FOR ALL ETERNITY







"Metanoia"




オーストラリア出身のメタルコア/ポストハードコアバンドによる2ndアルバム。


オーストラリアはシドニーから登場したバンドで、本作はFacedown Recordsに移籍して
リリースされた通産2作目のアルバムとなっており、音楽的にはチャラくない程度に
挿入されたシンセ
アンビエント、アトモスフェリックな浮遊感を放ちつつ、
基本は今風のヘヴィなグルーヴ重視のメタルコア、ポストハードコア
なっており、Voもグロウルにサビでお約束のエモい高音クリーンVoが顔を出す、
まさに定番中の定番スタイルとなっておるのう・・・!

1曲目は典型的今風メタルコアでありつつ叙情的なストリングスシンセが聴ける
短いイントロで、2曲目はやはり今風のよくあるグルーヴ重視型メタルコアとなり、
途中デジタル要素が強くなるぞ。3曲目はスクリーモ寄りのライトなギター
顔を出し、クリーンVoもかなりハイトーンでそんな感じの空気があるな・・・!4曲目もまた
どちらかと言ったらスクリーモに近い印象があり、5曲目は美麗なピアノ、シンセ
グロウルが乗る短い繋ぎで、6曲目は退廃的ムードを放ちつつデジタル要素も見られ、
7曲目は軽快なノリもあり、雰囲気自体もスクリーモ寄りのポジティヴさがあるか!?
8曲目はアンビエント色濃い穏やかなバラード寄りで、9曲目はデジタル音、ピアノを交えつつ
ヘヴィなブレイクダウンも目立ったスロー曲。10曲目は穏やかなパートも交えつつ
細かいギターが聴け、明るい雰囲気も強いスクリーモ的な曲だな。


部分的にデジタルシンセを配したグルーヴ重視のヘヴィな今風メタルコア、
ポストハードコア
で、この手のバンドのお約束で何ら個性は無く聴き所も
特に無く、この手のサウンドが大好きなティーンのキッズ位しか楽しめそうに
無いんだが、クリーンVoはやけに高音が冴えており、まるでスクリーモのように
聴こえる部分がありそこが持ち味だろうか!?グロウル、スクリームもなかなかに
パワフルで好印象だが、彼等に限ってはクリーンVoメインでやったほうが
良くなるかも知れんな・・・!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 65% お気に入り曲 The Divide  Metanoia







もどる


inserted by FC2 system