FREE FROM SIN







"Free From Sin"




スウェーデン出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


MANDRAKE ROOT、220 VOLT、BLACKSMITH、GRAND ILLUSIONから
FLOWER KINGS等のメンバーによって2009年に結成されたバンドによる
デビューアルバムで、音楽的にはまさしくDEEP PURPLE、RAINBOW等の
様式美HR
ジャーマン寄りのパワーメタル化させたかのようなスタイルで、
ハモンド、ムーグも目立ち部分的にそのまんまな拝借フレーズも登場、
プロダクションは荒さがあり、Voはやけにナヨっとしたオネェ風の癖が強い
ハイトーン
で、細さこそ無いものの好き嫌い分かれるだろうな・・・!

1曲目はSE、エキゾチックなシンセ、ギター怪しさを演出するイントロで、
2曲目はジャーマン的なバンドサウンドにハモンドが乗り疾走!RAINBOWを
パワーメタル化した
ような曲で、中盤のギター、ハモンドソロはまんま
“Kill the King”だ!3曲目はエキゾチックさが見られる怪しいスロー曲。
DEEP PURPLE好き
としては美味しい曲だな。4曲目はイングヴェイ以降の
ネオクラシカル様式美要素
も感じさせるアップテンポだな。5曲目はシンセを交えつつ
力強さのあるエキゾチックなミドル曲。6曲目は昔ながらの70年代HRなノリが見られる
アップテンポで、クラシカルなギター、シンセも聴けるぞ。7曲目はハモンドが聴けつつ
淡々としたミドル曲のメロハー路線。8曲目は再び中東風のミドル、スロー曲となり、
9曲目はイングヴェイとDEEP PURPLE、RAINBOWの折衷と言えそうな
様式美疾走チューンだ!10曲目は泣きのギターが哀愁を漂わせるインストである。


ジャーマン的なパワーメタル要素も見られつつ、RAINBOWDEEP PURPLEのような
ハモンド、ムーグ入り70年代様式美HRをそのまんま踏襲している今時珍しいバンドで、
エキゾチックな怪しさが漂い、部分的にイングヴェイ以降のネオクラ要素も見られるが
基本的には昔ながらのハモンド系様式美となっており、それ故疾走曲のみならず
ミドル、スロー曲も実にドラマティックで高品質である!Voは上記したよう独特の
怪しく胡散臭いしゃくり上げ
が目立ち、好き嫌いは分かれるだろうが決してチープな
ヘナチョコ系
では無く、部分的にピッチが危ういものの聴いていれば慣れるだろうか!?
まぁそれでもやはりロニータイプの強力なVoが欲しくなるんだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 84% お気に入り曲 Evershine  Believer
Dreamstealer  Temple Of Fear







もどる


inserted by FC2 system