HEROES OF FORGOTTEN KINGDOMS







"Dragonslayer"




イタリア出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


LABYRINTH、VISION DIVINE等でプレイしていたシンセ奏者Andrea de Paoliが
プロデュースし、キーボードもプレイしている新人バンドによるデビュー作で、
現RHAPSODY OF FIREのシンガー、Giacomo Voliもゲスト参加しているようだ。
音楽的には生のヴァイオリンを取り入れた、いかにもイタリアンメタルな
B級感漂うメロスピ、クサメタル
となっており、スカスカで軽い音質、
不安定で弱めなハイトーンVo
マニア向けの領域に本作を留めてしまっており
折角の生ヴァイオリンもやや空回り気味だろうか!?

1曲目はこの手のバンドによくある、大仰なナレーションがおよそ7分も続くという
最低のイントロで(爆)、2曲目はいかにもB級イタリアンメタルらしい
疾走チューンとなり、ヴァイオリンファンタジー感を演出しており途中で
ヘナチョコなグロウルもどきも登場、3曲目もヴァイオリン入りで民謡風の
ムード
を醸し出し、サビは分厚いコーラスが聴け4曲目はジャーマン的かつ
民謡風のクサさを持ったリードギターと共に疾走、サビも分厚いコーラス
フォーク、トラッド風のクサさを見せているぞ。5曲目は民謡ヴァイオリンに
オルガンも聴ける軽快なアップテンポだな。6曲目はキラキラシンセ
気だるい女性Voが登場、7曲目はアコギ、ヴァイオリン、ヘナチョコVoによる
説得力の薄いバラード。8曲目はヴァイオリン、微妙なVoが引っ張るやや地味な
ミドル曲。
9曲目も最初は地味だが、途中からベースが唸り疾走しギターソロになるぞ。
10曲目は細かくも勇壮なギター、ヴァイオリンが聴け疾走、民謡的な空気
感じられるイタリアンメロスピだな・・・!


スカスカなプロダクション、不安定な軟弱VoといかにもなB級イタリアン
クサメタル
な仕上がりで、生ヴァイオリンもあまりそのポテンシャルを
生かし切れてはいないんだが、曲はなかなかに悪く無く、所々で民謡的な
クサいフレーズ
を交え疾走しており、2000年代前半にこの手の
B級クサメタルを漁ったマニア
なら楽しめる1枚だろうな。アルバム後半でやや失速し
微妙な曲がチラホラ見られるのが惜しい部分だろう。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 The Last Knight  The Ancient will of the Prophecy
Dragonslayer







もどる


inserted by FC2 system