Hymmnos Chronicle







"Hymmnos Chronicle〜世界を最も愛した少女たちの詩〜"




日本のファンタジック民謡プロジェクトによるアルバム。


詳しい事は例によってサッパリなんだが、どうやら志方あきこ関係のアニメか
ゲームか何かをトリビュートした
とか、そんな訳では無いのかどうかは判らんがとにかくそんな感じの
姿勢で制作されたアルバムのようで、
音楽的にはやはりと言うか志方あきこ
強烈に思わせるフィメールクワイア満載ファンタジックで民謡ライクな
シンフォニックさを持った神秘的な仕上がり
を見せており、メタルどころか
ロックですら無い
のだが実にクサくハイクオリティーである!コンポーザーで
VAGUEDGEのHull氏が名を連ねておりImperial Circus Dead Decadenceでも見られる
その高度なオーケストラアレンジ非HM/HRの本作でも如何無く発揮されておるな・・・!

1曲目は早速のピアノと民謡的フィメールコーラス神秘的なムードを演出、
そして映写機SE古い音質のアコーディオンが顔を出し女性Voが乗りその後は
穏やかなヒーリングミュージック的な雰囲気を醸し出すのう・・・!ヴォーカルは
複数おり
後半ではクワイアも登場、その後のソプラノは相当にキーが高いぞ!
2曲目はピアノにストリングスが顔を出し、フィメールクワイア神秘的なクサさを
放っており壮麗なムードを演出、
その後はシンフォニックな壮大さがあり実に
ドラマティックである!
3曲目も民謡クワイアと共にオーケストレーションが
壮大かつ壮麗なシリアスさ
を放つシンフォニックな曲だがその後は穏やかで
牧歌的な民謡クサさ
を見せるぞ。4曲目はフィメールスキャットに加えちょいと
勇壮な空気を放つオーケストラ
が顔を出すのう・・・!中盤から雰囲気が変わり
パーカッションにアコギ
が登場し穏やかになるな。後半のチャーチオルガン、
ホーリーなクワイア
がまたクサくたまらんわい!5曲目は出だしからシリアスで
壮大なシンフォニックさ
を放ちクワイアも聴けるダークな曲調で、メタルでは無いが
インダストリアル寄りのヘヴィなムード
も醸し出されるのう・・・!低音女性Voも
怪しげなムードがあり面白いな。
6曲目も荘厳さを見せるストリングス、コーラス
顔を出すが穏やかさもあり、民謡色濃いマイルドさも目立っているな。後半はオーケストラが
壮大な盛り上がり
を見せるぞ!7曲目はクワイア、オーケストラダークでシリアスなムードを放ち
メタルでは無いが実にシンフォニックな盛り上がりを放っておるのう・・・!マイルドなパートもあるが
勇壮なホーンも顔を出すぞ!中盤で雰囲気が変わり急に土着的な民謡、民族音楽と化し
怪しげなパーカッションやベース、シタール
も聴けるのう・・・!8曲目は穏やかなピアノ、女性Voに
ストリングス
が聴けるバラード系のメロウな曲だがすぐに雰囲気が変わり民謡的な
パーカッションも顔を出すぞ。
中盤でノイズが入り唐突に曲調が変化、和のムードを
強烈に放つ琴の音色
デジタルリズムが顔を出し和風インダストリアルとなるぞ!
この強引な変化まさしくプログレ!(爆)9曲目は哀愁バリバリのストリングス、笛
壮麗なクワイア、オルガンが顔を出し実に神秘的なムードを放つがその後は
穏やかで牧歌的な民謡と化すぞ。ヴォーカルメロディーは相当にクサいのう・・・!


志方あきこフォロワー(オマージュ?)と言ってしまえばそれまでかも知れんが、
本作はDIR EN GREYに対するガゼット程度のようなレベルの低いシロモノでは無い!
複数いる女性シンガーは個々だと線の細さが目立つもののコーラス、クワイアでは
そのポテンシャルが存分に発揮されており
まさに本作にマッチしたヴォーカルである!
本家へのリスペクトを忘れず本家に迫らんとする、ある意味敬意と野心に満ちた1枚か!?
志方あきこの音楽性
を愛するならば聴く価値大アリの高品質アルバムだと言えよう!




オフィシャルで見てみる





満足度 87% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system