GILDIA







"蒼煉のヤブンハール"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの1stアルバム。


タレコミも来たメロスピトランスで気を吐くコンポーザーSHIKI氏による
新たなるプロジェクトのようで、音楽的にはヴィジュアル系メタルと豪語しているが
ヴォーカルは女性でV系というのはあくまでも曲作りの要素に過ぎず
メタルといっても音は結構軽めだったりするな・・・。ヴォーカルは
ポップス系の声質で特別上手くは無いがちゃんと歌えており素人臭さが無く
あまり癖も無く聴き易いのは好感が持てるのう・・・!

1曲目はアコギ、語りで始まりバンドサウンドも登場しアップテンポ
軽快さを出しHR/HM的な音作りが施されつつもライトな質感を持っているな。
2曲目は叙情的なシンセからモダン寄りのリフが聴け疾走感を出す
シリアスな曲調
ストリングスシンセ、チェンバロの音色も登場し
クサさを演出、サビもキャッチーで良いな!ラストでサビが半音上がるのも
久々に聴いたお約束のアレンジでやはりツボだ(笑)。3曲目はどこか
民謡ライクなアレンジ、メロディーが聴けるこのシーンによくある
雰囲気プンプン
で4曲目はキラキラしたチェンバロ、ストリングスが聴け本作中
最速のBPMで爆走
する待ってましたのメロスピチューンだ!ストリングスシンセも
顔を出しクサさを感じさせピアノの流麗なフレーズ打ち込みリズム
聴けるパートや変拍子パートも登場するが基本は爆走叙情クサメタルである!
ギターソロ、それに続くシンセとの対位法バトルもメタラーの魂を熱くさせる
要素満点じゃのう!5曲目はピアノで始まりキラキラしたシンセ
主体のアップテンポチューンで華やかかつクサいストリングスも聴け
明るい要素も感じさせるのう・・・!メロディーは実にキャッチーである!
6曲目は緊迫感を感じさせる曲調でバンドサウンドにピコピコした電子音が乗り
どこか国産サイバーメロスピVRAINを思わせる雰囲気があり後半で疾走する
アレンジはどうもトランス系の要素があるな・・・!7曲目はアコギ、シンセ
目立ったアップテンポ曲でAメロはテンポダウンしギターが消えるお約束の
V系アレンジ
だがサビはキャッチーなクサさがあるぞ!間奏のオルガンも
またクサい!
8曲目は鐘の音で始まり荘厳なシンセが聴けその後は4曲目同様
爆走するメロスピチューンとなるぞ!シンセもシンフォニックさを出し
ピアノのフレーズも美しくギターソロもスウィープを駆使した
速弾き
を披露しメタラーにアピールする!


一部のギターソロ以外全て打ち込みというのが気になるし楽曲面で
特にこれといった個性は無く無難に感じられるかも知れんが
流石に名の知れたベテランだけに楽曲の出来は良く優等生的な
アルバム
と言えるかも知れんのう・・・!メロディーやシンセの使い方に
ヴィジュアル臭が潜みバンドサウンドは軽いながらも一応は
メタルスタイル
となっておりキラキラ系のクサメタルを好む層に
十分アピールできる1枚
となっているぞ!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 イグニスの鎖、Garden of prayer、
追憶のノルン、シアターワールド、廻星奇譚







"Elminada -赫触の魔女-"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの2ndアルバム。


シンフォニックなメロスピ要素を色濃く携えたトランスをプレイする実力派コンポーザーによる
別プロジェクトの2作目のフルアルバムで、音楽的にはヴォーカルこそ女性だがヴィジュアル系の
要素
を取り入れたシンセ主体のHR/HMとなっているがやはり本作も全体的に音が軽くシンセが
主体となっておりギターも打ち込みのような音を出しておりそこまでメタリックというわけではないな・・・。
この手のジャンルによくあるクサメロ系フィメールシンフォゴシックメロスピ要素は極めて薄く
ポップで明るい曲が大半を占めているのも大きな特徴だと言えよう!

1曲目は早速のクッサイチェンバロ、ストリングス、語りが聴けるイントロで続く2曲目は
生のヴァイオリン、ピアノで始まりシンフォさを感じさせつつも大仰さよりシンフォプログレ系の
穏やかな壮麗さ
を感じさせる音作りでバンドサウンドも顔を出しアップテンポでキャッチーに
展開
していく曲だ!ギターソロは打ち込みみたいな音色だがそこまでチープさは無いな。
ラストも生ヴァイオリンが顔を出すぞ。3曲目もどこかポップな印象の強い曲でアコギが
穏やかさを演出
しギターリフも聴けるがやはりシンセが多用されているな。4曲目は
ストリングスが聴けるも生ではなく打ち込みで、ゴシカルさを感じさせるシリアスで
クサいメロディー
が顔を出しチェンバロも登場する曲でポップな明るさが消えメタラーには
こういう曲調のほうが嬉しいだろう(笑)。後半辺りで不協和音ピアノソロが顔を出し
Xの“ART OF LIFE”みたいな空気を醸し出すがあっちのような長さは無く短いのう・・・!
5曲目はこれまたポップで明るい要素に満ちた曲だがギターリフがスカスカながらちょいと
モダン風になり
シンセもどこかシリアスな部分があるな。ギターソロは生音と判る音作りで軽いが
泣きのメロディーを奏でているぞ!6曲目は重厚なストリングスに始まりキラキラしたチェンバロと共に
疾走する待ってましたのメロスピだ!ツーバス連打、スネア裏打ち2ビートでギターは16分を刻む
王道のアレンジでピアノもオブリを入れメロディーもクサくドラマティックだ!ギターソロも生で
ツインリードによる速弾きも聴けるぞ!7曲目はアコギ、笛の音のようなシンセが登場するが
民謡クサさは無くあくまでもポップス風のメロディー造りになっているのが特徴である。ピアノも
流麗なオブリを挿入しベースラインも目立っているな。ギターソロはワウをかましたプレイだ。
8曲目はバンドサウンドにアコギ、ストリングスが登場するアップテンポ曲で曲調自体はあくまもで
アニソン系ポップスから脱していない
がちょいとシリアスなムードが醸し出されギターリフは
どちらかといったらスクリーモ等に近いフレーズを弾いているな。ギターソロ前のリフはモダン系
ソロはメロディー重視のプレイを披露しラストでヴァイオリンソロも顔を出すぞ!
9曲目はやけにポジティヴなアニソンポップス系のヴォーカルが聴けヴァイオリン、キラキラシンセが
顔を出しピアノも聴けるアップテンポ曲。10曲目は明るいシンセと共にメロスピ的な疾走を見せる
ファストチューンだ!ギターはハモリでポジティヴなメロディーを奏でつつ電子音シンセも顔を出し
VRAINのような音作りになっているのう・・・!ツインリードのソロはまさしくジャーマン系メロパワだ!


シンセがシンフォニックな煌びやかさを出し明るくポップな雰囲気を持った曲が目立ち
HR/HMというよりは80年代辺りのポンプロック、ネオプログレと呼ばれるスタイルに
接近したムードを持っておりメタルで言うならPOWER QUEST辺りに近い部分があり、打ち込みのように
聴こえるギター、軽すぎるドラム
等バンドサウンドは極めてスカスカなんだがその分
シンセが全体を埋め尽くしており隙間無くキラキラサウンドが詰め込まれている感じで
チープさを感じさせないのは良いな。生ヴァイオリンが2曲目にしか
使われない
のは惜しいが・・・!まぁ明るすぎる音作りが苦手なリスナーにはちょいと
厳しい部分
があるも4曲目や6曲目、10曲目のようなメタラー向きのキラーチューンもしかとあり
こういった曲主体でアルバムを作って頂きたいと思える仕上がりになっているのう・・・!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 リリスの心室、磔刑ルイン、赫蝕の魔女 -Eclipse-、
Cross Memory -Revision-







"カテナの銀環"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの3rdアルバム。


デジタル要素ヴィジュアル系要素、さらにアニソン的なポップさ、
キャッチーさ
をも取り入れた女性Voシンフォニックメタル、メロスピプロジェクト
通算3作目のアルバムである!まぁアルバムとは言っても収録曲は6曲程で
ボリューム感もそれなり
でどちらかと言ったらミニアルバムと
言ったほうが良さそうな内容
だな。

1曲目はピアノの音色が緊迫したムードを演出、語りやシンセも登場し怪しげな
雰囲気を漂わすイントロ
で続く2曲目はキャッチーなヴォーカルで幕を開け
ピアノ、シンセを纏わせたバンドサウンドがミドル〜アップテンポで登場、
ストリングスシンセのフレーズが良くアニソン的なムードを漂わせつつも
台詞が登場しちょいと風変わりな部分もあるがやはり基本はキャッチーさが
前に出た感じだ。
ギターソロはHM/HRというよりも普通のポップスでもありそうな
フレージング
だな。3曲目はストリングス、ピアノがなかなかに壮麗なムードを醸し出し
そしてヴォーカルと共に疾走開始!ドラムはいかにも打ち込みだがバスドラを連打
軽快かつ怪しげなシンセフレーズも登場、どこかゴシカルなムードも漂わせる曲調で
ハモンドのような音色のソロも顔を出しクラシカルな質感も纏ったメロディー重視の
フレーズ
を聴かせてくれるのう・・・!4曲目はストリングス震えるような音色を奏で
ピアノ、さらにキラキラしたチェンバロ系シンセも顔を出しクラシカルな
様式美ムード
を演出、ヴォーカルはコーラスで切り込みベースがいかにも打ち込みでチープだが
かなりクサさが漂っているぞ!5曲目はSEに始まりこれまたクラシカルなストリングス、
キラキラチェンバロ
が顔を出し疾走!シンフォニックな様式美メタルの要素がかなり濃く
クサメタラーが愛して止まないスタイルのアレンジを披露しているがサビメロは
いかにもなアニソン系
である!6曲目はこれまたアニソンのムードが色濃いキャッチーなヴォーカル
幕を開けヴァイオリンの音色にバンドサウンドがアップテンポで聴けるストレートな曲調だ。
物静かなヴァース、軽快さの出るブリッジ、キャッチーさ全開のコーラス
実に判り易いのう・・・!何気にベースが結構前に出てきているな。


本作もまたメタル要素を見せつつも王道を行くアニソン、V系ライクなキャッチーさ
主軸となったスタイルでメロディーの質感様式美でもなければ歌謡曲でもないポップス的な
要素
が強く楽曲構成、展開も非常にシンプルこの辺は意見が分かれそうだが
アレンジやヴォーカル等相変わらずクオリティーは高いのう・・・!プロダクションは軽い
音が詰め込まれておりデジタル要素も目立っているのでこれくらいが丁度いいのかも知れん!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 paranoid queen  アドニスの贖罪  アジテートスフィア







"Abyss flower"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの2ndシングル。


女性Voアニソンヴィジュアル系要素を足したシンセメインの煌びやかな
メタルをプレイするプロジェクト
最新シングルである!シングルは過去にも1枚リリースしており
シングルとしては本作が通算2枚目となる。全2曲に加えカラオケヴァージョンも入れて
合計4曲となっており物足りなさはあるがまぁシングルなんでこんな所だろう・・・!

1曲目はストリングスシンセにバンドサウンド、語りが聴けピアノ等煌びやかな
シンセ
が顔を出しアップテンポで展開しつつどこかテクニカルなムードもあるのう・・・!
メロディーは相変わらずキャッチーだがピアノがクラシカルに舞いつつベースが
淡々と刻みギターソロに突入するインストパート
も聴き所である!2曲目はピアノ、
ストリングスシンセ、ヴォーカル
キャッチーかつメランコリックなムードを醸し出し
その後はアップテンポでなかなかに忙しいノリを見せやはりアニソンっぽさが
プンプンと漂っている
もインストパートは一瞬ジャジーなピアノが顔を出したりと
ちょいと風変わりな部分も見せておるぞ!3曲目以降はカラオケヴァージョンだ。


本作も煌びやかなシンセが舞いつつも何気にベースが目立っているいかにも
打ち込みなチープさ
が残っていた前作と違いリアルさが増しており細かい点ではあるが
確かな向上が見て取れるのう・・・!楽曲も方向性がブレる事は無く毎回安定した
クオリティーのモノ
を提示しておりまぁ真新しさ、新鮮味は無いのだがアニソン色濃い
女性Voメロディックメタル好き
には安牌のプロジェクトと言えよう!




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 モノクロ少女の憂鬱







"Crimeneige -白吟の妖精-"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの4thアルバム。


シーンに掃いて捨てるほどいるSOUND HORIZONフォロワーフィメールシンフォニック
ゴシック勢
とは少々趣が異なる個性を持ったプロジェクトの最新フルレンスアルバムである!
今回どうやら冬の世界観をコンセプトにしており北欧メタル要素が強くなっていそうな
ムードが漂っているが
やはり方向性は過去作と変わる事の無い、煌びやかなシンセ
メインとしたアニソン的キャッチーさ満点疾走感ある軽快なHM/HRを聴かせてくれるぞ!

1曲目はピアノ、アトモスフェリック系のシンセ空間的ムードを醸し出し
語りも聴けるイントロで続く2曲目は軽快なリズムに女性Voがいかにもアニソン的な
キャッチーなメロ
を歌いキラキラしたシンセ、ヴァイオリンシンセも登場、ギターの
バッキングはHM/HR色濃いが引っ込み気味でシンセが目立った音作りになっているな。
短いがツインリードも聴けベースも何気に目立ちラストはサビが半音上がるシンプルな
王道の良さ
を見せているな。3曲目はメランコリックなピアノで幕を開けHR的な
バンドサウンド
キラキラしたチェンバロが顔を出しアップテンポでメタル色が増強、
やはりサビはアニソン系のクサさが強くアレンジも含め実にクサメタラー向けである!
メロディー重視のギターソロアコギのバッキングも聴けるぞ。4曲目はここに来て
北欧メタルライクなシンセが聴けその後キャッチーなメロと共に煌びやかな音作りになり
ギターは引っ込み気味だが気持ちハードさが増しベースも目立ちシンセが北欧ライクな
冷たい雰囲気
を放っておるのう・・・!ワウというかエフェクトを強く掛けたギターソロ
なかなかにトリッキーで面白いな。5曲目は冷たいピアノに始まりデジタル系のシンセ
顔を出し本作初のスローチューンになるもやはり北欧的な冷たいフィーリングは強く
メロディーもキャッチーで良いな。
6曲目はいきなりの哀愁漂うツインリードで始まり
胸を焦がす叙情性
を放ったかと思えばかなりメタリックな疾走感を見せギターメイン
北欧的なストリングスシンセをバックにしつつももはやメロスピ、メロパワとしか
言いようのないファストチューン
になるぞ!途中ピアノも顔を出すが基本は爆走である!
7曲目はピアノが穏やかさを出しやはり疾走するもハードさは減退しアニソン要素が
強くなった軽快な曲。
ギターは軽いがキャッチーなツインリードも聴け
この辺はヴィジュアル系の影響だろう・・・!ギターソロもそんな感じだな。
8曲目はストリングスシンセにピアノ、キラキラシンセ大仰なクラシカルさ
放ち疾走する様式美シンフォニックメタル的なムードを持ったキラーチューンだ!
語りも部分的に顔を出しメロディー重視のギターソロキャッチーさがあるのう!
9曲目はピアノにこれまたキャッチーな女性Voが顔を出しストリングスシンセ、チェンバロ
共にアップテンポになり北欧メタル的ムードを醸し出しサビはかなりクラシカルでクサい
アレンジ
が施されておりシンフォニックさも強いぞ!10曲目はヴァイオリンシンセ
始まりハードロック色濃いキレのあるリフを聴かせつつもヴォーカルはアニソン的な
軽快なポジティヴさ
を持ったキャッチーな疾走チューンだ!ギターソロは
細かい刻みも見せているのう・・・!11曲目もこれまたキャッチーさが強いヴォーカル
幕を開けバッキングは淡々とした部分もあるが決してスカスカにはならず
あくまでも根底にあるのはHM/HRである事を主張しているかのようだ・・・!12曲目はピアノに
煌びやかなシンセが北欧ムードを放ちこれまた明るくポジティヴなキャッチーさを持った
メロディーが聴ける疾走チューン
でバックのストリングス憂いを醸し出しているな。
ギターリフはメタルと言うよりはヴィジュアル系に近いムードがあるのう・・・!


冬がコンセプトという事で北欧メタルを意識した部分があるのか過去作よりも
デジタル系のダンサブルな要素が減退しておりその分ストレートなシンセメインの
HM/HR要素が強くなっており
シンセもストリングスやピアノ、チェンバロに
北欧メタルライクな冷たい雰囲気を持った音色
を多用、よりメタラー受けする
方向に舵を切った
と言えるであろう仕上がりになっているぞ!やはりメタルは
北欧だと思わず豪語したくなる1枚
だな(笑)。




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部。特に“vengeance opera”  “Abyss Flower”







"Shrift -Scene Marie-"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの3rdシングル。


壮麗さ、派手さを持ったシンセをメインとしたヴィジュアル系メロスピ要素を
持ちつつも根底にあるのは女性Voのアニソン的なキャッチーさで毎回ハイレベルな
楽曲
を聴かせてくれる実力派プロジェクトのシングルとしては通算3作目に当たる1枚である!
内容としては過去作同様安定した判り易いキャッチーな疾走チューンとなっており
全2曲でカラオケヴァージョンも収録されておりボリュームとしては物足りないが
次作の期待を煽るには丁度良い1枚だと言えよう・・・!

1曲目は早速のストリングスで幕を開けそして爽やかなアップテンポと化し
ヴォーカルメロはやはりアニソンに通じるキャッチーさがあるな・・・!
バンドサウンドはライトでそこまでメタリックでは無いがスカスカでも無く
シンセっぽさを残したヴァイオリンソロギターソロも聴けるぞ。2曲目は
よりHM/HRに接近した音作りになりそれなりにハードさのあるギターリフ、
ヴァイオリンシンセ
が聴けシリアスになった印象があるもヴォーカルメロは
やはりキャッチーでサビはクサさを感じさせるのう・・・!ピアノも良くさらに
ハモンドソロも顔を出しイトケンっぽさがあるか!?ギターソロも流麗で
ツインリードのハモリ
も聴けるぞ!3、4曲目はカラオケヴァージョンである。


実質2曲のみのシングルだがやはり安定のクオリティーがあり過去作が好きなら
本作も問題無く楽しめる安牌的な1枚だと言えよう・・・!まぁそれだけに
冒険している部分とかそういった要素は無いがハズす事も無い、信頼と実績の
1枚
と言った所だろうか!?




オフィシャルサイトで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 Discord diary







"Valkyrie Rose"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの5thアルバム。


これまで安定した高いクオリティーを見せ信頼と実績のアルバム、シングル
世に放ってきた彼らGILDIAだがここに来て何とヴォーカルが脱退新たなシンガーが
加入する
という自体が勃発、本作はシンガーが変わってから初の音源となっているが
音楽性はやはり大きく変わるような事は無く従来通りの煌びやかなシンセをメインに据えた
壮麗でドラマティックかつポピュラリティー満点のキャッチーさを保った
良質の楽曲が取り揃えられており、また新ヴォーカルも前任者と比べてさほど
大きな違いは無く
すんなりと入っていけるだろうな・・・!

1曲目はピアノとストリングスがメランコリックでクッサイ美メロを奏で
そしてバンドサウンドと女性Voが登場しキャッチーさを放ち派手に疾走開始!
ギターサウンドはメタルと言うよりもV系に近いライトなカッティングを見せているが
ヘヴィな部分もあり派手さはシンセが出しておりストリングスもリードメロを奏で
サビはアニソン的なメロディーじゃのう・・・!ギターソロもメロディー重視である!
2曲目は女性Voにストリングスが聴け壮麗さを保ちつつもポップス的なキャッチーさを
見せるアップテンポナンバー
で音作りは派手だが基本は明るく判り易いポップロック路線
言えるだろうか!?途中アコギも顔を出しメロディー重視のギターソロに続いていくぞ。
3曲目は結構モダン寄りのヘヴィリフにキラキラシンセ、ストリングス様式美的な
クラシカルさ
を見せゴシカルなムードを演出するミドル曲。ストリングスのソロもまた
クサ味を放っておりゴサー向けじゃのう・・・!4曲目はメタリックな音作りにシンセが乗り
アニソン然としたヴォーカルと共に疾走するファストチューンでハモンドの音色も登場!
過去作と比べて音圧が増したアグレッシヴな印象もあるな・・・!ハモンドソロも聴け
この辺だけどこか70年代っぽいか!?(爆)5曲目は前シングル収録曲でピアノ、ヴォーカルがこれまた
アニソン色満点のキャッチーさを放ちピアノ、ストリングス等壮麗なシンセが舞うも
Aメロは淡々とした味わいを見せるミドル〜アップテンポ曲。サビが良くギターソロは
ポップロック然としたプレイ
だな。6曲目はストリングス、ピアノクラシカルな
ムード
を醸し出すもその後は判り易いキャッチーなメロ、アレンジを見せ派手に
盛り上がりつつ
もメタリックではなくシンセが派手なポップロック系と言えるか!?
ソロパートはストリングスメタリックなリフが聴けその後ハモリの
ギターソロになるのう・・・!
7曲目はヘヴィ過ぎないV系バンドがよくやる
シャッフルリズムの軽快なノリを見せる歌謡ジャズ風の曲でサビはやはり
どこかアニソン的なキャッチーさに満ちておるわい!中盤のヘヴィさを
放つリフ、ベース、ドラム
が勢いに満ちておりその後のギターソロメロディアスかつ
タッピング等を駆使してメタラー好みのプレイを披露するぞ!


過去作と比べて音に厚みが増した印象がありバンドサウンドは実際の所そこまで
メタリックだとかゴリゴリにヘヴィだとかそういう訳では無く昔ながらのV系
通じるライトなカッティングも目立っているがシンセやベースが分厚さを放っており
メタラー好みの隙間の無い音圧を見せ好印象である!シンガーが交代しつつも
方向性は過去作のスタイルをキープしつつそれでいてクオリティーも着実に向上、
何だかんだで本作もまた安定の質を見せるハイレベルな1枚となっているぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 85% お気に入り曲 全部







"Crophilia"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの6thアルバム。


前作でシンガーがチェンジする変わらぬ音楽性、クオリティーの高さ
我々クサメタラー、同人メタラーを喜ばせてくれた安定感抜群の実力派による
通算6作目のアルバムである!
根底にあるのはアニソンとヴィジュアル系なんで
厳密にHM/HRと呼べるかどうかは微妙かもしれんがシンセ等が音に厚みを持たせており
音圧は抜群、ヴォーカルメロディーも相変わらずキャッチーな事この上無く芳醇な
フック
に満ちており歌謡曲的とか、様式美と言う訳ではなくアニソンやJ-POP的な
スタイル
王道と言えば王道だが極めて高いセンスを持っておる!

1曲目はデジタル系のリズムアトモスフェリックなムードを醸し出すイントロ
2曲目は叙情的なピアノ、ストリングスで幕を開け早速のキャッチー極まりない
ヴォーカル
と共に軽快に疾走!ギターやドラムの音は軽いシンセが厚みを
持たせており
やはりメロディーが実に良いな・・・!ギターソロもメロディー重視だ。
ラストのサビが半音上がる展開実にベタだがそこが良い!(笑)3曲目もキャッチーな
ヴォーカル
煌びやかなシンセで幕を開け疾走するキャッチーなアップテンポ曲
シンセの音色はどこか北欧メタル的か!?シンセソロも聴けるぞ。4曲目はオルガン、
ストリングス
クラシカルなムードを醸し出しチェンバロや笛の音も登場、GILDIAとしては
珍しい(?)様式美系の楽曲同人ゴシック的クサさを持ちつつもバリバリのネオクラ
言うよりもある意味イングヴェイ以前の70年代ハードロック的な様式美ムード
内包しておりミドルテンポながら軽快なリズム、バックで聴けるハモンド系の音色
そういう雰囲気を見せているのだろうか!?ピアノソロはクラシカルでクサいぞ!
5曲目は再びキャッチーさ満点のヴォーカル、派手なシンセと共に疾走しワウを
効かせたギターも登場、
ヴォーカルは意外と落ち着きのある歌い回しを見せ他の曲よりも
明るめでポップな印象があるな・・・!メロディアスでキャッチーな
ギターソロ
も顔を出すぞ。6曲目はどこかエモい湿り気のある雰囲気を持っており
ピアノが冷たいメロウさを放ちつつもやはりアップテンポで軽快さがありサビは
例によって凄まじくキャッチーなアニソン系だ。ギターソロもメロディアスだな。
7曲目はモダン色のあるギターリフキラキラチェンバロ、ツーバス連打のドラムが聴け
Aメロこそテンポダウンするも本作中最速の疾走感を見せるガチのメロスピチューンだ!
サビのキャッチーさまさに王道だがそこがたまらんわい!(爆)
ピアノも舞い
ギターソロもいかにもメロスピなツインリードである!


ギターやドラムがちょいと軽くなったような印象があるも楽曲のクオリティーは
相変わらず高く
そんじょそこいらのJ-POPアニソン裸足で逃げ出す芳醇極まりない
キャッチーなヴォーカルメロ、煌びやかさ満点のシンセ
が相変わらずのセンスの良さ
見せているな・・・!アルバムとは言えイントロを除けば実質6曲楽曲のタイプは似通っている
言えなくも無いしある意味マンネリとも取れるが本作もまた安定のハイレベルさを見せておる!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 VAMPIRE DOLL  ラストノート  博愛
Anti World  ネクロフィリアの剣







"Forget me nots"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの4thシングル。


女性ヴォーカルなんで厳密にはヴィジュアル系では無いんだが、音楽的にはそういう要素
内包しつつHM/HR・・・メロスピ要素アニソン要素を見せ、さらに派手で壮麗なシンセ
舞いまくるシンフォニックさも持ち合わせた実力派プロジェクトである!本作は彼らの
通算4作目に当るシングルで、本作もやはり過去作と変わらぬスタイルブレない安定の
クオリティー
を見せており、しなやかさのあるストリングス系のシンセ、ピアノ
アニソンスタイルのキャッチーな女性Vo、へヴィでは無いが詰め込まれた厚みを
感じさせるバンドサウンド
が聴けるのう・・・!

1曲目はピアノチェロ系の音色で幕を開け壮麗なストリングスシンセ、隙間の無い
バンドサウンド
アニソン色濃いキャッチーな女性Voが乗るアップテンポチューンとなり、
メロディー重視のギターソロも顔を出すのう・・・!2曲目は一昔前のヴィジュアル系を思わせる
ライトなギターで幕を開けストリングス系の音色も登場、どこかしなやかかつ
幽玄なムード
も感じさせシンセはアトモスフェリックな面もあり、こういう部分が
女性Voでありながらヴィジュアル系とされる所以だろうな・・・!中盤のピアノがまた
クラシカルな流麗さを見せその後はギターソロになるぞ。3、4曲目は定番の
ヴォーカル無しカラオケヴァージョン
である。


本作もまた過去作の流れを踏襲した、キャッチーさを見せるしなやかな女性Voモノの
アニソンV系HM/HR
となっており、まぁ正直マンネリ気味と言えなくも無いんだがそれでも質は高く
こういうアニソン系キャッチーかつ美麗な軽快さのある女性Voハードロック
求める向きの期待にはしかと応えてくれる仕上がりを見せているな・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 全部







"朱き箱庭のレオライザ"




日本の女性Voヴィジュアル系メタルプロジェクトの7thアルバム。


完全オリジナルながらシングル、アルバム共にハイペースでリリースされる実力派の
プロジェクト
による通算7作目のアルバムである!まぁフルアルバムと言っても
このシーンのお約束
か、30分前後の実質ミニアルバムなんだが忙しい現代人には
逆に有難い
と言えるだろうか!?ライヴも精力的にこなしているようでもはや
プロジェクトと言うより普通にバンドと呼んでしまっても良さそうで、過去作から
特に方向性が変わる事は無い安定のクオリティーを見せており、本作もまた
基本的なスタイルは変わらず、壮麗なシンセ派手に自己主張しまくりシンフォニックさを放ち
疾走
しつつも、メロディーラインはどちらかと言ったらアニソンやJ-POPのような
キャッチーさを見せておるのう・・・!


1曲目はクラシカルな格調高さを放つピアノ、ストリングスが聴ける、いつになく様式美的な
イントロ
で、2曲目はチェンバロ等のシンセ煌びやかに舞いつつも早速の爆走を披露!
そこまで音圧が激しい訳では無いがまるでDRAGONFORCEのような疾走感じゃのう!
ヴォーカルメロディーはやはりアニソン、J-POP的なキャッチーさを見せており
ツインリードはどこかXっぽいか!?
3曲目はダークなチャーチオルガンで幕を明けるも、
その後はやはりアニソン系のフックを持つ女性Voも登場、さらにモダンなへヴィリフも顔を出すのう・・・!
4曲目もまたアニソンタイプのキャッチーさを放つ女性Voが聴け、ピアノ、ストリングスシンセ
明るめのメロウさを放ち淡々と展開、どこかライト寄りのヴィジュアル系に通じるムードもあるな。
5曲目はチェンバロ系の音色クラシカルなムードを放つストリングスが乗り軽快さを放つ
アップテンポチューン
で、サビがかなりクサくよくあるありきたりなアニソンと違って良いのう・・・!
その後のホーンはスカっぽくてちょいとチープ曲調にマッチしていないのが惜しいだろうか!?
6曲目もチェンバロ系シンセ、ストリングスが聴けるも今度はアニソン、J-POPに接近した感じ
これまた軽快なノリの良さを放つのう・・・!後半はフランジャーを効かせたようなドラム
ちょいモダン風のムードを放ちメロディー重視のギターソロも聴けるぞ。7曲目もまた相当に
アニソン、J-POP要素を強く感じさせるヴォーカルメロが聴け、ストリングスやピアノ
派手に舞いつつ軽快なアップテンポで展開、ギターリフ多少のモダンさがあるか!?
8曲目は穏やかなストリングス、ピアノアンビエント系のリズムが聴けるアウトロである。


本作もやはり基本的な部分はこれまでと変わらない、アニソン、J-POPライクなキャッチーさ
見せる女性Voが軽めだがそれなりにメタリックなバンドサウンドをバックに歌い、
さらにチェンバロやピアノ、ストリングス系煌びやかなシンセが派手な装飾を見せるスタイルで、
正直マンネリ感があるのは否めないがやはりクオリティーは高く、これまでのアルバムが
好きなら本作も楽しめよう!彼等には変に新機軸を取り入れて軸がブレてしまうよりも
このままの方向性で攻めていってもらいたいのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 83% お気に入り曲 純血のレオライザ  乙女心と処刑台







もどる


inserted by FC2 system