GHOST B.C.







"Infestissumam"




スウェーデン出身のヴィンテージハードロックバンドによる2ndアルバム。


古臭い、レトロな70年代サイケデリックハードロック要素を上手い事近代的な
センス
に混ぜ合わせ独特のキャッチーさ漂うヴィンテージロックをプレイしつつも
そのブラックメタルばりのオカルティックなアピアランスが各方面で話題を呼んだ
面白実力派バンドによる2作目のアルバムである!この手のヴィンテージ系HR
ともすれば地味でフック、キャッチーさの無いオッサン向けになってしまいがちなんだが
彼らはそこに近代的なポピュラリティーを上手い事ドッキングさせており、確かに
放たれるサウンドは古臭さを感じさせるもののガチで古い感じでは無く、あくまでも
聴き易さを重視しており、ヴォーカルがまた無駄にポップさのあるメロディーを
中音域程度のマイルド歌唱
で朗々と歌い上げており、怪しさはあるもののその実
相当にキャッチーな曲作り
を披露しておる!

1曲目は意外にも混声クワイアで幕を開けゴシカルなシンフォニック系の色合いを
醸し出すも、その後は実にヴィンテージ感溢れるバンドサウンドが顔を出し
70年代らしいムードを醸し出しつつもその間ずっとクワイアが乗っていると言う
実に怪しいイントロで、続く2曲目もまたバンドサウンドが凄まじく古臭いものの
現代的なハードさも内包しており、ヴォーカルは爬虫類的なヌメッとした声質の
クリーンで歌い
バックでオルガンも登場、コーラスワーク非常にキャッチーで
レトロ感と近代的な良さの双方を兼ね備えておる!
3曲目は怪しい遊園地的な
オルガン
レトロなバンドサウンドが混じりヴォーカルは胡散臭くもなめらかで
実に聴き易いのう・・・!
4曲目は淡々としたノリの良さを見せいい意味で古い
キャッチーさを見せるミドル曲。
5曲目は叙情的なピアノ怪しげな呟きが乗り
淡々とした物静かさを放つ穏やかなバラード系でどこかプログレにも通じる雰囲気があるか!?
途中からテンポアップ古臭いノリの良さを見せ始め、昭和の風景が脳裏に浮かぶも
オルガンはプログレ色が濃いのう・・・!後半では再び混声クワイアが顔を出し怪しさを放つぞ!
6曲目は儀式的な男クワイアで幕を開け緊迫感あるギターの刻みオルガン
顔を出しリズミカルなドラムにクワイア、怪しげなヴォーカルが乗るある意味
ダンサブルな曲
か!?ヤク中一歩手前ポップさを見せる、何気に相当センスを
感じさせる曲
じゃのう・・・!メロディアスでドラマティックなギターソロも聴き所じゃ!
7曲目は気だるいムードの中にもしかとしたポップネスを際立たせた、これまた彼らの
確かなセンスを感じさせるミドル曲
である!ヴォーカルメロがとにかくキャッチーで
憂いを放っており良いな・・・!
8曲目はプログレ的な忙しなさ軽快さを醸し出すライトな
アップテンポ曲。
9曲目はモダンではないがちょいとヘヴィな印象のあるリフ、リズムが聴ける
重厚なミドル曲
で、ヴォーカルは気だるさがありある意味オルタナ的と言えるかも知れんが
オルガンキャッチーさを放っておりプログレ的なリズムワークも顔を出すぞ。
10曲目も怪しげなダークさを放つヘヴィ寄りの曲で、後半は教会のようなオルガンに
混声クワイア
が顔を出しホーリーなムードを演出しておる!


こいつは確かに各方面で話題になるのも頷けるバンドである!基本はレトロな、
ヴィンテージ感
溢れるオールドスクールなサイケデリック・ドゥーム系HRなんだが
ただ古臭いサウンドをダラダラと垂れ流し一部の通気取りのオッサンガンギマリの
スラッカー野郎
しか楽しめないようなアンダーグラウンドな音作りに陥る事無く、
いい意味で産業ロック的な普遍性すら携えた確信犯的な1枚である!この手の
ヴィンテージ系ハードロックに興味が無くともキャッチーなロックが好きなら
十分に楽しめる
であろう、真の実力派バンドだと言えよう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Secular Haze  Ghuleh / Zombie Queen  Year Zero







もどる


inserted by FC2 system