HUNDREDTH







"Let Go"




アメリカ出身のニュースクールハードコアバンドによる2ndアルバム。


サウスキャロライナから登場した叙情派メタルコアバンドで、THE GHOST INSIDE
SHAI HULUD、MISERY SIGNALS辺りが引き合いに出されて語られているらしく、
音楽的には今風のヘヴィ&デジタルなメタルコアでも無ければ一昔前のメロデス風
メタルコア
でも無く、それ以前の叙情派ニュースクールハードコアの流れを汲んだ、
軽快な中に憂いを含んだ、胸を焦がす哀愁、叙情性を感じさせ疾走しており、
あまりメタリックでは無いが雑でも無くタイトな勢いを見せているな・・・!

1曲目はクリーンギターによるイントロで、2曲目はメタルコアと言うよりも
叙情ニュースクールハードコア的な疾走感を放っており、デスVo未満の吐き捨てに
シンガロングが登場!
3曲目も軽快な中に憂いを秘めた疾走感があり、中盤以降は
ブレイクダウン的な展開も見せるぞ。4曲目は淡々とした中に湿り気を内包したミドルテンポとなり、
5曲目は再び憂いある軽快さを披露!本作初のクリーンVoも登場し、青臭い拙さはあるが
エモさも見られるのう・・・!6曲目はヤケクソ感のある爆走を見せるが途中テンポダウンし、
メロウなギターも聴けるぞ。7曲目は疾走しつつ細かいギタークリーンVo
エモい穏やかさすら演出!8曲目は淡々とした空気を放ち語りが聴ける繋ぎ風の曲で、
9曲目はエモさを撒き散らし途中でスローテンポになり、さらにシンガロングも顔を出すぞ。
10曲目はハードコア色濃い勢いを放つ疾走チューンで、やはり途中ブレイクダウンが挿入され
11曲目は淡々としたムードを放つ退廃的なスロー曲。12曲目もスローで怪しげな
マイルドさ
を醸し出すが途中から疾走、後半はヘヴィさを放ち妙にコミカルな
アウトロ
となるのう・・・!13曲目はクリーンギターエフェクトの強い絶叫が乗り、
淡々とした穏やかなバンドサウンドも聴けるぞ。


ポストハードコアと言ったら今や猫も杓子もヘヴィグルーヴチャラいデジタル要素、
サビで売れ線のポップ&キャッチーさを見せブレイクダウンも入るお決まりのパターン
終始している中、今時珍しくメタルコア以前叙情派ニュースクール系の要素を
大胆に見せてくれるバンド
である!軽い音作りであまりゴリゴリ感、メタリックさが無く
そこがよりハードコアっぽい雰囲気を演出しているだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Weathered Town  Live Today  Humane
Remain & Sustain  Monumental Part II







もどる


inserted by FC2 system