FRACTURED SPINE







"Songs of Slumber"




フィンランド出身のゴシックメタルバンドによる1stアルバム。


HM/HR大国フィンランドから登場した新人バンドが2013年にリリースした1stで、
音楽的にはよくあるフィメールシンフォニック系では無い、男Voのオーソドックスな
正統派のゴシックメタル
となっており、北欧らしいメランコリックな冷たい情感を宿し
スローテンポで淡々と展開、メロディックデスに通じる要素もあるが、そういうタイプの
慟哭と言うよりはやはりゴシックメタルらしい退廃した情緒が強い感じだな・・・!
ただしプロダクションは相当にスカスカでチープさが強く、クリーンVoがかなり音痴で
ピッチがズレまくり
なのが厳しいのう・・・!

1曲目は物悲しさ満点のオルゴール、ピアノによるイントロで、2曲目はテープ逆回転で
幕を開けスカスカなバンドサウンドが登場、クリーンVoはかなり稚拙だが、ゴシックメタルらしい
メランコリックさ
は強くグロウルも聴けるぞ。3曲目はピアノがかなり物悲しく美麗で
泣きのギター
も登場、4曲目はグロウルが目立つが、淡々とした空気が強く
中盤で何とブラスト速弾きギターソロが登場!5曲目は穏やかなアコギに始まり
微妙なクリーンVo、イマイチな喚きデスVoが交わり猥雑に展開、
メロウな面も顔を出すのう・・・!6曲目は短い繋ぎで、7曲目はドゥームメタル要素が押し出された
重苦しいスロー曲
だが、プロダクションがスカスカで説得力が無いのが残念じゃわい!
8曲目はドラムが爆走するも、アコースティックな叙情性が目立ちノイジーさのある
バンドサウンドも登場、9曲目はメロウなギター、グロウルが聴け物悲しさを演出する
王道ゴシックメタル路線
で、10曲目は淡々としたメロウさ、暗さが見られ
ドゥーミーなスローテンポで引き摺るようなムードを放つのう・・・!


プロダクションが凄まじくスカスカでチープだったり、クリーンVoのピッチが
かなり怪しかったり
と未熟な点も多々目に付くが、楽曲自体は北欧らしい湿った
冷たい憂い
を存分に醸し出す泣きの叙情派メランコリックゴシックでなかなかに良く、
上記の欠点さえ無ければかなりいい線行くのに実に惜しいバンドである!
一応グロウル等も聴けるが、そっちもパワフルさは皆無ながらクリーンVoよりは
マシ
なんで、いっその事デスVoオンリーにしたほうが良くなるかも知れんな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 11  In the Shade







"Memoirs of a Shattered Mind"




フィンランド出身のゴシックメタルバンドによる2ndアルバム。


北欧らしい湿り気を帯びた冷たくメランコリックな正統派のゴシックメタル
なかなかに良さげなムードを放つも、プロダクションのスカスカさ稚拙なVoが
足を引っ張った、
フィンランド産バンドによる通産2作目のフルアルバムである!
基本的な方向性は前作を踏襲しているが、ドラムの疾走感、手数が増した感じで
本来スローテンポを由とするゴシックメタルにあって、ブラックメタルのような
暴虐さを放つ疾走感
も見られるのう・・・!ただプロダクション等の欠点は
あまり改善されてはおらず、
相変わらずスカスカな音質でチープな印象が強いな・・・!

1曲目は短いイントロで、2曲目はメロウなシンセに意外と疾走するドラムが聴ける
メロウなゴシックメタル
で、シュレッドソロブラストも炸裂!
3曲目はアンビエントな穏やかさに前作同様の稚拙なクリーンVoが聴け、どことなく
ニューウェイヴ的なムードが見られるのう・・・!4曲目はメロウさ満点の繋ぎで、
5曲目は神秘的なシンセが微かに聴こえる退廃したスロー曲で、
6曲目はテープ逆回転に始まりスローテンポで淡々と展開、7曲目も淡々としており、
アンビエントでありつつニューウェイヴ風味もあるか!?8曲目は呟きVoに
クリーンギター、シンセが物悲しい暗さを演出、その後はヘヴィでドゥーミーな
スローテンポ
になり、クリーンVoは微妙だがグロウルは良いな。


基本的な雰囲気は前作と変わっておらず、北欧らしいメランコリックな
情緒
を醸し出す愁いを帯びた正統派のゴシックメタルで、最大の弱点だった
プロダクションのスカスカさ、クリーンVoの稚拙さも大して改善されてはおらず
欠点がそのまま残ってしまっており厳しいんだが、一部の楽曲で
ブラストが顔を出しブラックメタルばりに爆走するパートが見られ
そこが持ち味だろうか!?とは言え前作以上に大人しく物静かな
非HM/HR系の曲も目立っている
んだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 Dead To Me







もどる


inserted by FC2 system