GOTIC







"Escenes"




スペイン出身のプログレッシヴロックバンドによる1stアルバム。


70年代にスペイン、バルセロナで結成されたバンドで、78年リリースの
デビューアルバム
最初で最後のカタログとされているようだ。音楽的には
CAMELがよく引き合いに出される叙情派のインストプログレで、シンセやムーグ、
フルート等がかなりの幻想美を演出しており、テクニカルな要素も勿論あるが、
それ以上にファンタジックな叙情性、牧歌性を重視しており、スペインらしい
暑苦しさ、濃厚さ
は微塵も無く、イギリスの叙情プログレに近いだろうか!?

1曲目は笛、シンセが叙情プログレらしいファンタジックでクサい幻想美を演出、
2曲目はフュージョンテイスト漂うアダルトなテクニカルさがありつつ、
やはりフルートが美麗で、中盤以降ギターソロが聴けるぞ。3曲目もまたアダルトな
穏やかさが見られ、4曲目も穏やかな中に美麗なフルートが登場、落ち着いた中に
軽快さもあり、ピアノも流麗だな・・・!5曲目はフュージョン的なノリを見せつつも
なめらかなフルートが目立ち、ベースフルートによるファンタジックな
フレージング
が良いな。素朴なオルガンゲームサントラ感があり実にクサい!
6曲目はシンセ、アコギがメランコリックさを演出し、ファンタジックな素朴さのある
フルートも登場、泣きのギターソロオルガンも聴けるぞ。7曲目もアコギ、フルートが
圧倒的な美しさ、叙情性を見せつけ、アンビエントな幻想感もある
10分の大作だ。流石に途中ダレるのが惜しいな・・・!


インストのプログレらしくフュージョン的なテクニカルさ、アダルト感
見られるが、それ以上にフルート、シンセ等かなりの幻想美、叙情性
発散しまくるファンタジープログレとなっており、ギターがほぼ無いんで
ハードさは皆無だが、フルートやシンセが引っ張るアンサンブル
穏やかかつかなり美しいな・・・!ロック野郎にはピンと来ないだろうが、
ファンタジー好きのゲームファン、ナード、ギークなら良さを見出せるだろう!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 Escenes De La Terra En Festa I  La Revolucio
Danca D'Estiu  I Tu Que Ho Veies Tot Tan Faci







もどる


inserted by FC2 system