FOGALORD







"Legend to Believe in"




イタリア出身のシンフォニックメタルバンドによる1stアルバム。


SYNTHPHONIA SUPREMAのメンバーが大半を占め、こっ恥ずかしい中世コスプレを披露する(爆)
イタリア産のバンドで、音楽的にはシンセがシンフォニックな勇壮さを放つエピック要素
内包したメロスピ、クサメタル音質は軽くヴォーカルも例によって線の細いヘナチョコ系だが
楽曲的にはファンタジックなエピカルさの強いマイティーなノリを放っており全体的に
垢抜けずB級でチープさも強い
クサさもしかとあるぞ!

1曲目はこの手のメタルとしては珍しくシンセがアトモスフェリックなムードを
醸し出すが
その後はクワイア系コーラス、オルガンが顔を出し勇壮さを演出する
イントロ
で、続く2曲目はホーン系シンセヴァイキング的な勇壮さを放ち
実に線の細い、ヘナチョコ系のハイトーンVoと共に疾走開始!ギターフレーズが
やはりヴァイキング、パイレーツライクなメロディーでなかなかに個性的か!?
ギターソロキラキラシンセとユニゾン様式美系の側面もあるな。3曲目はただの繋ぎのSE
4曲目はこれまたクサさを放つギターフレーズと共に疾走するメロスピ、クサメタルだ!
ヴォーカルのいっぱいいっぱい加減がいかにもB級でマニアは逆に嬉しくなるな(笑)。
ギターソロ
はまたしてもシンセとのキラキラユニゾンである!後半は叙情的になり女性Voも登場、
こういう部分もまたエピック系じゃのう!5曲目はチェンバロ系キラキラシンセ、ストリングス
幕を開けバンドサウンドホーン勇壮さを演出するマイティーなエピック色濃い
力強いミドル曲
だがヴォーカルと共に民謡的な笛の音も顔を出すぞ。6曲目はネオクラ系の
ギター、キラキラシンセのユニゾン
で幕を開けアップテンポ勇壮に展開するぞ!
バックのストリングス
もまたクサくギターソロも頑張って様式美寄りのフレーズ
聴かせてくれるのう・・・!7曲目はシンフォニックな盛り上がりを見せる雰囲気モノの繋ぎ
8曲目は淡々としつつも細かいリフで幕を開けオルガンの音色も登場、ミドルテンポで
勢いは無い
がやはりエピック的なムードはあるか!?ギターソロはこれまたネオクラ系だな。
9曲目は民謡的なアコギ泣きのリードギターが淡々とした哀愁を紡ぎ出しフィメールVoと
男Vo
も聴ける牧歌的かつ神秘的なバラード。こんな曲調でもホーン系シンセとクワイアは
実に勇壮
じゃのう・・・!10曲目は重々しいティンパニクワイア系コーラス、バグパイプ風の音色
聴けるも速攻で終わる繋ぎで11曲目はそのままミドルテンポで力強く展開する比較的シンプルな
楽曲だが12曲目は何と15分もある大作で、大仰なオーケストレーション、泣きのギターで幕を開け
勇壮さを演出、その後はキラキラシンセも顔を出し疾走開始!エピカルでシンフォニックな
大仰さ満点
で途中オーケストレーションによる壮麗なパートになり後半はまた疾走!
B級バンドほど大作をやりたがるが大体センスが追いついておらずただの
自己満足で終わってしまう
中この曲は意外とシンプルな疾走感、シンフォニックさ
重視しており普通に楽しめるのう・・・!


垢抜け無さの残るB級メロスピ、クサメタルながらエピック系の勇壮さ、ファンタジックかつ
ヴァイキング的なノリ
を持っておりシンフォニックメタル的な要素も濃いバンドで、
まぁチープではあるがマニアには嬉しいバンドだと言えよう・・・!最近のこの手のバンド
皆一様にハイクオリティーで洗練されているがその分クサさが薄いだけに2000年初頭
掃いて捨てるほどいた愛すべきB級クサメタル振りを存分に見せ付ける本作はある意味
マニア垂涎のアルバム
だと言えよう!良曲も多くこのままクサさを失わず頑張ってもらいたいのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 At The Gates Of The Silent Storm  The Fog Lord  A Legend To Believe In
Our Last Nightfall  Of War And Resurrection







もどる


inserted by FC2 system