HIDE BOUND







"The Curse Redemption"




日本のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


神奈川出身のバンドで、キャリアのあるメンバーが集まっているようで
国産バンドながらオフィシャルサイトが全て英語で表記されており、
ワールドワイドな活動を視野に入れているようだ・・・!音楽的には
昔ながらの北欧叙情慟哭タイプのメロディックデスを基本としつつも、
同時にデスラッシュ的なアグレッション、突進力があり今風な面も見られ
決してナヨくは無いストロングさがあり好印象である!Voはひっくり返り気味の
吐き捨てグロウルで、やや一本調子な部分はあるがテンション高めである。

1曲目はオーケストレーションによるシンフォニックなイントロで、
続く2曲目は細かいリフワークと共に疾走感を放つメロデスとなり、
壮大さを感じさせる叙情フレーズも登場!ギターソロはかなり泣きまくり
良いな・・・!3曲目も叙情ギター主体の疾走メロデスで、Voは低めの
ガテラル寄りグロウル
も一瞬披露し、4曲目もやはり叙情慟哭スタイルの
メロデス
となり、疾走しつつ正統派っぽいストロングな印象もあるか!?
5曲目はクリーンギターも交え怪しい空気を醸し出す退廃路線のミドル曲。
途中テンポアップし、リードギターエモーショナルに泣いているぞ!
6曲目は禍々しいトレモロ、ブラストで爆走し、ブラックメタル的な邪悪さも見せ付けつつ
やはりストロングに疾走するアグレッシヴなメロデスとなるのう・・・!
7曲目は叙情ハモリギターが聴けつつどこか倦怠的な退廃ムードも見られ、
ミドル〜アップテンポで展開するぞ。8曲目は細かいギターと共に勢い良く爆走する
突進力高めのメロディックデスラッシュだ!生々しい地声寄りグロウル
カッコ良く、完全メロディー重視泣きのギターも聴けるぞ。9曲目はメロデスらしい
王道の叙情ハモリギターと共に疾走しており、アコギ泣きのギターソロも顔を出し
後半はニュースクール風の叙情性も感じられるだろうか!?10曲目は正統派にも近い
ストロングなリフが聴ける無骨なアップテンポだが、サビで唐突に今風メタルコア、
エモ風
微妙なクリーンVoが登場、これは正直不要だな・・・!


初期のIN FLAMESDARK TRANQUILITY等を髣髴とさせる、北欧スタイルの
メロディックデスを基本としつつも、上記したよう今風なストロングさ、
デスラッシュ的なテンションの高い疾走感
を放っており、メロデスの
ある意味欠点である軟弱さ、ナヨさが見られないのが好印象である!
時折THOUSAND EYESを思わせるクサい叙情慟哭メロディーも顔を出し、
この辺はやはり日本のバンドらしい優れたメロディー構築センス
大きな美点、武器であると言えよう!プロダクション面ではドラムに
やや甘さが残っている
ものの、演奏はしっかりしており特に泣きのギターに
非凡なセンスを感じさせるな・・・!
今後もこの路線をキープしつつ
クオリティーアップを期待したい所である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 Teratogenesis  POSTAL  FATALITY
Orbital   elder "HALO"  The Last Hope







もどる


inserted by FC2 system