HEY-SMITH







"14 -Fourteen-"




日本のメロコア/スカコアバンドによる1stアルバム。


ツインヴォーカルに加えテナーサックストランペットを正式メンバーに据えたバンドで、
音楽的にはクリアなキーの高さを見せるツインVoエモ寄りのキャッチーさを醸し出しつつ
疾走する王道寄りのメロコアなんだが、そこにホーン系の音色が乗る事でスカコアの要素を
強烈に醸し出しているのう・・・!


1曲目はメロコアスタイルの疾走感を放ち、ヴォーカルはクリーンな声質でなかなかに
エモい印象を放っているが、
そこにホーンが乗りスカコアムードを漂わせているのう・・・!
2曲目も比較的ストレートなメロコアチューンなんだが、やはりホーンが顔を出し
そこだけはスカな雰囲気が漂っているな。3曲目は意外とハードロック寄りのワイルドな
ギターリフ
が聴けシャウト風のシンガロングも登場、結構硬派なノリがあるんだがやはり
軽快なホーンが顔を出し能天気な感じになってしまうなぁ・・・!4曲目もハードロックに
近いギターリフ
が聴けるノリの良いホーン入りアップテンポ〜疾走メロコアチューンである。
5曲目もホーンが無駄にハッピーなノリを放つポジティヴなメロコアで、6曲目もリフが
ハードロック系で疾走しており良いんだが、ホーンがどうにも明るくて余計じゃのう・・・!(爆)
7曲目は音の外れたホーンが何とも間抜けなコミカルさを放つインストで、8曲目はギターがなかなかに
タイトなアップテンポのメロコアチューンになり、軽快な疾走感も見られるがホーン等が
これまた相当に間抜けでダサく、意図的にそうしているような印象すらあるなぁ・・・!
9曲目も疾走感あるバンドサウンド勢いの良さを放っており好印象なだけに
どうにもホーンが邪魔で仕方無いわい!(爆)10曲目はハードコア寄りの勢いを放ちつつホーンも
目立った短いファストチューン
で、11曲目も疾走しまくっており実に勢いのあるメロコアなんだが
やはりホーンがどうにもカッコ悪いなぁ・・・!12曲目もメロコアらしさ満点の軽快な曲調で、
中盤はいかにもスカコアらしい裏打ちのノリになるぞ。13曲目はこれまたホーンやバンドサウンド、
ヴォーカル
知能指数の低さを醸し出す能天気系おバカスカメロコアで、
14曲目はホーンが目立ちつつどこかレゲエっぽいタルさが見られるスローチューンだ。
中盤以降はギターリフが顔を出しアップテンポのメロコアになるぞ。


ホーンが入っているのでスカコアなのだが、だからと言ってスカ特有の軽快な裏打ちリズム
使われておらず、あくまでもノーマルなメロコアにホーンセクションを導入していると
捉えた方がいいだろうな・・・!
そうなってくると正直ホーンの存在意義が怪しい感じに
なってくるし、
個人的にもスカはあんま好きじゃないんで普通にメロコアしてくれたほうが
いいと思うんだがいかがだろうか!?





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 68% お気に入り曲 Drug Free Japan  Live in a Dive







もどる


inserted by FC2 system