなり未熟じゃのう・・・!
6曲目はチェンバロ、語りが聴けるアウトロ扱いの小曲。


本格的な活動を開始しギターが生になりヴォーカルもまだまだ未熟ながら
男女ツインVoを聴かせ本気度が伝わってくるな・・・!メタルの影響下に
ある
ものの実際はやはりサントラとプログレに近く本気でアグレッシヴな
バンドサウンドを期待すると肩透かしもいい所だろうが楽曲の練りこみ、
アレンジセンスはなかなか
でシンセ主体の明るいポジティヴな
ファンタジックさを持ったお城系プログレ
として聴くと楽しめるだろうな!
音の軽さもこういうスタイルなら味と言えるのではないだろうか!?
これでヴォーカルがもっと上手ければさらに評価は上がっただろうなぁ・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 結末T-運命の邂逅-







"Hellonween"




日本の打ち込みシンフォニック系コンポーザーによる2ndミニアルバム。


Sound HorizonのRevoMoi dix MoisのManaという、非メタル畑クサメタラー好みの
シンフォニック系ミュージシャン
から影響を受けたという新進気鋭のコンポーザーによる
4曲入りの2作目のミニアルバムである!アルバムタイトルを見るとどうしてもあの
超大物ジャーマンバンドを思い浮かべてしまうが(笑)、別に音楽性はメロパワだと
言う訳ではなくやはりクサく美麗なオーケストレーションシンフォニックさを出し
メタル要素も目立ってきてはいるが全体的にやはりシンセ主体のソフトな質感
満ちておりプログレ的な部分も色濃いのう・・・!

1曲目は打ち込みオーケストレーションがシンフォニックな盛り上がりを見せチェンバロも
クラシカルな響きでクサさを演出するインストだが繋ぎではなくちゃんとした曲になっており
途中からベース、ドラムも登場し疾走もするぞ!2曲目は民謡というかファンタジック
雰囲気を持ったシンフォ系シンセに始まり打ち込みだがギターリフも登場、プログレ的な
奇妙なリズムワーク
を見せアップテンポになり女性Voも顔を出すぞ!とりあえずは
シンフォニックメタルと言えそうな音作りにはなっているな。中盤でテンポが代わり
雰囲気も様変わりするがやはりどこか強引なカオティックさを感じさせるな・・・!
後半のピアノとチェンバロ、それに続くギターソロが聴き所か!?3曲目はピアノで始まり
語り、バンドサウンドも登場し打ち込みギターがリードフレーズを聴かせフルート系の音色
絡みを見せるぞ!やはりこの曲もアップテンポだな。中盤のリズムチェンジがいかにも
プログレ的な感じでピアノやドラムがかなり奇妙な変拍子で絡み強引ではあるがこの辺は
面白いのう!
語り後のギターソロはなかなかメロディアスで良いな。4曲目はハープの音色
美麗な叙情性を醸し出しフルートもメランコリックさを演出する十分なクサさを持ったインスト曲。


過去作と比べて打ち込みではあるがギター、バンドサウンドが増強されておりHR/HM要素
顔を出してきてはいるがやはりプロダクションは軽くいかにもな打ち込みな音で、バンドサウンドと
シンセオーケストラの絡みを見せるアレンジもよく言えばプログレ、カオティックだが悪く言えば
強引さが目立つ
感じでまだまだこれからといった所かもな・・・!ただやりたい事は間違っておらず
伸びしろもある
のでこのままアルバムを重ねてギターも生にしてプロダクション、アレンジの向上
図ればかなり期待が持てそうである!未熟ではあるがつまらない捨て曲は無く打ち込み、日本語詩、
女性Vo、語りOKのクサメタラーなら聴く価値はあると言えよう!個人的には変態プログレリズムを
キープしたまま成長してもらいたい
のう(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 71% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system