HIGH HOPES







"Self Revival"




イギリス出身のニュースクール/メタルコアバンドによる1stアルバム。


A DAY TO REMEMBERSILVERSTEIN等からBETWEEN THE BURIED AND ME
HATEBREEDと、近代メタルコア、ポストハードコアスクリーモ等の有名所を抱えるレーベル、
Victory Recordsと契約を果たした新人バンドらしく、本作はセルフでリリースされた
デビューアルバム
のようで音楽的には今時珍しく、メタルコア、ポストハードコアと言うよりもむしろ
叙情派ニュースクール・ハードコアと言いたくなるような音作りで、今風のチャラさとは
無縁
ながら胸を掻き毟る、どこか青臭い雰囲気も湛えつつ十分にヘヴィさもあり、
ヴォーカルも半端なクリーンは一切無く、男臭いグロウル一本で実に硬派だな・・・!

1曲目は早速のタフなグロウルに始まりメタルコアと言うよりもニュースクールと
言いたくなるバンドサウンド
で疾走!2曲目はヘヴィさを増しゴリゴリな印象が
強いが、
疾走もしており実にストロングだな・・・!3曲目はヘヴィかつこれまた
叙情ハードコア的で、青臭さのあるギターも聴けるぞ。4曲目はヘヴィグルーヴを重視した
リズムでノリの良さが見られるが、サビは爽快な感じだな。5曲目もヘヴィさが強いながらに
明るいギター、シンガロングが登場、6曲目はピアノがメロウさを放つ繋ぎのインストで、
7曲目はヘヴィながら軽快さのあるアップテンポとなり、8曲目はニュースクール的かつ
「メロコア」では無い、「メロディック・ハードコア」な雰囲気も感じさせるか!?
9曲目はヘヴィなノリの良さが見られつつやはり無骨で、10曲目もヘヴィだしVoも
グロウルなんだが、曲自体はまるでメロコアのような青臭い疾走感を放つぞ!
11曲目は凶悪極まり無いブレイクダウンに始まりベースも邪悪に唸り、ダーティーな
疾走感
を放つエクストリームメタル色濃い曲である!


チャラいポストハードコアばかりのイマドキのエクストリームメタルシーンにあって珍しい位に
前時代的な叙情ニュースクールっぷりで、部分的にメロコアっぽい軽快さ、
明るい青臭さ
も見られつつ基本はゴリゴリにヘヴィな音作りで硬派さ、無骨さ
存分に発散しておる!この手のバンドは今もかろうじて生き残っており、意外と
スカスカだったりラフで頼り無い感じだったりするケースが多いんだが、彼等は
近代メタルコア的なヘヴィさ、タイトさも見られ好印象だな。最近のメタルコアが
叙情性を捨て去りチャラチャラし始めちまったのを嘆く、硬派なハードコア者に
オススメしたい無骨バンド
だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 79% お気に入り曲 Seize the Chance  Seeking Truth
Young At Heart







"Sights & Sounds"




イギリス出身のニュースクール/メタルコアバンドによる2ndアルバム。


チャラさが正義な風潮のある近代メタルコア、ポストハードコアシーンにおいて
異例の前時代的叙情ニュースクールサウンドを展開する、音も思想も骨太な
ストロングスタイルの若手バンド
による通産2作目である!上記の1stで記した通り、
Victory Recordsと契約してリリースされたアルバムで、音楽的には
前作の流れを汲んだストロングさ、ヘヴィさのあるニュースクール系なんだが、
よりメロコア、パンクに接近した印象があり、疾走曲一つとってもメタルコア
言うよりはヘヴィでグロウルの入ったメロコアと言えそうな感じになってるな・・・!

1曲目はポストロック風の穏やかなイントロで、2曲目は無骨なニュースクールながら
ミドルテンポでパンク的な跳ねるリズムが見られ、3曲目は疾走感がありメロコアに近い
印象
もあるな・・・!4曲目もパンキッシュだが、無骨なヘヴィさも見られつつ珍しく
クリーンVoも一瞬顔を出すぞ。5曲目はニュースクール、メロコアに近いヘヴィな疾走曲で、
6曲目はポストロック的な穏やかさ漂う繋ぎのインスト。7曲目はこれまたメロコア
近い印象があるもヘヴィなミドルテンポとなり、ハードコア的なタフさも見られるのう・・・!
8曲目もまたメロコア然とした軽快な疾走チューンで、9曲目も疾走しているが
ギターフレーズには穏やかさが見られ、ゲストシンガーによるクリーンVoも目立っているな。
10曲目はトレモロリフにピアノが聴ける、激情ハードコアタイプの退廃的なスロー曲だ。


前作で見られたヘヴィさ、タフさはキープしているが、全体的な雰囲気がメロコア
接近しており、無骨でストロングな硬派さは減退しちまっただろうか!?
まぁ勿論ヘヴィさはあるし、ヴォーカルもほぼグロウルなんだが、それでも
明るく軽快で青臭いメロディックハードコア風味が強くなっており、賛否分かれる
仕上がりになったかも知れんな・・・!個人的には胸を焦がす哀愁、情緒の強い
ニュースクール寄りのほうが好み
なんだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Revelation  MLK







もどる


inserted by FC2 system