HER NAME IN BLOOD







"BAKEMONO"




日本のメロディックデス/メタルコアバンドによる3rdアルバム。


近年凄まじい勢いを見せ、世界水準のバンドが次々に登場している
国産エクストリームメタルシーンの新たなる超実力派バンドである!
最初期はデスコアだったようだが次第にメタルコア路線
向き始めたようで、海外バンドが悉く脱メロデスグルーヴィーで
チャラい
ポストハードコア化するのを尻目に、メロディックデス要素を
しかと残した叙情性
をキープしているのが国産メタルコアの美点なんだが、
彼等HER NAME IN BLOODもそういったメロデス要素を押し出したメタルコアを
プレイしており、若干プロダクションは軽いが演奏はタイトな纏まりを見せ、
Voはグロウル、クリーンのみならず男臭さ満点のダミ声Voも多用し、
結構グルーヴメタル的な要素もあるんだがチャラさは微塵も無い!
とにかくタフでパワフルでストロングな漢メタルコアを追求しておる!

1曲目は早速のストロングさが見られつつメロデス的ハモリギター
男臭さ漂うダミ声Voが登場、結構グルーヴィーだが2曲目は疾走しており、
メロデス要素の残ったメタルコア感があるな。サビはクリーンVoとなり
後半はクリーンギター、シンガロング入りのブレイクダウンである。
3曲目も実に男臭いながらメタルコア黎明期のような雰囲気があり、
クリーンVoもそんな感じだな。4曲目は細かいギターが聴けつつ軽快な
ノリの良さ
があり、一昔前のメタルコア的なクリーンVoも顔を出すぞ。
5曲目は野蛮な男臭さ漂うグルーヴィーなスロー曲で、6曲目は怪しげな雰囲気を
放ちつつテンションの高い疾走感を放っており、7曲目は淡々とした印象があり
ダミ声VoクリーンVoも聴けるぞ。8曲目はユルめのSEからヘヴィでストロングな
疾走感
を放ちブラストも登場!エキゾチックなギターも目立っており、9曲目は意外と正統派
近い音作りで疾走感を放ちつつ男臭いクリーンVoも登場、10曲目はシンガロングに始まり
男臭く疾走し、リフも無骨さが目立っているな・・・!11曲目はダミ声Voが目立った
ミドル、スロー曲だが、サビは意外とメロコア的な印象があるか!?12曲目も淡々とした曲調で、
ドラムの軽さがやけに目立ってしまっているな・・・!13曲目は野性味漂う無骨な
グルーヴ
が漂うも、クリーンVoはキャッチーさがあるぞ。14曲目は4曲目のリミックスで、
EDM化しておりこういうチャラい路線は不要じゃ!


メロディックデス要素入りのメタルコアで、いい意味で今風では無い
メタルコア黎明期のようなサウンド
を出しており、キャッチーではあるが
決してチャラくは無い、男臭さ満点の硬派さ、ストロングさが魅力だろう!
だがそこまで叙情メロデス的な泣き、哀愁、メロウさがあるわけでは無く、
ましてやクサさというものは微塵も無いので、そういうのをメタルに求める
ナード、ギーク系メタラーはお呼びじゃないというのが本作だな。
さながら北斗の拳や男塾のようなメタルである!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Redemption  LAST DAY
BAKEMONO  Psychopath  Home







もどる


inserted by FC2 system