グリーヴァ







"鬼ト影"




日本のDir en greyトリビュートバンドによる1stアルバム。


ヴィジュアル系界隈においてDIR EN GREYオマージュはそれこそ星の数程いるが、
彼等グリーヴァはそんな中でも頭一つも二つも抜きん出てパクりまくっている事で
一目置かれているバンドである!曰く「ガゼットを終わらせたバンド」
「DIR EN GREYトリビュートバンド」「最強のカヴァーバンド」
等など!
だが最近のDIR EN GREYは脱V系してエクストリームメタルとしても上質
なってしまい、最早手の届かない、安易にマネ出来ないバンドとして孤高の
存在になり
それを歯がゆく思うヴィジュアル系ファン、バンギャも多かろう・・・!
そんなリスナーの溜飲を下げるかのように、彼等グリーヴァはあえて初期の頃・・・
まだ小文字表記だった「Dir en grey」をまんまパロディーにしているバンドなのだ!

1曲目はメタリックな“GAUZE -mode of adam-”と言えそうなイントロで、2曲目はスローパートを
交えつつも“Schweinの椅子”みたいなアグレッシヴな曲となり、3曲目は“ゆらめき”
カヴァーで(爆)、4曲目は“raison detre”のメロで疾走!5曲目は“mazohyst of decadence”
歌謡曲要素を足したような怪しげな曲となり、6曲目は“Unknown... Despair... a Lost”
まんま拝借しつつサビは“Cage”だ!7曲目もまた見事に“Filth”で、8曲目は“霧と繭”、“秒「」深”な感じで
9曲目は“MACABRE”に収録されていてもおかしくない、様々な曲からパクリ要素を繋ぎ合わせた様なミドル曲。
10曲目もよくある軽快なカッティングが印象的な“Berry”っぽい疾走曲だ。語りもまたイモ臭いなぁ・・・!
11曲目は“残-ZAN-”な印象の強いファストチューンとなり、12曲目は“アクロの丘”なバラードである。
13曲目はアウトロで、後半は“脈”の冒頭みたいだ(笑)。


演奏、プロダクション、音作り、ヴォーカルの声質等かなり初期Dirをコピーしており、
オリジナルのバンド
としてはクズとしか言えん姿勢なんだが(爆)、パロディーバンド、
トリビュートバンド
としては正しい姿勢を見せておる!本作収録曲でパクりを
していない曲は一つも無い!
全ての曲がDir en greyのパクリなのだ!(笑)
ジャケルックス曲名歌詞も全てが痛くこっ恥ずかしい、
いい年した大人のやる事とは思えぬダサさ
もまたギャグとしてアリだな(笑)。
コミックバンド
と同じで真面目に捉えてはいけないネタバンドである!
ただギターソロだけは今のDIRですらやらない(出来ない?)
速弾きフレーズ
を随所で放り込んでおり、ギタリストだけはパクリに
乗り気じゃない
のだろうか!?(笑)




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 純粋に音楽としては10%だが、カヴァーバンドとしては74%
お気に入り曲 孤独人形症候群  中絶  刑法第39条第1項「心神喪失者ノ行為ハ之ヲ罰セス」







"終焉"




日本のDir en greyパロディーバンドによる1stアルバム。


初期の頃のDir en greyの楽曲からパクったフレーズのみで曲を構築している事で
ヴィジュアル系シーンを震撼させた、新世代パクリッシュバンドのブライテストホープによる
待望の2作目である!前作は全曲“GAUZE”や“MACABRE”からのパクり曲のみで構成され
完全にガゼットの立場が無くなってしまい、
マジメなリスナーからの顰蹙を買いつつも
ネタにされていた・・・!1st以降にリリースされたミニアルバム見事なまでに
Dirパクリ、パロディー
だったようでファンの期待を裏切らなかったらしいが、
果たして本作はどんなパクリを見せてくれるのだろうか!?

1曲目はマイルドなミドルテンポから後半で疾走、2曲目も90年代V系丸出しな
聞き覚えのある曲調
で、3曲目はピアノを交えたメロウな感じとなり
4曲目は“霧と繭”っぽさが滲み出る疾走チューンだ!5曲目は珍しくヘヴィな
印象もあるが、
やってる事はやはり90年代V系である。6曲目はエフェクト強めだが
他の曲と大差無い、よくある90年代V系だな・・・!7曲目は恥ずかしい語りによる繋ぎで、
8曲目はショボい同人ゴシック風味を漂わせる遊園地風フレーズが登場、9曲目は軽めの
ギター
が聴ける昔のガゼットっぽい感じで、10曲目は今風では無いヘヴィさが見られるが
基本的にはやはり昔のV系で、全てのパートが聴き覚えあるなぁ(笑)。11曲目は軽めの
カッティング
に始まる90年代V系丸出しチューン。12曲目はSEの繋ぎで、
13曲目はエモーション皆無ながらギターがバッハのフーガのフレーズを奏でており、
14曲目もまぁ90年代V系としか言えない感じで、15曲目はノイジーな繋ぎのSE
16曲目は明るめの印象があるバラード寄りの曲だ。


音楽的には前作同様の90年代V系丸出しな感じだが、流石にDir en greyのコピーは
やり尽くした
のか似たような雰囲気こそあれど、フレーズやコード進行、曲展開を
丸々パクったようなネタ曲が減退しており、そこがブレちまった感じだろうか・・・!
メンバーもパクリを堂々と公言しており、それが自分達の武器だとでも言わんばかり
だったんだがねぇ・・・!まぁそれでも全曲どこかで聴いた事あるようなフレーズ、
展開
が見られる辺りは流石としか言えんのだが(笑)。全体的に似たような
曲ばかり
で曲数もSE入りで多く、ダレを覚えるのは否めないなぁ・・・!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 72% お気に入り曲 罪-tsumi-







もどる


inserted by FC2 system