Foreground Eclipse







"Each And Every Word Leaves Me Here Alone"




日本のエモコア、スクリーモバンド/プロジェクトによる3rdアルバム。


東方アレンジ/カヴァーをメインとしているバンドというかプロジェクトで、音楽的には
エモ/スクリーモのスタイルとなっているがよくあるプラスティックみたいな無機質さ
丸出しのペラペラな音質
ではなく十分にメタリックで、デジタルサウンド、トランス系の
ピコピコしたシンセ
も多用されているがメタルコア、メロデス系が多数を占める
シーン
にあって違和感無く溶け込んでいると言えよう・・・!また本作は大きな特徴として
東方のみならずそれ以外のカヴァーやオリジナル曲も僅かではあるが収録されている!
一昔前・・・まだ東方が今ほど調子付く前はこういう抱き合わせ結構あったなぁ(爆)。

1曲目はピアノに始まりデジタルリズムも顔を出しトランス化、早速の予想外サウンドが
炸裂するイントロ
だが続く2曲目はシンセはそのままにバンドサウンド、絶叫シャウト
顔を出しスクリーモではあるが結構メタリックなへヴィさもありやはりメタルコアに
近い要素
もあるか!?クリーンVoは女性でアニソン、J-POP的な声質なんだがシャウト
高音系でアグレッシヴで熱く説得力があるぞ!3曲目はこれまたゴリゴリにへヴィなリフ、
シャウトと共に疾走開始!
実にアグレッシヴでパワフルだが女性Voパートは妙にダンサブルで
ポップなムード
もありその違和感が持ち味なのだろうがどうにも軽薄に感じられるか!?
4曲目もへヴィなバンドサウンドが聴けのっけからビートダウンが炸裂するもその後は
妙に軽快なリズムパンク、メロコア的な音作りになるのう・・・!5曲目もバンドサウンドは
ハードさ
があるが基本はポップで穏やかな女性Voメインの曲だが中盤以降はカオティックコア
通じるへヴィでアグレッシヴなパートが聴けるぞ!6曲目はへヴィリフにどこか怪しげな
ギター、シンセ
が乗り絶叫も顔を出しトランスとメタルコアの融合と言えそうな
ムードを放っているな・・・!7曲目は非東方となっておりピアノに始まり退廃的なムードを
漂わせるギター
が聴けるバラード系の曲。メロディーが結構歌謡曲的な感じで良いな。
8曲目はオリジナル曲ローファイサウンドからポップで明るい軽薄で
ミーハーなパンクサウンド
になるがその後は絶叫シャウトも顔を出しへヴィな
ビートダウン
も聴けるが全体的にチャラいトランス要素も強いなぁ・・・!ギターソロはテクニカルな
トリッキーさ
を見せリズムも変拍子だ!9曲目もオリジナルでこっちはモダンなメタルコア要素の強い
本格的なサウンド
を見せるもやはりトランス系のシンセが目立っており女性Voも顔を出すぞ。
10曲目はシークレット曲だがビッチ臭プンプンの青春ガールズポップパンク
申し訳ないが聴いてて不愉快だ・・・!ビッチは大嫌いなんでな(爆)。


エモ、スクリーモと言いつつそのバンドサウンドは十分なメタルコア具合を見せており
ギター、ベースのみならずドラムも全て生であるが故かプロダクションもかなり良く
へヴィでタイトなバンドサウンド、高音絶叫主体のデスVo
実に強烈
説得力に満ちたパワフルさを見せているがアニソン色濃い女性Voによる
ポップパートが個人的にはあざとい媚びが感じられてどうにも好きになれんなぁ・・・!
轟音ファクトリーもこういうゴリゴリのデスメタルサウンドポップパート
融合させているがあっちが初期ムック的な歌謡曲要素を見せておりクサメタラーが喜ぶ
スタイル
になっているのに対しこっちは軟弱で軽薄なガールズポップパンク
なり下がってしまっておりメタラーの好みとは遠くかけ離れてしまっているのだ!
メタルコア、エクストリームメタルパート
のみ抜き出して聴けば最高なだけに
個々の好みの違いではあるが実に惜しい所じゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Destruction







もどる


inserted by FC2 system