FRAMEWORK







"Celebration"




日本のサックス入りプログレメタルバンドによるミニアルバム。


今はソロプロジェクトのKRISTALLEN HEIL名義で活動する、女性サックス奏者による
前身バンド
で、音楽的にはインストのプログレッシヴメタルサックスを融合すると言う
他に例を見ない独特のサウンドを披露しており、まぁ正直言ってメタル・・・ロックと
サックスの相性はあまり宜しく無く、
俺を含めてサックスの音色を好まないリスナーも
数多くいる
だろうが(爆)形骸化されて久しいHM/HRシーンにおいてこういう先進的な
試みを見せるミュージシャンは貴重である!


1曲目はメタリックなギターストリングスシンセが顔を出しどこか勇壮で
シンフォニックな印象を放つプログレメタルサウンド
になるも、そこに
エキゾチックなフレーズを披露するサックスが顔を出しリフワークはちょいと
モダン寄りなへヴィさを見せているな・・・!その後は遊園地ライクなムードも
演出されるぞ。
2曲目はアコギ、ベースフルートが顔を出す穏やかで叙情的な曲。
やはりサックスよりフルートの音色のほうが好みだな(爆)。その後はモダンな
へヴィさを放つギター
ストリングスシンセが登場、サックスも顔を出すが
全体的に叙情プログレ要素が強いぞ!3曲目はチープなデジタル風シンセトーキング風の
ワウみたいな音色
が顔を出し、その後はサックスとシンセ淡々としたムードを演出、
さらに妙なリズミカルさと共に怪しげな変態プログレ要素も見せ始めるのう・・・!
4曲目もまたサックスに加えメタルサウンド、シンセプログレ要素
強烈に醸し出すテクニカルな楽曲である!


のちのKRISTALLEN HEILと比べるとサックスのみならずフルートが使われていたり、
ギターリフがモダン寄りのへヴィさ
を放っていたりしており、キャッチーさでは
KRISTALLEN HEILのほうが上
かも知れんがアヴァンギャルド要素があるのはこっちのほうか!?
音楽的に大きな違いは無いが、こっちのほうが変態的なフリーキーさがより目立っており
サックスの音色がマッチしている印象があるな・・・!風変わりなサウンドを聴いてみたい
プログレッシャー
であれば楽しめるであろう!






満足度 72% お気に入り曲 PEACE OF THE WOODS  古典電子楽







もどる


inserted by FC2 system