FACESHIFT







"All Crumbles Down"




スウェーデン出身の様式美オルタナティヴメタルバンドによる2ndアルバム。


ストックホルムから登場したバンドで、本作は通産2作目に当たる1枚らしく音楽的には
とりあえずはグランジ、オルタナティヴ的な要素を基本としており、重苦しく退廃したムード
醸し出すへヴィなスローテンポグルーヴィーさを放っているんだが、それだけに留まらず
驚くべき事にそこに様式美的な大仰さ、ドラマティックなヴォーカルラインを導入しており、
シンガーもパンク、グランジルーツでは無く普通にハードロック的な声量ある歌唱を披露!
ALICE IN CHAINS、PANTERADIOSYMPHONY X等の要素を持ち込んだバンド等と評価されておる!

1曲目は退廃的なヘヴィリフグランジ的な気だるさを演出、スローテンポでグルーヴィーな
印象もあるが、
ヴォーカルはかなり大仰な歌い回し様式美っぽさすら醸し出しており
後半はメロディアスなギターソロも聴けるぞ!2曲目はまたへヴィな印象の強いリフ、リズムで
重厚に展開
するが、ヴォーカルがこれまた様式美ドゥームな印象を放っておりリードギターも
自己主張しているぞ。
3曲目もグランジ的な気だるさがあるが、ヴォーカルはエキゾチックな
印象があり
4曲目もまたヴォーカルライン、ギター等かなり大仰でドラマティックじゃのう・・・!
タッピングによるギターソロも聴けるぞ!5曲目はかなり重苦しくへヴィなドゥーミーさがありつつ
ヴォーカルラインはやはりエキゾチックだな。6曲目もまた大仰さのある劇的なギターが登場し
相当にドラマティックである!7曲目は退廃した気だるさ様式美っぽさを混ぜ合わせており、
ブルージーなギターソロも印象に残るな。8曲目は薄暗いクリーンギター、ヴォーカルが聴ける
倦怠感漂うスロー曲。9曲目はへヴィかつグランジ的な荒さも残ったギターが聴け、
10曲目はへヴィさを見せつつギターは正統派寄りで、ヴォーカルもなかなかに劇的だな・・・!
11曲目はグランジらしい気だるい退廃ムードを放つも、その後はアコギ、シンセ美麗な印象
醸し出すバラード系のマイルドな曲となるぞ。


グランジ、オルタナティヴ枯れた退廃ムード、グルーヴィーさを基本としつつも、
そこに様式美系の劇的な大仰さを導入しており、ある意味CANDLEMASSに通じる印象もあるだろうか!?
グランジ、オルタナ様式美HM/HRなんて本来水と油くらい差のあるジャンルで、ファン同士も
互いのジャンルに興味無いか敵視しているかのどっちかなんだが(爆)、こうして聴いてみると
意外と違和感は無く、むしろ普通に様式美ドゥームの一種として楽しめるのが面白いモンである!
ヴォーカルがロニー・ジェイムズ・ディオフィル・アンセルモを足して2で割ったような声質で
上手いのも評価が高くなる大きな要因である!まぁ元々グランジはドゥーム、ストーナーの派生系
言えなくも無いからなぁ・・・!オルタナ小僧よりもイングヴェイ以前の、70年代当時の
様式美HM/HR好きにオススメしたいバンド
である!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Betrayed  The Lie  A New Beginning
Of Dignity and Shame







もどる


inserted by FC2 system