GYZE







"Fascinating Violence"




日本のメロディックデスメタルバンドによる1stアルバム。


前身バンドの頃を含めて2枚程EPをリリースした経歴のある実力派の若手バンドである!
ライヴも以前お目にかかったが非常にハイレベルなパフォーマンス、クオリティーの
高い楽曲
を披露しており本作のリリースが待ち遠しかったわい!そんな本作は彼らの
初のフルレンスアルバムで、その音楽性は非メタルコアな、ストレートなメロデス
なっているが特筆すべきはギターフレーズで、VOLCANO・・・屍忌蛇氏の影響を感じさせる
泣きまくり慟哭しまくりのツボを突いたフレーズ
をこれでもかという程連発しておる!

1曲目は早速のドラマティックでメランコリックなギターフレーズが登場し疾走!
シャウト系のデスVoのバックで聴けるギターのオブリがまた良く、ソロパートは
相当にVOLCANOライクツボ突きまくりの美メロを堪能出来るぞ!速弾きと共に
疾走するパートも実に熱い!
2曲目はへヴィさのある無機質なリフ、リズム
顔を出しシンセに加え弱めだがクリーンVoも登場、それも一部だけでは無く
なかなかに目立っておるのう・・・!
ギターソロはスウィープを披露するぞ!
3曲目はストリングス系の音色が聴けその後はブラストで疾走!メロディーがまた
メランコリックさ満点でたまらんなぁ・・・!叙情的なピアノ呟き系のVoも
顔を出し
その後は疾走するぞ!デスVoのバックのギターがまた相当にクサいのう・・・!
ギターソロはテクニカルなシュレッド、シーケンスフレーズだがそんな中にも
しかとした歌心
があり、技巧しか脳の無い3流速弾きギタリストとの大きな差を
見せ付けてくれるわい!
4曲目はモダンさのあるイマドキっぽいリフを披露、クリーンVo
顔を出しバックのギターはやはりクサさ満点だがクリーンVoのメロディーもまたクサい!
いい意味でヴィジュアル系っぽいキャッチーさ
がありこの辺は出自を感じさせるか!?
ギターソロもやはり良いのう・・・!
5曲目もストロングな勢いを見せ疾走するが、その後の
ギターフレーズは慟哭しまくり
パワフルさと泣きの双方を交互に見せ付けておる!
中盤はシンセ等ちょいインダストリアル風味もあるがギターソロはエモーショナルさ満点だ!
6曲目は叙情リフに始まりこれまたパワフルなへヴィさを放ちイマドキっぽさを見せ
キャッチーなクリーンVoも聴けるぞ!
ギターソロは怪しげなメロディーを奏でており
流麗かつメロウさが漂っておるな・・・!
7曲目は妙にポジティヴさのあるギターで
幕を開け
その後はシャウトと共に勢い良く疾走!デスVoはどこかV系っぽいが
やはりバックのギターがメロディアスさ満点
ソロも当然良く、全体的にキャッチーな
印象があるのう・・・!
8曲目は相当なアグレッシヴさを放ちパワフルに爆走!猪突猛進な勢いを
感じさせモダンなノリもあるがそれでもギターはドラマティックな事この上無い!
泣きまくりの叙情フレーズ
も顔を出し実にエモーショナルじゃのう・・・!中盤はメロデスながら
珍しいビートダウン風のパートになるが、その後のギターソロがまた凄まじいまでの慟哭
見せておりメロディーもたまらん位にクサい!9曲目は哀愁バリバリのストリングスシンセ
幕を開けドラマティックさ満点のリフと共に疾走!リードギターが相当にクサく頭一つ抜きん出た
激情の慟哭クサメロ
を披露しておる!歌謡曲韓流ドラマアベンジャーズするかのような
壮絶なフレージングアッセンブル!!ギターソロもまさに壮絶の一語で、途中一瞬
GALNERYUSがやったような冬ソナフレーズまで登場!メロスピメロデス
シビル・ウォーしたら俺メロデス側につくよ!と言いたくなる程にクサ過ぎる、
スカーレット・ウィッチの現実改変能力並に強烈な最強キラーチューンである
ハウス・オブ・M(意味不明)10曲目もまた勢い良く疾走するストロングかつ慟哭しまくりの
メロデスチューン
ギターフレーズがまたヤバい!中盤でキラキラしたシンセも顔を出すぞ!
11曲目はメロウなムードを醸し出すシンセストリングス、ピアノデジタルサウンド
顔を出しどこかインダストリアルな空気も醸し出すアウトロだ。


VOLCANOの影響下にあるメロディックデスと言う事で、全体的にSERPENT・・・
VEILED IN SCARLETに近い部分が目立っているが、
こっちのほうがモダンさがあり
クリーンVo
が顔を出したりと相違点もしかとあるな。とにかくギターフレーズが
終止ツボ突きまくり
で、テクニカルさもあるがそれ以上にメロディーが素晴らしい!
ついでに言うとコストパフォーマンスも最高である(爆)。VEILED IN SCARLET、
THOUSAND EYESに強力なライバルが現れたと言えよう!

全曲キラーだけど9曲目究極だな(ダジャレ)。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 92% お気に入り曲 全部。特に“Day Of The Funeral”







"BLACK BRIDE"




日本のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


全宇宙に存在するクサメタラー達が今最も注目している脅威のメロデスバンドである!
前作は何故か海外からのリリースが先行していたが、その恐るべきクオリティーの高さ
あっという間に知名度を上げた超実力派による待望の2作目のフルレンスアルバムだ!
音楽的には当然ながら前作の流れを汲んだ、あまりにもクサ過ぎる慟哭ギターが乱舞する
激クサメロデス
となっておりクサメタラーにはたまらん1枚となっておる!

1曲目から早速の泣きまくりクサ過ぎギターが炸裂!全編に渡ってクサいギターが激しく
自己主張
しまくっており、サビもまたメランコリックギターソロも良いな・・・!
2曲目は出だしから疾走しシンセも交えたピロピロギターが炸裂!やはりギターフレーズが
SERPENT、VEILED IN SCARLET直系だな。
3曲目もまた叙情ギターと共に疾走しておりサビは
DISARMONIA MUNDIのエットレによるクリーンVo
で、何故か日本語で歌っておる!4曲目はピアノ等で幕を開け
ピロピロギターと共にこれまた疾走!本作の中ではアグレッシヴな楽曲で、ギターソロがまた
相当にクサいフレーズ
を披露しておりたまらんわい!5曲目はまるでGALNERYUSのようなギターに始まり
メロパワのような疾走感を放つ、GALNERYUSをデスVoで歌っているかのような楽曲である!(爆)
6曲目はミドルテンポ寄り今風なシンセも登場、本作としては落ち着いた曲だが勿論クサく、
7曲目はこれまたメロデスと言うよりもメロパワにデスVoを乗っけたような疾走チューンで、
ギターフレーズがまた只事では無いクサさを放っておる!8曲目はブラストも飛び出しメロデスらしい
ダークなアグレッション
を披露!勿論クサいギターも目立っており、9曲目はこれまたGALNERYUSのような
強烈なクサさを放つギター
と共に疾走!本作の中でも特にクサく、日本人でしかこういう曲は出来ないだろうな・・・!
10曲目はピアノが物悲しさを放ち、その後はアグレッシヴな疾走チューンとなり本作の中では
アグレッシヴ寄りの楽曲だが、やはりギターがクサく泣いておるわい!11曲目はアコギ
かなりのメランコリックさを演出する叙情インストで、12曲目はメロパワに近い叙情ギターが聴け
メロウな中にどこかポジティヴな印象もあるキャッチーなメロデスとなるぞ。
途中スパニッシュ風のアコギパートになる部分も面白いのう・・・!


前作以上にクサいギターが前面に渡ってフィーチャーされており、リフよりも泣きのギターが
主導権を握っている
と言う点ではかつてのSERPENT、VEILED IN SCARLETにかなり接近しており
クサメタラーにはたまらん仕上がりとなってはいるんだが、その分音が軽くなった印象があり
モダンな空気も消滅、ヘヴィさとアグレッションを求めるエクストリームメタラーからして見たら
物足り無く感じられるかも知れんな・・・!ヘヴィさ、モダンさとクサさ、泣きの融合がある意味
持ち味だったんだが本作はクサさに特化した印象があるだろうか!?先人バンドのフレーズ拝借も
散見されるが
これはご愛嬌だな(笑)。やっぱ個人的にはこの軽さが不満なんだが、
クサさこそ全てというクサメタラーには至上の名盤だろう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"Northern Hell Song"




日本のメロディックデスメタルバンドによる3rdアルバム。


新世代のクサ神が早くも帰って来た!アルバムデビューの時点で既に
全クサメタラーが熱い眼差しを注ぐ、北海が生んだ日本が誇る新たな
クサヒーロー
による待望の3作目である!海外ツアーも大分経験し、
前座とは言えLOUD PARKにも参戦したりと、かなりのステップアップ
果たしての本作、歌謡曲的な大仰な泣き、クサさはそのままに弱点だった
プロダクション等より向上しており、グロウルもアグレッションを増し
唯一の不満点だった貧弱なクリーンVoも本作ではほぼ消滅しており、
若手らしい荒削りさ、弱点が無くなり良い部分のみがクローズアップされておる!

1曲目はCHILDREN OF BODOMの“Needled 24/7”っぽいギターと共にクサく疾走!
シンガロング
が盛り上がりつつ歌謡曲的な泣きのギターも目立っており、2曲目はメロスピ
接近したような煌びやかな疾走感があり、キラキラシンセも顔を出すぞ。3曲目もシンセが
北欧的な煌びやかさを放つ、落ち着きのあるメロデスバラードと言えそうなミドル曲で
4曲目はこれまたメロパワ、メロスピ的なクサいギターが聴ける疾走チューンとなり、
5曲目もかなりクサいギターが目立ち、ロシア民謡のようなフレーズが顔を出す疾走曲だ!
6曲目はアコギ、ピアノ泣きのギターが乗るメロウなインスト。7曲目はヴァイキングメタル的
コテコテ感あるクサさが目立っており、民謡的なフレーズがどことなくロシア風なのが面白いな・・・!
8曲目はオーソドックス寄りの叙情ギターが聴けるミドル〜アップテンポの北欧メロデス系で、
ギターソロはハンガリー舞曲のフレーズが顔を出しクサい泣きを見せてくれるぞ!9曲目はストロングさのある
メロデス的リフが聴け、本作としては重厚な印象があるだろうか!?10曲目は再びキラキラした
シンセ
が目立った北欧的な疾走チューンだ!シンガロングもギターソロも実にクサいのう・・・!
11曲目はGYZEお得意の歌謡曲通り越して韓流ポップスばりの哀愁漂うクサさを見せる疾走曲で、
12曲目はクサくエモーショナルに泣きまくるギターが聴けるインスト。13曲目はボーナス扱いで、
ベートーベンの月光劇クサメロデスにアレンジした疾走曲である!


既に一級線のクサさを放っていた過去2作の方向性はそのままに、
プロダクションパフォーマンス等をより向上させ、順当に進化した姿を
見せてくれる新たな名盤である!過去作ではシンセの使い方がややモダンで、
デジタル要素が見られた
のに対し、本作はジャケが示す通り北国出身という
アイデンティティー
を強調した、北欧メロデスさながらの冷たい煌びやかさ
見せ付けるキラキラシンセなのがまた嬉しいな!ライヴを意識したシンガロング
また効果的で、盛り上がりが容易に予想出来るのも本作の特徴だろうか!?
前作のそれはショボかったからなぁ・・・!ギタープレイにおいて泣きの表現力
よりレベルアップしており、クサメロに加え哀愁だだ濡れのギターを楽しめるのも
本作のクオリティーを一段上に押し上げている大きな要因だな。部分的に先人バンドの影響が
まだ残っている
のが人によっては気になるだろうが、それを補って余りある美点
存分に満喫出来る、今年ベストの最有力候補だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 93% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system