HER NAME IN BLOOD







"BAKEMONO"




日本のメロディックデス/メタルコアバンドによる3rdアルバム。


近年凄まじい勢いを見せ、世界水準のバンドが次々に登場している
国産エクストリームメタルシーンの新たなる超実力派バンドである!
最初期はデスコアだったようだが次第にメタルコア路線
向き始めたようで、海外バンドが悉く脱メロデスグルーヴィーで
チャラい
ポストハードコア化するのを尻目に、メロディックデス要素を
しかと残した叙情性
をキープしているのが国産メタルコアの美点なんだが、
彼等HER NAME IN BLOODもそういったメロデス要素を押し出したメタルコアを
プレイしており、若干プロダクションは軽いが演奏はタイトな纏まりを見せ、
Voはグロウル、クリーンのみならず男臭さ満点のダミ声Voも多用し、
結構グルーヴメタル的な要素もあるんだがチャラさは微塵も無い!
とにかくタフでパワフルでストロングな漢メタルコアを追求しておる!

1曲目は早速のストロングさが見られつつメロデス的ハモリギター
男臭さ漂うダミ声Voが登場、結構グルーヴィーだが2曲目は疾走しており、
メロデス要素の残ったメタルコア感があるな。サビはクリーンVoとなり
後半はクリーンギター、シンガロング入りのブレイクダウンである。
3曲目も実に男臭いながらメタルコア黎明期のような雰囲気があり、
クリーンVoもそんな感じだな。4曲目は細かいギターが聴けつつ軽快な
ノリの良さ
があり、一昔前のメタルコア的なクリーンVoも顔を出すぞ。
5曲目は野蛮な男臭さ漂うグルーヴィーなスロー曲で、6曲目は怪しげな雰囲気を
放ちつつテンションの高い疾走感を放っており、7曲目は淡々とした印象があり
ダミ声VoクリーンVoも聴けるぞ。8曲目はユルめのSEからヘヴィでストロングな
疾走感
を放ちブラストも登場!エキゾチックなギターも目立っており、9曲目は意外と正統派
近い音作りで疾走感を放ちつつ男臭いクリーンVoも登場、10曲目はシンガロングに始まり
男臭く疾走し、リフも無骨さが目立っているな・・・!11曲目はダミ声Voが目立った
ミドル、スロー曲だが、サビは意外とメロコア的な印象があるか!?12曲目も淡々とした曲調で、
ドラムの軽さがやけに目立ってしまっているな・・・!13曲目は野性味漂う無骨な
グルーヴ
が漂うも、クリーンVoはキャッチーさがあるぞ。14曲目は4曲目のリミックスで、
EDM化しておりこういうチャラい路線は不要じゃ!


メロディックデス要素入りのメタルコアで、いい意味で今風では無い
メタルコア黎明期のようなサウンド
を出しており、キャッチーではあるが
決してチャラくは無い、男臭さ満点の硬派さ、ストロングさが魅力だろう!
だがそこまで叙情メロデス的な泣き、哀愁、メロウさがあるわけでは無く、
ましてやクサさというものは微塵も無いので、そういうのをメタルに求める
ナード、ギーク系メタラーはお呼びじゃないというのが本作だな。
さながら北斗の拳や男塾のようなメタルである!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Redemption  LAST DAY
BAKEMONO  Psychopath  Home







"Power"




日本のメロディックメタルコアバンドによる4thアルバム。


国産メタルコア勢が少しずつではあるが、アメリカのチャラいバンドに
毒されつつある傾向
が見られる昨今において、KILLSWITCH ENGAGEライクな
渋さ、硬派さをしかと残す実力派バンド
である!前ドラマーがクスリでパクられ
活動休止に追い込まれるも、
バンド自体に罪は無くメンバー交代で見事復帰し
無事リリース
されたのが通産4作目の本作である!フロントマンであるIkepy氏の
プロレスラー並のマッチョ振りを前面に押し出したコンセプトのようで、事前に
公開され話題を呼んだMV
を見るにややユーモア路線になった印象があるが、
音楽的にはメタルコアでありながら今風のチャラさが一切見られない、硬派でパワフルで
渋くもかなり正統派HM/HRに近い印象があり、KILLSWITCH ENGAGEの
DNAを受け継ぐ国産バンド
と言いたくなる頼もしさがあるな・・・!

1曲目はMVで公開され話題になったタイトルチューンで、早速のストロングな
硬派さ
を放つ正統派っぽい昔ながらのメロディックメタルコアで、ダミ声や
クリーンメインのVoも渋く、2曲目はパワフルな疾走感を見せつつこれまたストロングな
ミドルパート
も目立ち、サビはキャッチーだが決してチャラく無い、昔ながらのメタルコアを
受け継ぐ感じ
で好印象だな・・・!3曲目はアリーナロック、アメリカンHMに接近した
キャッチーさが見られるミドルテンポで、一部疾走しグロウルでは無いダミ声Voが新鮮だな。
4曲目は正統派っぽいリフで勢い良く疾走し、サビは昔のメタルコアを思わせる
無愛想な感じでチャラさ皆無なのが良いな!5曲目はSLAYERのような禍々しい
疾走感
を放つスラッシュメタル寄りで、ギターソロはバッハの“トッカータとフーガ”
フレーズが一瞬聴けるぞ。6曲目はかなりアメリカンHMなノリで、アリーナロック的
シンガロング
も聴け、途中でこれまたスラッシーに爆走するぞ。7曲目はパワーバラード路線
メロウな曲で、正しくHM/HRバラードしている印象があるな。8曲目はストロングなリフ
共に疾走しオーソドックスなメタルコアに接近しており、サビも昔ながらの王道な
メタルコア
である!9曲目はストロングかつグルーヴィーなノリのメタルコアで、
シンガロングが目立っており10曲目は再び疾走感、ノリの良さを見せるメタルコアで、
パンク、メロコア風のコーラスワークが印象的だな。11曲目はかなりマイルドで
穏やか
なミドル曲で、ポップス路線のバラードに近い感じのサビは好みじゃないが(爆)、
それでもチャラさが抑えられている辺りは流石だろうか・・・!


基本的には前作の流れを汲んだメタルコアだが、より正統派HM/HRに接近しており
曲によってはアリーナロック的なキャッチーさすら見られるようになっているんだが、
イマドキ系のチャラさ、短小軽薄さが微塵も無く、KILLSWITCH ENGAGEの硬派さ、渋さを
しかと受け継いでおり実に頼もしい!個人的にグロウルよりもクリーンに魅力を感じていた
Voもダミ声やクリーンを多用し、他バンドと異なる個性を発散しており好印象だな。
クサいメロディックデスを期待してはいけないが、KILLSWITCH ENGAGEタイプの
ストロングなメタルコア
を今に受け継ぐ、海外では絶滅寸前の貴重なバンドだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Power  Dark  Savior  Mask  Calling







もどる


inserted by FC2 system