Hollow Mellow







"Hollow Mellow MUSIC BOX"




日本の女性シンガーソンソングライターのオルゴール企画ミニアルバム。


NEW TROLLSの“Concerto Grosso”ダニー・エルフマン
ゴシカルなサントラ要素を塗し見事なまでにクッサクサに仕立て上げ
俺のクサメタル魂をガッツリと鷲掴みにした“Hollow Mellow”名義による
2作目の企画ミニアルバムである!そう聞くとさらなるクサクサシンフォサウンド
期待してしまうのが世の常だが、今回は何と企画盤のさらに企画盤、
前作に収録されていた楽曲計4曲を大胆にもオルゴールサウンドにアレンジした、
かなり特殊な立ち位置の1枚になっているぞ!こういう試みは志方あきこ
よくやっておりこの手のシーンでは特に新鮮と言うわけではない
うちらメタルの世界でもたま〜にアコースティックアルバムとかリリースする
バンドもおりメロディーが武器のバンド、ミュージシャンならば誰もが一度は
やってみたい試み
なのかどうかは知らんが、まぁそんな感じだろう(投げやり)。

シンプルなオルゴールにアレンジされていてもそのダニー・エルフマン的な
クッサイメロディー
は光を放っており2曲目なんかやっぱ良いのう・・・!(笑)。
全曲繋がっており曲間が無く全てオルゴールなのでいつの間にか次の曲に
移っていた
事も多々あるしまぁ何だかんだで本作はイージーリスニングの域を
脱してはいないのだが前作が気に入った(俺みたいな)リスナーは値段も安い事だし
確保しておくのもアリじゃろうて・・・!ちなみに本作にはブックレットで
絵本が付属しており絵本よりエロ本のほうがいいなんて寒いギャグ
吐く前にクサメタラーのお子様の情操教育に使用してみてはいかがだろうか!?(爆)




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 endless slave、Fairy tale







"Hollow Mellow -Tangled Knot -"




日本の女性シンガーソンソングライターの2nd企画ミニアルバム。


ダニー・エルフマン的ゴシカル系クサメロを武器にダークなメルヘン世界を描く
実力派女性シンガーソンソングライターによる、Hollow Mellow名義における
通算2作目のミニアルバムである!前作はオルゴールアレンジの企画アルバムだったが
本作はゲストシンガーを数人呼んでレコーディングされた本腰を入れたアルバムで、
音楽的にはゴシック系のクサさ、シンフォニックなメルヘン要素をキープしつつ
何とそこにプログレメタル的タイトでテクニカルなメタルサウンドを導入!
よりクサメタラー向けになった印象があり、普通にディスクユニオンHM/HR館で
売る事も出来る仕上がり
を見せておる!(爆)

1曲目は早速壮麗なストリングスサウンドで幕を開けリリカルなメルヘンムード
放ちつつも厳かさを感じさせ、その後は何とプログレメタル的なアンサンブルを見せる
メタルサウンドも登場!
いきなり驚かされるがヴォーカルパートは再びクラシカルで
クサいメルヘン化し
その後はメタリックに疾走!テクニカルなアンサンブルを見せつつ
メロディーは実にキャッチーじゃのう・・・!めくるめく展開もまた強烈で
相当にドラマティックである!2曲目はメロウさ満点のピアノ、女性Voで幕を開け今度は
モダンと言うかインダストリアル的なムードを放つメタルサウンドも登場、疾走こそ
しないもののやはりダークでシリアスなドラマティックさがあるな・・・!中盤は
デジタルリズムチャーチオルガンも顔を出しギタープレイは漂うようなフレーズだ。
後半ではワウを効かせたギターも聴けるぞ。3曲目はどこか勇壮さを感じさせる
ホーン系の音色
で幕を開けるも、その後は穏やかな笛の音がちょいと牧歌的な空気
演出し淡々としているがバンドサウンドはこれまたプログレメタル的である!女性Voは
ソプラノ寄りのファルセット歌唱で歌い上げており、中盤の優雅なクラシカルアレンジ、
ソプラノVo
クサくたまらんなぁ・・・!4曲目はゴシック的な怪しげな空気を醸し出す
イントロ
に続きオルガン、ストリングスにメタルサウンド、クワイアが壮大に盛り上がり
シンフォニックメタル化する!Aメロ以降はメルヘン系の淡々としたムードを放ち怪しくも
落ち着いた展開
になるがサビ付近で再びシンフォニックに盛り上がるぞ!ギターも
ルカ・トゥリッリを彷彿とさせるスウィープを披露!その後はまたメルヘン的なクサさを放ち
ストリングスもまた良いな・・・!後半のシンフォニックパート後はスリリングな
プログレメタルパート
になりギターソロもテクニカルである!5曲目以降はヴォーカル無しの
カラオケヴァージョン
だがアレンジが緻密なんでこのテイクも十分に楽しめるのう・・・!


クサさ満点のメルヘンシンフォニックゴシックプログレメタル要素を
大々的に導入、
ある意味お城系プログレと言えそうなスタイルになっており
ただでさえクサメタラー卒倒モノのクサさがさらに理想の形に進化した!惜しむべきは本作も
また全4曲で残りはヴォーカル無しのカラオケヴァージョンというボリュームの
少なさ
だろうか・・・!このクオリティーだからこそフルアルバムで聴きたくなるわい!
今後も是非ともメタラー好みのこの方向性で攻めて頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 86% お気に入り曲 BAD END -白雪姫-  FALL AWAY -マッチ売りの少女-







"Hollow Mellow -Sweet Greed-"




日本のダークメルヘンクサメロプログレッシヴメタルプロジェクトによる4thミニアルバム。


今も昔も数多い同人クサメロゴシック系の中でもメロディーセンスにかけて特筆すべき
スキル、センスを見せるプロジェクト
による最新ミニアルバムである!ここ最近は
メタリックな要素も強くなっていきプログレメタル然とした面も見せ始めており、
前作から間髪入れずにリリースされた1枚だがクオリティーは依然として高く、
ダーティーな遊園地ムード
を醸し出すシアトリカルな音作りを見せており
プログレメタル然としたバンドサウンド
も健在、さらに今回ゲストミュージシャンも
何人か迎えており
特に目立っているのはMiddleIslandの紫嬢だろう・・・!

1曲目は壮麗かつクラシカルでクサいストリングスに始まるもコケティッシュかつ
シアトリカルゴシックアニソン風女性Voと共にハモンドも登場、怪しげな
遊園地ムード
を醸し出すもメタリックなバンドサウンドも顔を出しクリーンギターの
オブリも印象的だな・・・!
後半はテクニカルなアンサンブルの後にまた怪しくも
コミカルなゴシック遊園地的空気
を放ち疾走するぞ!ヴォーカルも相当にシアトリカルで
表現力、歌唱力の高さ
を見せているな。2曲目はコミカルかつシアトリカルさのある
プログレッシヴなムード
を醸し出す怪しげなスローチューンで、QUEENディズニー
混ぜ合わせつつ退廃的ゴシック風味を塗したかのような空気があるか!?サビは
メタリックなバンドサウンド
も顔を出し疾走するぞ!ギターソロがまた流麗さ
見せておりメロディアスさもあるな。3曲目は穏やかかつ優雅なアコーディオン
気だるい昼下がりムードを演出するも、その後は怪しさを放ち始めミュージカルムード
強烈に発散する中性的な老人風ヴォーカルが登場、淡々としているが途中から唐突に
疾走
し始めるぞ!オーバーダブされたギターソロテンションの高いメロディー
奏でておりタッピングも披露するのう・・・!4曲目はストリングスオーケストラ
幕を開け淡々としたピアノ紫嬢の気だるげなヴォーカルが乗り、マイルドかつ
ヨーロピアンな優雅さを演出するエモーショナルなバラードになるぞ。後半から
バンドサウンドも顔を出しギターソロも泣きを見せているな・・・!


これまで以上にダークなゴシック遊園地ムードを放ちつつプログレッシヴメタル的要素
大々的に押し出しており、ゴサーからプログレッシャー、クサメタラーまで対応可能な
懐の広さを見せておりある意味カオティックな変態風味も感じさせるだろうか!?
DIABLO SWING ORCHESTRAからジャズ風味を取り除いたような印象がありクサメロよりも
シアトリカルプログレ要素を増強しており、メロディーは良いが本作はクサさよりも
ゴシック色濃い変態プログレ要素を求めるリスナー
にオススメな1枚だろうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 全部







"Reincarnation"




日本のダークメルヘンクサメロプログレッシヴメタルプロジェクトによるリメイクアルバム。


新たにヴァイオリニストを迎え3人編成のバンドとして生まれ変わったダークメルヘン
クサプログレゴシックメタルバンド
による過去作リメイクアルバムである!今や廃盤に
なってしまったミニアルバム
の音源をアレンジ、レコーディングし直しており、
どうもここ最近SONATA ARCTICAやらHIBRIAやらと、過去作リレコーディングをよく
やっておりちょっとしたブームになっている感があるが、本作はアルバム1枚を
録り直す
のでは無くちょっとしたベストアルバム的な感じになっており新規リスナーに
とって非常にありがたい1枚
となっているのでは無かろうか!?

そんなわけで本作に収録されている楽曲はどれも過去にリリースされたミニアルバム等に
収録されていた曲
なんで、新鮮味は無いが全曲リアレンジされリレコーディングされており
ファンであればより洗練されタイトさを増した楽曲を楽しめるであろう・・・!やはり
ヴァイオリンが生になっていると言うのは大きく、ストリングスアンサンブルのパートが
説得力を増しておりクサさ、壮麗さが増強されているぞ!


メルヘンファンタジーダークにしたコンセプトとなっており、映画にもなった赤頭巾やら
ディズニーでもお馴染み“塔の上のラプンツェル”等を邪悪にしており、ある意味
アラン・ムーアの“プロメテア”にも通じる要素があるだろうか!?ラプンツェルも
プロメテアに一瞬出てたしな(笑)。
プロメテアはカバラ等西洋魔術に
精通していないと難解なコミック
だったが、本作はバリッバリのクサメタルなんで
バカでもクサメタラーなら存分に理解し楽しむ事が出来る1枚である!(爆)
疾走感がある訳では無いが、プログレメタル的な要素もあるんでテクニカルな部分
しかと備わっておりダークメルヘンという世界観に怯まずプログレメタラーにも
聴いてもらいたい所
じゃわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 全部







"Cinema Fantasia"




日本の女性Voシンフォニックゴシック/プログレッシヴメタルバンドによる2ndアルバム。


猫も杓子も劣化サンホラ、Asriel、六弦アリスフォロワーばっかで飽和状態、
レベルも低く
すっかりつまらなくなって飽きられた感のある同人ゴシック界において
数少ない、聴くに値するクオリティーの高さを持ったプロジェクトである!
これまではミニアルバムリメイクアルバムを出してきたが、本作はここに来て
ようやくリリースされた満を持してのフルレンスアルバムで、部分的にゲストで
ドラムも生
になっており、音楽的にもテクニカルなプログレメタル要素を
内包しつつもとにかくクサくクラシカルな様式美ゴシック風味を放っており、
聴き飽きた世界観ながら存分に楽しめるのう・・・!

1曲目は生ヴァイオリンを交えゴシカルさを放ち軽快に疾走しつつ、プログレ感
醸し出されシアトリカルさ、テクニカルさがあるぞ!2曲目はチェンバロ、
ストリングス、笛の音
がクサさを放ち、牧歌的な面がありつつもヴァレンシアが
ゴシック化した
かのような印象があるか!?3曲目は気だるいムードがある落ち着いた
マイルドな楽曲だが、煌びやかさもあり4曲目はピアノ、ヴァイオリンで幕を開け
これまた穏やかで大人しい印象があるが、チャーチオルガンと共にメタリックな
盛り上がり
も見られ、ヘヴィリフと共にシンフォニックになるぞ!
5曲目はヴァイオリンが優雅に盛り上がり、リズムはプログレらしい複雑な変拍子
6曲目はメタリックなギター、ヴァイオリン、オルガン等がテクニカルに絡み
リフもノリが良い感じでプログレメタル要素が強くなるな・・・!7曲目はピアノ、メロトロン風の
ストリングス
が聴ける穏やかなバラード。Voもエモーショナルに歌い上げているぞ。
8曲目もプログレメタル的なギター、リズムが聴け、どこかオシャレ感があるか!?
9曲目はかなりクラシカルで優雅なヴァイオリンがシンフォニックに盛り上がり、
シアトリカルなドラマティックさが強く押し出されるのう・・・!


同人ゴシックでありながらテクニカルなプログレメタル要素がしかと見られ、
若干音が軽くそこまでゴリゴリにメタリックな訳では無いんだが、展開がかなり
ドラマティックである意味変態的ですらあり、ここ最近ちょくちょく見られる
シアトリカルな変態エモ、スクリーモメタル勢にも通じる面があるだろうか!?
個人的にはもうちょいメタリックさ、ヘヴィさ、アグレッションがあってもいいと思うんだが、
それでも「同人ゴシックはもうHollow Mellowだけでいいや〜」とか
思ってる俺の期待に見事に答えてくれる1枚である!




オフィシャルで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Romantique  Lesson  Asterisk
Seiren  Twilight -暁のヴァンパイア-







もどる


inserted by FC2 system