FIELD OF FOREST







"AVIATION"




日本のスクリーモ/ポストハードコアバンドによる1stアルバム。


2012年に大阪で結成された若手バンドで、本作が彼らのデビューアルバムとなっており
音楽的にはポストハードコア、スクリーモの畑で語られているらしいんだが実際にはかなり
メロコアやエモに近い感じ
で、そこまでハードでも無ければヘヴィでもアグレッシヴでも無く、
軽めの乾いたバンドサウンドハイトーンで歌うクリーンVoが乗り、明るさのあるキャッチーな
ノリを見せているものの、疾走感は無く基本はミドルテンポで部分的に弱めの絶叫シャウトも登場、
ギターはなかなかに細かいフレーズをピロピロと弾いておりテクニックもあるか!?

1曲目は乾いたバンドサウンドメロコア、エモを彷彿とさせるイントロで、
続く2曲目も音作り的にはメロコア風だが、部分的にハードさを感じさせるギター
顔を出しミドルテンポで淡々と展開、ヴォーカルはクリーンで高いキーを歌っており
ツインギターもHM/HR的だな。
その後はクリーンギターが穏やかさを放ち、弱めだが
絶叫シャウトトレモロギターも登場しポストハードコア風になるのう・・・!
3曲目は多少はスクリーモに接近したギターが聴けるがやはり基本はライトな音作りで、
部分的にメタルコア風のノリ
を放つが全体的に軽いんで決してメタリックにはならんな。
4曲目はハードかつどこか憂いを感じさせるバンドサウンドが聴け疾走!とはいえやはり
音は軽くシャウトも相当に弱いのだが・・・!5曲目もまた軽い感じのミドル曲で、
ギターはメロウさがあり叙情パートもエモさを感じさせてくれるな。6曲目は軽快なノリを
見せるアップテンポ寄りの曲
で、Aメロ以降は淡々としてしまうんだがギターがこれまた
細かくピロピロやっており聴き所になっているな。7曲目はクリーンギターが穏やかな
ポストロック風味を醸し出す短い繋ぎで、
8曲目はライトなエモ系のミドル曲だが、これまた
ギターが細かいピロピロを見せているのう・・・!途中ビートダウン風になるが音が軽く
メタリックさが微塵も無い
のでどうにも物足りんか!?9曲目はここに来てピコピコしたシンセが登場し
今風のチャラさを演出、
ノリもそんな感じになり本作初のメロコア系疾走チューンとなるぞ!中盤の叙情パートも
シンガロング等どうにもチャラいだろうか!?10曲目はクリーンギターの遠くでノイジーなギターが鳴っており
ポストロックに接近しつつもその後はノーマルなミドルテンポのメロコアになるぞ。
11曲目もミドルテンポのチャラめなメロコア風だが、ギターはポストハードコアやスクリーモに
近い手数の多さ
を見せておるのう・・・!12曲目はポストロックまんまな穏やかさを見せるアウトロである。


キャッチーなメロコア、エモの要素を強く押し出したスクリーモ系で、音は軽くライトで
ギターはなかなかに細かいフレーズを弾きこなしておりヴォーカルもクリーンはハイトーンで
キチンと歌えている
のだが、デスVo、シャウトがかなり弱く音の軽さも相まって決して
アグレッシヴにはなり切れておらん
のう・・・!曲も似たりよったりでどれも悪くは
無いんだがこれと言った曲も無い
と言うのも課題だろうな。




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 While we breathe  Feather







もどる


inserted by FC2 system