Fixer







"Dawn"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによる1stシングル。


前にタレコミで存在を知ったバンドで、どうやらReivieЯの元シンガーによって
新たに結成されたバンドらしい・・・!ReivieЯはうちでもレビューしているが、
モロにDIR EN GREYの劣化コピーな感じで、
やりたい事は判るが全ての技量がまるで
追いついていない、
まぁよくある愛すべきB級V系メタルだったんだがこっちは
一体全体どうしたのか一気にレベルアップしており、演奏もタイトで普通に今風の
デジタル音入りメタルコア、ポストハードコア系のサウンド
を披露、ヴォーカルも
デス、クリーン共にかなり進化しておりこの手のV系メタルコア勢の中でも
頭一つ抜きん出ている印象があるぞ!

もろトランスなイントロの1曲目に続く2曲目はエレクトロニカシンセ入りの
ヘヴィでタイトな今風メタルコア、ポストハードコアなサウンドとなり、クリーンVoで
ようやくヴィジュアル系と認識出来るレベルじゃのう・・・!3曲目はストロングで
パワフルな疾走感
を放ち、スクリームグロウル等堂に入っておりそれでいて
己がDIR EN GREYの京に影響を受けまくっているのを体現するかのような
ホイッスルボイスも炸裂するぞ!4曲目もまたデジタル要素が目立っており、
売れ線色濃いJ-POP系のキャッチーなクリーンVoも多用されるが、
中盤はグロウルも聴け気合いの入ったストロングさを見せてくれるな・・・!


いかにもV系なクリーンVoが出てくるまでは普通に今風メタルコア説得力ある
サウンド
を展開しており、プロダクションも演奏も普通にHM/HRレベル
ReivieЯ時代はやりたい事に力量が追いついていない感のあったヴォーカルも
かなり巧くなっており驚きである!まぁクリーンVoは平均的なV系レベルなんだが
前がショボかったからなぁ・・・!(爆)音楽的にもぶっちゃけよくある今風の
エレクトロニカ要素入りメタルコア/ポストハードコア
で、サビもありがちな
キャッチー系
真新しさは皆無なれど、どこかしらショボい部分が残っているV系
ここまで本格的なサウンドを出しているのは高く評価出来るのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 深淵







"END of STASIS"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによる2ndシングル。


元ReivieЯのヴォーカルによって結成されたバンドで、ReivieЯの頃はショボさ漂う
DIR EN GREYフォロワーのB級バンド
だったんだが、こっちではドーピングでもキメたのか
かつてのショボさが微塵も見られない、説得力に満ち溢れたエレクトロニカ要素入りの
今風メタルコア、ポストハードコア系サウンド
を堂々と披露!知名度はまだまだ無いんだが
クオリティー的にはNOCTURNAL BLOODLUSTに続く逸材バンドと言えるであろう
実力派である!本作は2作目のシングルで、音楽的には前作と何ら変わらない
エレクトロニカ要素入りV系メタルコア/ポストハードコア
で、前作の時点で既に
完成度が高かったため特に変わり映えはしないんだが、ヴィジュアル系への偏見を
取り払ってくれる質の高さがあるな・・・!


1曲目はデジタル音に始まりヘヴィなバンドサウンドも聴けグロウルと共に疾走!
クリーンVoもV系としては高いレベル重苦しいアグレッションもしかと出ており、
後半は穏やかなパートになるぞ。2曲目もデジタル要素入りのヘヴィチューン
ピコピコしながらも爆走!中盤はブレイクダウンピッグスクィールも聴ける辺り
今風だな。3曲目は怪しげなピアノが聴け、ヘヴィながら淡々とした面があり
後半のアグレッシヴなパートはNOCTURNAL BLOODLUSTに何ら
引けをとってはおらん
のう・・・!


音楽的にはいかにも今風なデジタル要素入りメタルコア、ポストハードコアタイプ
ヴィジュアル系メタル真新しさは無いんだが、NOCTURNAL BLOODLUST同様全パートの
質が高くあっちに続く新手として十分に通用するのう・・・!まぁ個人的にはやはり
曲自体がよくあるタイプで、ヴォーカルメロもありがちなJ-POP風のキャッチーな
感じ
なのがイマイチハマり切れない所なんだが、レベルの高さは認めたい所である!
これ以上チャラくなっちまうと流石にキツいので、本作くらいの位置を
キープして頂きたい所じゃて・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Decaying Beauty







"Fixer"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによる1stアルバム。


DIR EN GREYフォロワーのB級バンドに過ぎなかったReivieЯの
元メンバー
が新たに結成したバンドで、結成当時から前身バンドとは
比べ物にならない程の進化
を遂げており一部の人間を驚かせた
期待の新人バンドであった・・・!オフィシャルで聴けるライヴ映像
見る限りではライヴだとまだまだ未熟な部分が残っていたが、少なくとも
音源に関してはVoが巧く、クリーン、グロウル、スクリーム共に
レベルが高く、演奏も音質も高水準な仕上がりを見せる無名の実力派である!
本作はシングルに続く待望の1stアルバムで、音楽的にはデジタル音
目立ちつつも近代的なV系メタルコアとなっており、NOCTURNAL BLOODLUST、
DEVILOOF
のようなデスコアと比べると大分ポップ、キャッチー路線であるが
クオリティーでは劣っていないぞ!

1曲目はデジタルサウンドによるイントロで、2曲目はピコピコしつつも
グロウル、クリーンVoが聴けるメタルコア然としたシングル曲で、
3曲目もメタルコア的な疾走感が見られるシングル曲で、ガテラルだけが
弱い
もののそれ以外のVoは良いな。4曲目もピコピコ音が目立っているが
メタルコア要素もしかとあるミドル曲。5曲目はキャッチー路線だが
今風と言うよりは一昔前のV系っぽさが強いシングル曲。6曲目はシリアスな
ヘヴィ路線
デジタル音も聴け疾走、7曲目もデジタル音が目立ち
疾走感と共にキャッチーさを見せ、中盤でブレイクダウンが顔を出すぞ。
8曲目もデジタルシンセが目立ちつつメタルコア要素が強いな。
9曲目はオシャレEDM要素の強い繋ぎで、10曲目もまたデジタル音を交え疾走、
サビはポップな穏やかさがあり、かなり昔ながらのV系しているな・・・!
11曲目はノリの良いヘヴィ路線だが疾走感、V系らしさも強く12曲目はベースが
スラップを披露、怪しげなヘヴィさが見られ13曲目はストレートな勢いを放ち
クリーンVo主体のV系メタルコアだな。14曲目はDIR EN GREYからの影響が
本作中最も滲み出たヘヴィな疾走チューンだ!ラストでブレイクダウンになるが、
ガテラルは弱弱しくそこが惜しいな。


DIR EN GREYフォロワーからデジタルサウンド入りの本格メタルコアに
成長した、無名ながら知る人ぞ知る実力派バンドで、デジタル音や
クリーンVoが邪魔に感じられるリスナーも多いだろうが、歌唱力が高く
V系にありがちナヨナヨした変な癖も薄く聴き易く、サビもよくある
チャラさよりも一昔前のV系に通じるキャッチーさなんで嫌悪感無く
聴ける
かもな・・・!まぁこれ以上今風になると流石に厳しいだろうし、V系と言う事で
セルアウトの危険性もあるが本作の時点ではなかなかに楽しめるだろう!
半数がシングル曲なのがやはりV系なのだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 深淵  believe  故動 -silence of the void-







"Fixer II"




日本のヴィジュアル系メタルコアバンドによる2ndアルバム。


ピコピコしたデジタル音入りの近代的メタルコアでありつつも
一昔前のV系に通じる、チャラさ、嫌味の薄いキャッチーさを見せ、
タイトなサウンドを聴かせてくれる実力派バンドによる通産2作目の
フルアルバムである!どうやらV系のお約束に従い本作の後にベスト盤
出して解散
という道を進んだようだが、本作の方向性としては前作の流れを
踏襲しつつインダストリアルだったり、穏やかなバラードになったり
メロコアっぽい曲があったりと良く言えば幅広く、悪く言えば
散漫になった
印象があるな・・・!

1曲目はインダストリアル風味あるイントロで、2曲目はヘヴィかつデジタルな
音作りが一体化した印象があり、サビはポップ路線だな。3曲目はノリの良い
ヘヴィさ
が見られ、一昔前のV系なキャッチーさを見せる
サビが目立っているな・・・!4曲目は細かいギターが聴け軽快さを放つ
ヘヴィな疾走チューン
だ。5曲目は怪しいヘヴィ路線で、今度は一昔前の
「Dir en grey」っぽさがあるミドル曲となり、6曲目もどことなくDIR感が漂う
ヘヴィ要素入り
のマイルドなバラード。サビはポップ、キャッチー路線だな。
7曲目はポップさを放つこれまた穏やかさのあるバラード。8曲目もかなり
マイルドなポップ路線で、サビになると疾走しメロコア風になるのう・・・!
9曲目はノイジーなヘヴィリフで疾走感も見られつつクリーンVo主体
やはりポップさが強いな。10曲目は久々にグロウル、スクリーム
勢い良く疾走するメタルコア路線に回帰するぞ!11曲目はヘヴィかつノリの良さ
キャッチーさを放っており、12曲目はアンビエントなシンセ等が聴ける
穏やかなバラードだ。13曲目はデジタルシンセが目立ち、ハードではあるが
やはり穏やかさも見られるのう・・・!14曲目はデジタル音、ヘヴィリフ
ノリの良さを放ちつつミドルテンポで展開、リズムにチャラさがあるだろうか!?
15曲目もヘヴィかつノリの良い曲で、疾走感もありベースもスラップ
主張しているな。16曲目はヘヴィリフがグルーヴィーさを放つ、一昔前の
ラウド路線
な楽曲だな。


一昔前のV系に近いキャッチーさ、デジタルサウンドを内包した
近代的V系メタルコアという方向性を踏襲しているが、
アルバム中盤で穏やかな非HM/HRバラードが続いた上に
メロコア路線な曲まであったりとなかなかに散漫さもあるだろうか・・・!?
クリーンVoが大分増えグロウル、スクリームが減退したのも痛いな!
ポップさに嫌味が無いのは素直に凄いと思うが、やはり本心を言えば
好みの路線では無いし、楽曲的にも驚きが少なく悪くは無いが
それ程でも無い、まぁまぁ無難な方向に収まっているのが
惜しいと言えば惜しいだろうか・・・!曲数が多くダレるのも
改善すべき点だが、もう解散しているからなぁ・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 MaercS  ニグレド







もどる


inserted by FC2 system