FLESHGOD APOCALYPSE







"Oracles"




イタリア出身のシンフォニック・ブルータルデスメタル/デスコアバンドの1stアルバム。


シンフォニックメタルの国イタリアからやってきた話題のシンフォニックデスメタルバンドだ!
HOUR OF PENANCEのメンバーによる別バンドで彼等の大きな特徴は超テクニカルかつブルータル極まりない
暴虐なデスメタル、デスコアサウンドオーケストレーションを導入している部分にあり
映画のサントラを彷彿とさせるシンフォニックサウンドが他のバンドには無い独特の
個性になっている
が話題になっている2ndと比べると本作はまだオーケストラの出番は少なく
暴虐に暴れ狂うブルデス、デスコアが基本形
でそこにストリングスやホーン等が
味付け程度に乗る
といった塩梅で次作でインパクトを見せるクリーンVoの出番も無い。
演奏はブルデス、デスコアだけに超がつくほどタイトでテクニカルなアンサンブルを披露しており
特にドラムが凄まじくブラスト、バスドラ連打はかなりの速度じゃのう・・・!

1曲目は早速オーケストラによるサウンドが聴けそこに超タイトなリフ、ドラムが登場し
そしてブラストで爆走開始!実にアグレッシヴでブルータルかつ正確無比なアンサンブルが
インパクトを放ち
ヴォーカルは低音吐き捨て系のデスVoでギターはオブリも放り込み
メロディアスなリードフレーズ
も披露するぞ!そして後半でトレードマークとも言える
シンフォニックなオーケストラ
が顔を出しその後はカオティックな技巧見せるのう・・・!
2曲目もアグレッシヴかつテクニカルなデスコアでギター、ベース、ドラムにデスVoが
凶悪な暴れっぷりを見せつつもリードギターはスウィープを披露、ギターソロは
なかなかにメロディアスさを感じさせてくれるぞ!3曲目もカオティックさのある
アグレッシヴなデスコア
でデスVoはガテラルのレベルに到達しギターソロはこれまた
流麗でテクニカルさの中にメロディアスさも内包しているのう・・・!後半ではやはり
オーケストラが顔を出しワルツ的な優雅さを放っており妙に浮いているな・・・!
4曲目も凶悪なブラストで始まる爆走ブルデス、デスコアでリードギターがテクニカルに
舞い
ドラムもツーバスの速度が尋常ではない!5曲目はメロデスに通じるドラマティックさのある
トレモロギター
が大仰さを放ち珍しくスローテンポで展開する重厚な曲。途中からやはり
爆走しいつも通りの曲調になるぞ。ギターソロはネオクラシカルなムード漂うプレイで
メロディアスさがあり聴き所になっているのう・・・!6曲目はこれまたテクニカルな
暴虐性を存分に放つデスコア
でギターがピロピロ舞いソロもメロディアスだな。
7曲目はクラシカルで流麗なピアノで幕を開けそしてアグレッシヴなへヴィサウンド
登場しバスドラ連打がまるでミシンのような速度を出すぞ!リフ、デスVoは
どこか重々しいノリを見せつつもリードギターがクラシカルさのあるメロディー
奏でており2本のギターが対位法的な絡みも見せつつベースも一瞬自己主張する!8曲目は
カオティックなテクニックを見せつつ爆走!つんのめりそうな勢いを見せつつも
一糸乱れぬアンサンブルが実に凄まじくバスドラも相変わらずの高速振りである!
途中でちょいとビートダウン風のパートになりつつもお決まりのパターンにはなっていないか!?
ギターソロはトリッキーさ重視になりテクニカルさを見せ付けそして後半でなぜか
急にグレゴリオ聖歌が顔を出し
やはり唐突な感は否めないな・・・!9曲目はへヴィで
暴虐
かつノリの良さも見せギターカオティックなオブリを放り込み
ソロはツインリードでピロピロさせこれまたテクニカルさ満点のベースソロも顔を出すぞ。
10曲目はクラシカルでロマンティックな格調高いピアノが聴けるアウトロのインスト。


出世作となった2ndと比べるとまだストレートな(?)アグレッション重視のブルデス、
デスコア
と呼べる音楽性でオーケストラは曲の後半で無理矢理顔を出し曲調に
全然マッチしていない使われ方
をされており正直浮いている感は否めないのう・・・!
美麗ハイトーンを聴かせるクリーンVoもまだ無く2ndを先に聴いて本作を後追いすると
あまりにも普通な(?)デスコア振り肩透かしを食らうだろうがそれでもギターソロ
2ndに通じるテクニカルな中に流麗なメロディーセンスがあるぞ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 全部







"Agony"




イタリア出身のシンフォニック・ブルータルデスメタル/デスコアバンドの2ndアルバム。


イタリアからやってきた今話題沸騰中の超シンフォニックなブルデス/デスコアバンドの2作目のフルアルバムだ!
その音楽性はメロディックデスではない暴虐さ、アグレッションを持ったゴリゴリの
ブルデス、デスコア
でありながら大仰な事この上ない派手で壮麗なオーケストレーション
大々的に取り入れまくった超シンフォニックなアレンジを見せておる!前作はまだそこまで
オーケストラが目立っていると言うわけではなく味付け程度の使用だったが今回は
シンフォニックサウンドがメインを張っておりバンドサウンドと対等の絡みを演じ
ストリングスとホーンがメイン
となったオーケストラはクラシカルと言うよりは
映画のサントラを彷彿とさせヴォーカルは吐き捨てるようなデスVoのみならず何と前作には無かった
クリーンVoも顔を出し、しかもメタルコアのようなパンクルーツのヌルい歌唱ではなく
ちゃんとしたメタルのハイトーンを披露しておる!

1曲目は早速大仰なオーケストレーション、ソプラノVoによるスキャットが映画の
サントラのようなムード
を演出するイントロで続く2曲目はパワフルでアグレッシヴな
超高速ブラスト
と共に壮麗極まりないド派手なオーケストレーションが聴け爆走する
シンフォニックなブルデスだ!バスドラの連打が終止凄まじくヴォーカルはデスVo、
ハイトーンのクリーン
双方を使いメロディアスでエモーショナルな泣きのギターソロ
聴けるぞ!3曲目も派手なオーケストラテクニカルでアグレッシヴなバンドサウンドが
暴れ狂うシンフォニックブルデスでギターソロはやはり泣いているな・・・!後半の
オーケストラがまた美しいのう・・・!
4曲目もドラムの勢いが凄まじい大仰な
シンフォブルデス
で他の曲もそうだがただ爆走するだけではないリズムのテクニカルさ
半端ではない!ハイトーンVoも浪々と歌い上げかなりの高音だな・・・!ギターソロは
トリッキーな部分も見せベースも目立ち始めるぞ。5曲目はクラシック的ムード漂う
ストリングスリフ
と共に爆走!オーケストレーションが実にヒステリックな空気を出し
その上をブラストが暴れ倒しつつもどこかクラシカルさがあるアレンジだ。ギターソロは
テクニカルながらメロディアスさも忘れていないセンスフルなプレイを披露するぞ。
ハイトーンかつオペラティックな印象もあるクリーンVoがまたいい仕事しておるのう・・・!
6曲目はミドルテンポ壮麗かつ大仰に幕を開け一瞬ピアノが流麗に切り込み非疾走でも
十分以上に高いクオリティー
を見せつけておる!中盤ではピアノ、ソプラノVoも顔を出し
格調高いムードも醸し出し本格的なクラシックの素養がありそうなアレンジを見せ
ギターソロがまた強烈に泣いておるなぁ・・・!この曲はもしかしたら彼等なりの
バラードなのか!?(爆)
後半ではブラスト、へヴィなトレモロリフで爆走するぞ!
7曲目はストリングス、ホーン勇壮なムードを醸し出しバンドサウンドも実にへヴィで
アグレッシヴな凶悪さ
に満ちておる!ギターソロはテクニカルで流麗な速弾きだが後半では
うって変わって泣きのソロも聴けるぞ。8曲目はへヴィながら退廃的でロマンティックなムード漂う
ピアノ
が顔を出しこの辺の泣き、叙情性における容赦の無さイタリアのバンドらしい所じゃのう・・・!
この曲もバラード的な立ち位置か!?ギターソロがまた待ってましたと言わんばかりの
泣きっぷり
を見せたまらんのう・・・!9曲目は再びオーケストラと共にブラストで爆走する
アグレッシヴなシンフォニック・ブルータルデスハイトーンVoも浪々と切り込み
湿り気のある泣きを見せ暴虐なのにイタリアらしいロマンティックさを感じさせる辺り
只者ではない!トリッキーさのあるテクニカルで流麗なギターソロ、それに続くピアノソロも聴き所じゃ!
ラストのギターソロはやはり泣きまくりの叙情味タップリなプレイで良いなぁ・・・!10曲目は淡々とした
ピアノ
が聴けクラシカルなフレーズも披露される長めのアウトロ的なインスト。
そして日本盤ボーナストラックの11曲目は何とCARCASSのキラーチューン“HEARTWORK”のカヴァーだ!
意外と誰もやらない曲でやはり得意のオーケストラ、ブラストが大々的に盛り込まれた壮大かつ暴虐な
実に彼等らしいアレンジに仕上がっておる!
この曲のおかげで日本盤買って損は無いか!?


終止壮麗で壮大なオーケストレーション暴虐極まりないデスメタルサウンド
共に暴れ狂いなおかつメロデスに負けないメロディアスな泣きのギターソロ、
メタルコアではないしかとしたメタルのハイトーン系クリーンVoも顔を出す実にハイブリッドな
サウンド
を出しておる!暴虐さ満点なのにオーケストラがド派手という事でANOREXIA NERVOSA
BIOMECHANICAL、DIMMU BORGIR辺りが近いがそういった先人達に決して引けをとらない所か
下手すりゃ上回っているかも知れんクオリティーだ!演奏技術、アレンジ等相当に
かなり高度
本格的な訓練を積んでいると思わせる説得力があるのう・・・!この辺は流石
西洋音楽発祥の地イタリアのバンドだけはあるか!?結構どの曲も似たり寄ったりで
金太郎飴状態
なんだがそれも許せてしまうレベルの高さにただただ脱帽である!
今年に入って久々にこれだ!と思えるバンドが出てきたのう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 95% お気に入り曲 全部







"Labyrinth"




イタリア出身のシンフォニック・ブルータルデスメタル/デスコアバンドの3rdアルバム。


圧倒的なまでにハイレベルなクオリティーでシーンにその名を刻み込んだ、
イタリア出身の超高品質シンフォニックデスコアバンドによる待望の新譜である!
音楽的には前作の流れをキチッと踏襲しており、音の洪水とも言うべき暴虐な
デスメタル、デスコアサウンド
壮麗、華麗にして大仰な事この上無い
オーケストレーション
渾然一体となり聴き手を蹂躙しまくるその音世界は
しかと健在で、ピアノソプラノVo、オーケストラクラシカルな側面
さらに増強されているがデスメタル的アグレッションまったくもって
損なわれるような事は無い!


1曲目はSEに始まりクラシカルなピアノ、ソプラノVo、クワイアが顔を出し
バンドサウンドと共にドラマティックさを演出、そのままブラストで爆走し
シンフォニックブルデス
の名に恥じぬド迫力の音像をこれでもかと言う程
見せ付けるぞ!デスVoのみならずソプラノに加えヒステリックなハイトーンVo
炸裂し暴虐さと壮麗さを同時に放っておるのう・・・!ギターソロは泣きの
エモーショナルなプレイである!
2曲目はピアノに始まりちょいと怪しげな
淡々としたムード
を演出、クワイア、ホーンタイトなリズムが顔を出し
まるで映画のサントラのような空気を見せているがバンドサウンドはへヴィである。
後半では大仰な語りも顔を出しシアトリカルさ満点じゃのう!その後のギターソロもまた
メロディー重視のエモーショナルなプレイである。3曲目は気品すら漂うクラシカルな
ストリングス
暴虐なブラストビートが融合し爆走!ホーンが舞いつつ
カオティックさすら感じさせるパートも顔を出すのう・・・!ハイトーンVoはこれまた
ヒステリックさ満点じゃわい!ギターソロがまたやけにメロディアスな構築美を感じさせ
クサさすらも漂っているか!?4曲目はバンドサウンドに加えホーンの音色大仰さを
感じさせるも、
その後は怪しくも淡々とした展開になり途中でまた大仰に盛り上がるぞ!
メロディアスなギターソロ
に続くソプラノVoもまた聴き所である!ラストはピアノで
メロウな締めだ。
続く5曲目はクワイア、ホーンアグレッシヴなへヴィサウンド
炸裂しカオティックさのあるブラストを披露!これまたソプラノVoも顔を出し、オペラティックで
シアトリカルな歌い回し
はいかにもイタリアのバンドらしい所だな。6曲目もクワイアや
ホーン
と共に暴虐なバンドサウンドが疾走するアグレッシヴさ満点のシンフォデスコアで、
クリーンVoもサビ付近で目立っており、これまたギターソロがやけに泣いておるな・・・!
後半はクラシカルなストリングスリフが聴けるぞ。7曲目はそのままストリングスが
切り込みつつブラストで爆走!
結構リズムチェンジが多くプログレメタル的な
素養
も見せておるのう・・・!8曲目はアコギと言うかガットギター美麗な調べが聴ける
叙情性満点の短い繋ぎ
で、9曲目はドラマティックかつ退廃的な空気を演出、
ソプラノVoがいかにもオペラティックイタリア的だな・・・!途中聴ける
淡々としつつもメロウなギター、怪しげな語りがまたシアトリカルである。
中盤のチェロ、ピアノもまたクラシカルな哀愁を感じさせるのう・・・!10曲目は重厚さ漂う
ティンパニ、ダブルベース
の響きが厳かさを演出、ダークかつ大仰なバンドサウンド、
ホーン
も続いて顔を出し、その後はシンフォニックさを放ちつつ勢い良く疾走!
中盤のクラシカルさ漂うピアノがフックを放っており、泣きのメロディアスなギターソロ
続いて登場し暴虐な楽曲の一種の清涼剤となっているか!?11曲目はメロウさ満点のクラシカルな
ピアノ
で幕を開け落ち着きを見せるが、中盤以降からストリングス、ソプラノが顔を出し
シンフォニックな盛り上がりを放つ、実に格調高い曲調になるのう・・・!


前作の流れを汲みつつもよりクラシカルな気品、荘厳さを増した音作りはもはや
シンフォニックデスコア通り越して様式美ブルデスとすら言いたくなってしまう程!
前作で正統派メタルっぽさを出していたハイトーンVoは今回相当にヒステリックな
ムード
を放っておりデスVoソプラノVoと共にシアトリカルな空気を演出、
サウンド自体は相当に暴虐ではあるが、曲展開は複雑さ、緻密さを増しており
カオティック
と言うよりもプログレッシヴと言いたくなるのう・・・!その一方で
ギターソロはやけにメロディアスでエモーショナルな泣き、構築美を
見せている
のも大きな持ち味である!まぁ何だかんだで本作もある意味金太郎飴状態なんだが、
この手のエクストリームメタルそんな感じなのが多く気にする程では無いか!?
前作程のインパクトは無いが、本作も実にハイレベルな仕上がりを見せておるわい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







"King"




イタリア出身のシンフォニック・ブルータルデスメタル/デスコアバンドによる4thアルバム。


来日公演も成功に収めた、イタリアが誇る近代シンフォニック系エクストリームメタルの
頂点に位置する超実力派バンド
による通産4作目のフルアルバムである!メタルコアや
デスコア等近代エクストリームメタルのアグレッションを持ちつつ、同時に伝統的な
メタルファンが好むシンフォニックメタル要素をも兼ね備えており、ブレイクダウン
無ければクリーンVoもチャラいエモ、ニューメタル上がりでは無く正統派HM/HR然とした
ハイトーン
で、ギターソロもシュレッドよりも泣きを重視しており、近代デスコア
ありながらも今風のチャラさを好むラウド系キッズよりHM/HRファン、クサメタラーが
喜ぶであろう超劇的エクストリームメタル
は本作でも健在である!

1曲目は大仰なオーケストラバンドサウンドも聴けるイントロで、2曲目はクワイア
ホーン等のオーケストレーションブルータルなメタルサウンド
ドラマティックに融合された、実に彼等らしい楽曲で重厚な勇壮さもあるな。
ギターソロがまたクラシカルに泣いており良いな・・・!3曲目も重厚さが目立ち、マーチング的な
リズム
でヘヴィかつ大仰さを放ちギターソロもメロディー重視である!4曲目はチェンバロ
クラシカルさを放ち勢い良く疾走!優雅さも見られる壮麗なシンフォニック
デスメタル
となるぞ!クリーンVoもまた相当に劇的でカッコいいのう・・・!
ギターソロに絡むピアノ
もたまらんわい!5曲目は禍々しさが見られるスローチューンで、
後半ピアノ、語りの穏やかなパートも聴けるぞ。6曲目もまた重厚さに満ち溢れた
シンフォニックなデスメタル
で、ドラムが引っ込み気味なんだがギターが
ブルデス感を放っているな・・・!7曲目はソプラノ女性Voとピアノのみで構成された、
かなり本格的なオペラに接近したバラード曲。8曲目は早速の大仰なオーケストラ、
ブルータルなメタルサウンド
で疾走するキラーチューンだ!過去作と比べて
荒々しくもパワフルになったハイトーンVoもインパクトがあり、突然穏やかになる
ギターソロ
エモーショナルに泣いており良いな。9曲目は再び禍々しさ重視の
ヘヴィなスローテンポ
で、10曲目は焦燥感を漂わせるヘヴィサウンド、オーケストラが
シリアスな緊張感ある楽曲だ。クラシカルな流麗さを見せるピアノソロが聴き所だな。
11曲目は淡々としたムードの重厚なスロー曲。ソプラノVoクワイア劇的さを見せているな。
12曲目はピアノのみによる穏やかなアウトロである。


基本的な方向性は2作目以降を踏襲した、ブルータルさ満点のデスコア、
デスメタル
大仰極まりないオーケストラを大々的に導入したシンフォニックな
エクストリームメタル
だが、過去作が金太郎飴状態だったのに対し本作は
1曲1曲に個性が出て来た感じである意味聴き易くなっているんだが、
その分疾走しまくりだった過去作と比べてスローチューンが増えており、
プロダクション的にもソフトになりドラムの主張が減った分賛否分かれる
1枚に仕上がったかも知れんな・・・!終始爆走しまくりなスタイルを
好む層
はピンと来ないかも知れんが、オーケストレーションやピアノ等の
絡み
はさらに練られており、より本格的なクラシックに接近した印象があるか!?
やはりもっと派手に爆走する激クサシンフォブルデスが聴きたかったわい・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 86% お気に入り曲 In Aeternum  The Fool
And the Vulture Beholds







もどる


inserted by FC2 system