FURY OF FEAR







"CREST"




日本の様式美/メロディックパワーメタルバンドによるミニアルバム。


先日ライヴを観て興味を持ったバンドで、ライヴではサポートメンバーを入れているらしいが
今の所はギタリストとシンガーのみの2人しかメンバーがいないらしい・・・!本作は彼らの
最新ミニアルバムで、過去にフルアルバム、シングルをそれぞれ1枚ずつリリースしているようで、
音楽的にはイングヴェイ直系のネオクラ様式美スタイルのギターANTHEM、
さかもとえいぞうスタイルのヴォーカル
が乗るというもので、シンセも使われつつネオクラシカルな
ギターワーク
ハイトーンVoジャパメタらしさを放っているのう・・・!

1曲目はシンセ、ピアノ打ち込みリズム、泣きのギターも聴けるイントロで、続く2曲目は早速の
様式美臭漂うオルガン
と共にギターが登場、自主制作のため流石に音は悪いがキラキラシンセと共に
ネオクラシカルなギター
が自己主張しメロパワ的に疾走!ヴォーカルはまだ線の細さを感じさせるが
ジャパニーズメタルらしい様式美ムードがあるのう・・・!ギター、シンセのソロも聴き所で
ネオクラらしいバトル
である!ラストは泣きのギターが聴けるぞ。3曲目はさかもとえいぞう氏に
接近したようなヴォーカルワーク
が聴ける正統派寄りのキャッチーな曲で、楽曲面でも
かなりANTHEMっぽい面があるぞ!4曲目もまたANTHEM寄りなノリを醸し出すワイルドなHM/HRとなるが、
リフはどこかLOUDNESSの“CRAZY NIGHTS”っぽいだろうか!?5曲目はシンセが登場し再び様式美メタルに接近するが、
ヴォーカルライン等はいかにも昔ながらの歌謡ジャパメタ風じゃのう・・・!6曲目はキラキラシンセ、ギターが
ネオクラシカル色を放ち疾走!
ギター、シンセソロがまたネオクラシカルなユニゾンを披露しており
実に俺好みである!7曲目はシークレット扱いのようで、ギターとシンセがこれまた様式美ムードを放った後に
泣きのリードギターエモーションを放つインストとなるぞ。


自主制作のため音質は悪くドラム、シンセ等打ち込みだしヴォーカルもまだ弱く不安定で、
もうちょいメロディーにフックが欲しい所だが、ANTHEMっぽいヴォーカルワーク
ネオクラシカルなギター、キラキラシンセが舞いジャパニーズメタルらしい
様式美ムード
を演出、同時にライヴを拝んだUNDHIFEAT同様今風な要素が微塵も見られない、
いい意味で昔ながらの古き良きジャパメタである!イマドキらしいエクストリームメタルも良いが
こういうオーソドックスなHM/HRもまた良いのう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 74% お気に入り曲 Twilight  Hunger Never Filled







"Fury of Fear"




日本のネオクラシカル様式美HM/HRバンドによる1stアルバム。


ケリー・サイモン氏の弟子というギタリストとさかもとえいぞう氏に
絶大な影響を受けたシンガー
によって結成されたバンドで、基本的には
2ピースらしくライヴではサポートメンバーを擁しているようだ。
LOUD PARK 2016に出場した経歴
を持つバンドで、過去に自主制作で
シングルやリメイク盤等をリリース
しており、本作が最初の正式な
フルアルバム
となっている。音楽的にはイマドキ珍しくストレートな、
王道路線のネオクラシカル様式美
を踏襲しており、やはり本作も
音は悪いしドラムも打ち込みのようだが、昔ながらのネオクラ好きには
嬉しいサウンドを聴かせてくれるな・・・!ちなみに歌詞は日本語である。

1曲目はキラキラシンセ、なかなかにハードなギターが聴けるイントロで、
2曲目は様式美フレーズ、加工Voに始まり疾走感あるネオクラメタルとなり、
モロに様式美な中盤のギター、チェンバロ系シンセが嬉しいな・・・!3曲目はキャッチー寄りな感じで
リフ重視のノリの良さを演出、4曲目はまんま“Spotlight Kid”なハモンドが
顔を出すRAINBOW要素の強い疾走曲で、ネオクラシカルなギター、シンセも聴けるぞ!
5曲目はアコギに始まるバラード系で、VoラインはJ-POP風と言えなくも無いだろうか!?
6曲目は淡々としつつミステリアスな感じで、ギターソロが聴き所だな。7曲目はハードで
ワイルドなノリが見られるアップテンポ
となり、8曲目はチェンバロ系シンセ
終始目立ちつつも曲調はキャッチー寄りな感じだな。9曲目はシンセも目立った様式美要素のある
スロー曲で、中盤のネオクラシカルなセクションが良いな・・・!10曲目は前時代的な空気が漂う
スロー曲となり、ギターソロ等キャッチーさがあるぞ。11曲目はチェンバロ、ギターがユニゾンし
疾走する、待ってましたのネオクラ様式美チューンで、12曲目はハモンド入りでハードさのある
軽快なアップテンポだな。13曲目はジャパメタ臭強い(垢抜けないとも言う)キャッチーさが漂う
アップテンポで、14曲目はマイルドなバラード路線となり、日本語詩という事もあり
J-POP感があるな。アコギソロはクラシカルで良いが・・・!15曲目はメロパワ、
メロスピに接近したクサさ
を放つ疾走チューンだが、Aメロで失速するのが惜しいな。


時にRAINBOW要素も見られる王道路線のネオクラシカル様式美で、
今風な要素は勿論、メロパワ、メロスピ要素すらも薄い、まさしく昔ながらの
ネオクラ
流行を完全に無視したサウンドが実に嬉しいな・・・!とは言え本作も
自主制作なのかドラムは打ち込みで音は悪く、Voもどうにも線が細い感じで
メロディーもやや物足りず、
痒い所に手が届かないもどかしさがあるのう・・・!
曲数が多過ぎるのも散漫な印象を生み出してしまっているかも知れんな。路線としては
100%正しい
んで、もっと洗練させて頂きたい所である!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 77% お気に入り曲 Unleash The Fury  Kill Me To Awake
Time Of The Rust  Look For The Freedom







もどる


inserted by FC2 system