GAUNTLET







"ABILITY CODE"




日本のヴィジュアル系風メロディックメタルバンドの1stデモ。


本人達直々にメールを頂き試聴してみた所ツボに来たのでディスクユニオンで
ゲットしてきた音源である!
どうやらまだデモのようだがその音楽性はとりあえずは
メロディックメタルと呼べるスタイル
で次のアルバムはさらにメロスピ要素が
増強されている
が1stの本作はどちらかと言ったらヴィジュアル系要素が強く
バンドサウンドは十分にHM/HRしているがヴォーカルの声質やメロディーライン、
アレンジ
V系らしさが漂っておりある意味最近増えてきたヴィジュアルメタルの
流れを汲んだバンド
だと言えそうか!?

1曲目はデジタルっぽさのあるドラムに始まりなかなかにモダンなリフが聴け
いきなりギターソロが炸裂、ワイルドさを見せるもヴォーカルはV系っぽさが強く
メロディーラインもそんな感じ
で曲調もHM/HR要素の強いバンドサウンド以外は
やはりV系に近くサビはキャッチーである!ギターソロが結構流麗でテクもそれなりに
しかとしたものがあるのう・・・!
2曲目はこれまたなかなかにモダンな印象を放つ
ギターリフ
が聴けさらにクサめのリードギター、ソロシンセが登場、メロスピ的に
爆走する
もAメロはテンポダウンしマイルド化とある意味定番の展開を見せるも
その後は再び疾走しサビはV系的キャッチーさメロスピの疾走感を折衷させた
かのようなクサさを放つぞ!インストパートはプログレメタル的な変拍子のキメを
披露し
その後ギターソロに突入、演奏スキルもしかとある所を見せつけているな。
3曲目はヴォーカルやシンセの音色まんまV系ではあるがリフはモダンさがあり
ノリの良さを見せているぞ。
中盤は弱いもののシャウト気味の歌唱を見せそして
ギターソロに突入だ!4曲目は煌びやかなシンセクサさのあるツインリードが登場!
ミドルテンポではあるがシリアスな空気を放ちサビはメロハー的なキャッチーさ
見せギターソロはテンポアップするぞ。5曲目はモダンさのあるリフでアップテンポになり
叙情的なハモリギターも登場、軽快な疾走感を見せるファストチューンで中盤はまた
モダンなリフが顔を出しへヴィな要素も見せるがギターソロはエモーショナルな泣き
披露しておりその後の展開もメロウじゃのう・・・!6曲目は笛のようなシンセに始まり
淡々としつつも叙情的なムードを放つバンドサウンド、シンセが聴けるバラード系の曲
ヴォーカルはまんまV系じゃのう・・・!ギターソロも情感タップリに弾いており
流麗かつ泣きを見せているぞ!
7曲目はシンセモダンなへヴィリフが顔を出し
ゴリゴリさせつつもキャッチーさがあるアップテンポ曲でメロディーは
いかにもV系というかJ-POP的なフックを内包させているな。


ヴィジュアル系要素が相当に強いがリフは結構モダンさがありメロスピ的な疾走曲
存在しておりさらに演奏スキルもありデモとしてはプロダクションもなかなか
非常に良質なバンドだと言えるのでは無いだろうか!?デモではあるが全7曲で
500円
というコストパフォーマンスも最高である!クソ高いV系連中に是非とも
見習って頂きたいバンドだと言えそうだな・・・!?




オフィシャルで見てみる





満足度 76% お気に入り曲 Let you shout  Brand New World







"BLANK FOLDER"




日本のヴィジュアル系風メロディックメタルバンドの2ndデモ。


九州は福岡で活動しているバンドで、1stデモの前作は適度にモダンなへヴィさ
導入しつつ極めてキャッチーなメロディーを配したヴィジュアル系要素の強い
HM/HRサウンド
を展開しており確かな演奏スキルやセンス、コストパフォーマンスの
素晴らしさ
等で感心させてくれた・・・!そして続く本作もやはりデモだが全6曲入りで
500円
という破格の値段ながらそのクオリティーは高く音楽面では前作の
流れを汲みつつもよりメロパワ、メロスピ要素が増強されておりポップなV系要素よりも
メタリックさ、ヘヴィさが増しより我々好みの方向性を向いてくれた仕上がりとなっておる!

1曲目はモダンさのあるリフ、リードギターで始まりベースも相当目立ちまくる
疾走アニソン的キャッチーさを見せつつもかなり勇壮なメロディーが聴ける
ファストチューンだ!ギターソロもドラマティックな展開を見せておるのう・・・!
2曲目はクワイア系シンセで幕を開けメロスピ色濃いギターフレーズが聴け
モダンなリフと共に勢い良く疾走!ヘヴィさがある点を除いてはかなりGALNERYUSに
近い曲調
となっておりソロ等ギターフレーズもまさにそんな感じである!ラストは
分厚さのあるコーラスが聴け勇壮なムードを放ちギターも流麗なソロを見せ
実にハイレベルな曲に仕上がっているな・・・!3曲目はシリアスで怪し気な
空気
を見せるミドルテンポだがサビはアップテンポになりフックあるメロディーを
歌い上げているぞ!
4曲目は打ち込み風ドラムに始まりどこかインダストリアルな
質感
を見せる無機質なバンドサウンドが聴けヴォーカルはいかにもV系な要素のある
ミドルテンポ曲。5曲目は淡々としたムードを見せつつもモダンさのあるヘヴィな
リフ
が聴けるパワーバラード的なスロー曲。ギターソロはやはり流麗なテクニカルさ
あるのう・・・!6曲目はクリーンギターに始まりモダンなリフ、ピロピロと舞う
リードギター
シンセが聴け疾走するもAメロ以降はミドルテンポになりつつ日本人らしい
フックを持ったメロディー
が聴けV系、J-POPタイプのキャッチーさが強いのう・・・!
サビもミドルテンポのままでせめてそこは疾走してもらいたかったなぁ・・・!


モダンなリフ、確かなテクニックを見せつつもポップさ、キャッチーさのある
王道ヴィジュアル系寄りのスタイルがメインだった前作と比べてメロパワ、メロスピに
接近しており
メロディーラインもキャッチーさ、フックはそのままによりシリアスに
なっており
良質だった1stよりもメタラー好みのスタイルにシフトしており嬉しい
傾向
だと言えよう・・・!現状でもデモとは思えぬクオリティーの高さがあるが
さらにレベルアップした姿でフルレンスアルバムを是非とも聴きたいわい!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 Credit  Garden of Vengeance







"Arising for the faith"




日本のヴィジュアル系風メロディックメタルバンドの1stシングル。


過去に2枚のデモをリリースし、デモらしいコストパフォーマンスデモらしからぬ
クオリティーの高さ
で名を挙げた国産メロディックメタルバンドによる、デモでは無い
正式な初の音源である!
本作は3曲入りのシングルとなっており音楽的には2ndデモ
流れを汲んだ、脱ポップV系した本格派の正統派メロディックパワーメタルをさらに突き詰めており
演奏のタイトさ、勢いが半端では無く楽曲の質もすこぶる高く、ヴォーカルの
声質の影響かGALNERYUSに近いムードを感じさせるのう・・・!

1曲目はドラムで幕を開け正統派パワーメタル然としたストロングなリフが聴け
バックにシンセを配しつつハイトーンVoと共に疾走開始!ヴォーカルこそまだ
V系っぽさが残っているが
同時に相当にYAMA-B氏に近い声質をしており曲調も
ストレートなGALNERYUSと言えそうな感じだな・・・!ギタープレイもソロのみならず
オブリやツインリード等聴き所満載である!
2曲目はポジティヴさを増しつつも
疾走感はさらに高まりリードギターはXに通じるムードもあるぞ!ギターリフは
パワフルな印象モダンさも微かに見られサビは実に劇的じゃのう・・・!
ギターソロも熱くツインリードもたまらんわい!
3曲目は分厚いコーラスで幕を開け
キャッチーさを放ち疾走!ハイトーンVoの声質は龍5150の龍氏に近い感じか!?
テンポは早い
モダンなヘヴィリフも部分的に顔を出しアクセントになっているな。
サビは再び分厚いクワイア的コーラスで熱く盛り上がるぞ!中盤のインストパートは
プログレメタル然としたテクニカルさ
を見せておりこの辺もいい意味でGALNERYUSに
近い感じだな・・・!
その後のギターソロもまたメロディアスで良いのう・・・!


1stデモのような半端なV系要素は消滅、メタラーが泣いて喜ぶ王道を行く正統派の
メロパワスタイル
を見せており演奏も相当にタイトでよくあるB級メロスピと異なり、
正統派パワーメタルが根底にあるのでパワフルさ、ストロングさもしかとあり
リフもカッコいいのう・・・!まさしくポストGALNERYUS最右翼バンド!
今後の活動がさらに楽しみになってくるわい!





オフィシャルで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 全部







"Birthplace of Emperor"




日本のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


これまでに2枚のデモと1枚のシングルをリリース、1stデモは実力こそ感じさせるものの
売れ線タイプのヴィジュアル系要素が強く、首を傾げたい箇所も目立っていたんだが
その後は脱V系を計り我々好みの本格派メロディックパワーメタルに進化、GALNERYUSを
髣髴とさせるタイトでテクニカルなサウンドを披露し喜ばせてくれた・・・!
そして本作は
ようやくのリリースと相成った待望のフルレンスアルバムであり、その音楽性たるや
何の迷いも無いメロパワ、メロスピそのもの!ちょいとばかしV系っぽい事やってた過去を
葬り去らんとする
かの如くテクニカルでタイト、派手で壮麗なクサさを撒き散らし疾走しまくる
B級では無い高水準のメロディックパワーメタルがこれでもかと言わんばかりに詰め込まれておる!

1曲目は壮大なシンフォニックさを放つイントロで、2曲目は出だしからパワフルな勢い
感じさせシンセも交えつつ疾走!いかにもメロスピポジティヴさ漂うツインリードも
早速炸裂し、
ヴォーカルは結構落ち着きも見せているがコーラスは分厚くサビはハイトーンで
確かな歌唱力
を披露しているぞ!ギターソロも流麗テクニカルかつ構築美があり
ポジティヴなツインリード
も再登場する!3曲目は流石に近代バンドだからか(?)モダンな要素も詰め込まれており、
ダークな印象
を放ちヴォーカルは曲調に合わせちょいとV系っぽい歌い回しも披露、摩天楼オペラに近い
雰囲気
もあるだろうか!?サビはまた分厚いコーラスキャッチーさを放ちギターソロは泣きのプレイである。
4曲目は前シングルに収録されていた曲で、ハイトーンと共に疾走するストレートなメロパワとなっており
リフの刻みも印象的で、ギターソロがまた凄まじく劇的でたまらんなぁ・・・!5曲目もまた前シングル収録曲
これまた疾走メロスピチューンとなっており、ギターも自己主張しまくりモダンな側面も見せ
サビがまた凄まじく劇的でクサいぞ!これまたギターソロも構築されまくりテクニカルさと共に
クサメロを連発
しており実に素晴らしいのう・・・!6曲目はクラシカルなチェンバロ、ストリングスシンセ
泣きのギターが登場、いい意味でGALNERYUSっぽいエモーションを感じさせそのままクサく疾走!
ポジティヴなキャッチーさ
も感じさせギターリフもちょいとジャーマンっぽい部分があるだろうか!?
サビがまた相当にクサくて良いなぁ・・・!ラストのギターもクサメタラーであれば粗相をしてしまうレベルである!
7曲目はクワイア風のシンセホーリーなムードを演出、そのままGALNERYUSライクなクサいギターが聴けつつ
モダンなヘヴィリフも顔を出し疾走!シンセはシンフォニックかつ怪しげな空気を醸し出し、サビがまた
分厚いコーラスクサく勇壮なメロディーを歌い上げるぞ!中盤の怪しげな展開、続く構築美溢れる
ギターソロ
がまた聴き所だな・・・!8曲目もまたモダン寄りのリフが聴けるも、その後はメロパワ、メロスピらしい
クッサイリードギターが聴け疾走!
ただAメロは急にマイルドで淡々としたスローテンポになるんだが
その後は再び疾走!ポジティヴな明るめのメロスピと言った所だろうか・・・!インストパートはプログレメタル寄りの
テクニカルなアンサンブル
となりこういう部分もまたGALNERYUS譲りだな。9曲目は前シングル収録曲で、コーラス部分で
GUNBRIDGEのYAMA-B氏AZRAELのAkira氏がゲスト参加し厚さを増しておりテクニカルかつジャーマンライクな
アンサンブル
勇壮に疾走するぞ!インストパートはモダンさのあるプログレメタル系の
テクニカルさ
を見せ、ダーティーになりつつもギターソロが流麗ポジティヴなツインリード
顔を出すのう・・・!10曲目はピアノマイルドなヴォーカルが乗り、バンドサウンドも穏やかに盛り上がる
本作初のスローテンポのバラード
である。こういう歌い方はかなりYAMA-B氏に似ているな・・・!


前評判通りのハイレベルさを見せ付けており、GALNERYUSライクなテクニカルさ、タイトさを持った
高水準のメロディックパワーメタルを存分に堪能出来る壮絶な1枚に仕上がっておる!
ヴォーカルのしゃくり上げビブラートV系っぽさが残っているも、ハイトーンもかなりのもので
歌唱力は相当に高く安心して聴けるのが良いな!B級クサメタルと異なりギターリフがしかと
存在しており、
ギターソロもテクニカルで流麗な中に構築された劇的さがありクサいフレーズを
バンバン連発しておる!
ここ最近国産バンドエクストリームメタル系が主流となりつつあるが、
メロパワ、メロスピ勢もまだまだ負けてはおらん!若手ながら既に完成されたクオリティーを誇る超実力派だと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system