GWEN STACY







"The Life I know"




インディアナ出身のメタルコアバンドによる1stアルバム。


あの
スパイダーマンの超有名ヒロインの名前を拝借したと思しき若手バンドである!(爆)
グリーンゴブリンに橋から突き落とされ、スパイディーが咄嗟に糸を伸ばし救おうとするも、
糸でキャッチした衝撃で首の骨が折れ、帰らぬ人となってしまったエピソードは伝説だが、
その一方でグリーンゴブリンの正体であるノーマン・オズボーンのガキを孕んだという
黒歴史もあったりするんだが(爆)それはさておき、本作が彼らのデビュー作となっており
音楽的にはヘヴィなギターサウンドが主体のメタルコアで、叙情メロデス要素は無いが
かと言ってデジタル要素も見られず、結構グルーヴィーなヘヴィさが目立っているんだが
どちらかと言ったらスクリーモと言うかエモメタル的な印象もあるだろうか!?デスVoは
単調ながらそこそこ悪くないグロウルだが、クリーンVoがやけに弱弱しいヘナチョコで
そこが最大の弱点だな・・・!


1曲目は意外とエモ寄りなギターフレーズに始まりヘヴィながら軽快なノリが見られ、
荒々しいグロウルに続きサビは相当に弱弱しいヘナチョコクリーンVoとなり、その後は
ブレイクダウンも登場、2曲目も無骨かつどこかエモメタル風の淡々とした印象があり
デスVoオンリーで展開、3曲目はヘヴィな中にエモい退廃ムード、無骨な空気を纏わせ
ブレイクダウンが多すぎてダレるのう・・・!4曲目は多少のエモさが見られるギターが
目立ち、久々に線の細いヘナチョコクリーンVoも聴けブレイクダウンもかなり多いな・・・!
5曲目も無骨なヘヴィさ、ブレイクダウンが多用され、6曲目も淡々とした印象がありエモ色濃い
ギターフレーズ
ヘナチョコクリーンVoも登場、クモに噛まれる前の
ピーター・パーカーくらい貧弱
じゃのう・・・!(爆)ラストは青臭いシンガロングである。
7曲目は怪しげなギターフレーズが顔を出し無骨なヘヴィさも見せているな。
8曲目はヘヴィなノリの良さがあり、少しカオティックな面も目立っているのう・・・!
9曲目はクリーンギター、デジタルリズムに始まり退廃的なスローテンポで展開、
激情ハードコアっぽさもあるが単調でダレるな(爆)。10曲目は軽快なノリを見せる
アップテンポだが淡々とした部分もあり、11曲目はそこそこ勢いを見せつつ不協和音ギターも目立ち、
カオティックコアに近いがこれまたブレイクダウンがクドくダレるなぁ・・・!(爆)
12曲目はハードコア色濃いノリの良さを見せるヘヴィかつ軽快な
アップテンポ
だが、やはりテンポダウンも多いな。サビはクリーンVoである。


ブレイクダウン多めのヘヴィでグルーヴィーなメタルコアでありながら、エモい気だるさ
やけに目立っており今風でありつつ昔っぽい印象もあるのが特徴だろうか!?クリーンVoが
とにかく弱いんだが、彼らもそこは判っているのか一本調子ながら大半がグロウルなのは
好印象だな。
エモ寄りながらクリーンVoがダメなのもあってメロディアスさが無く、
ギターソロも皆無
ブレイクダウンが多すぎたりと難点が多々見られ、
正直言って名前負けなのもいい所である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 66% お気に入り曲 If We Live Right, We Can't Die Wrong







もどる


inserted by FC2 system