Embrace Selegy







"Awaken the Ring"




京都出身のメロデス/メタルコアバンドのミニアルバム。


VERSAILLESのギターの片割れTERUが帯タタキにコメントを残し
辛口で知られるDragon Guardianの勇者アーサー氏も認めた
新進気鋭の京都産ハイブリッドメロデス/メタルコアバンドだ!
HEAVEN SHALL BURNの来日公演でオープニングアクトを
勤めたこともあるようで、音楽的には王道のメロデス、
メタルコア路線
を踏襲しつつもただのメロデスではなく
やはり日本人らしいクサい感性に包まれておりビートダウン
クリーンVo肉食人種が喜ぶ要素もあるがそれ以上に
ストリングスやピアノ、チャーチオルガン、チェンバロ、
果ては笛等クサメタラーが愛してやまない音色を放つ
シンセが頻繁に登場する!

ピアノがメランコリックなイントロに続く2曲目は
叙情リフが聴ける王道のメロデスながらもシンセが
ストリングス音を出しいきなりのキーボードソロが登場だ!
デスヴォイスはどちらかといえばメタルコア寄りの咆哮タイプ
ビートダウン、サビでクリーンVoも登場する辺りがメタルコアの
流れ
を汲んでいるのだろう。だがこのシンフォニックなシンセや
泣きのギターソロは実に日本人らしい叙情性、クサさがあるのう!
語りは微妙だが(爆)。一瞬だがブラストも登場しその後の
シンセソロはやはりクサいのう・・・!ラスト間際ではチャーチオルガン
音色も聴けるぞ!3曲目もクサいリフ、ストリングスシンセ
イントロで聴けるもその後の展開はメタルコアライクだな。
だがチェンバロがバッキングで飛び出しただモッシュさせるだけ
ではない日本人らしいクサさがあるのう!途中のシンフォニックな
シンセがまた強烈だな!スロー曲だが十分以上に良曲である!
4曲目はアグレッシヴに爆走するメロデスで慟哭するリフは
王道を行くものだがそのバックで聴けるリードギターは実に
泣いておるのう!バッキングのピアノも強烈な哀愁を放っている!
5曲目は絶叫と慟哭リフに始まるメロデス/メタルコアでストリングス
シンセがどこかアトモスフェリックな質感を醸し出しつつも
やはりクサさが目立っているな。シンセソロが速弾きしその後の
ギターソロが泣きメロ主体なのも落差があって面白い。その後の
クリーンVoパートは実に壮大である!6曲目はクリーンギター、
チェロの音色で始まりへヴィなリフが機械的な質感を放ち
そしてピアノが哀愁を放つ繋ぎのインスト。そして続く7曲目は
メタルコア的な攻撃性を纏い疾走するアグレッシヴな曲だが
やはり叙情性は強烈である!ドラムも複雑でテクニカルなプレイ
披露しバックのシンセ、クリーンVoが大仰じゃのう!パートによって
音色やフレーズを変えまくるシンセがいい仕事しとるわい!
ギターソロは滅茶苦茶クサいフレーズを弾きそして爆走するぞ!
8曲目はこれまたピアノが聴け爆走!デスVoも噛み付くような
咆哮
を披露しメタルコアの空気を感じさせてくれるな。チャーチオルガンが
登場し壮大になるパートも聴き所で鐘の音も聴けブルータルな
ベースも目立ちシンセソロ、泣きのギターソロと展開も矢継ぎ早
めまぐるしく変化する怒涛の曲調は実に見事である!


クサさを保ちつつも垢抜けた、洗練された上質のメロデス、
メタルコア
を聴かせてくれる本格派のバンドである!
シンセの音色が前時代的なのが唯一悔やまれる点なのだが
演奏も上手くヴォーカルもこの手のバンドの中ではちゃんと
歌えているほう
でデスVo、クリーン共に海外のバンドを
思わせる
パフォーマンスを披露しているぞ!曲展開も
プログレッシヴというわけではないが複雑で同じパートでも
シンセの音色やフレーズが違ってたりと相当アレンジに気を
使って練りこんでいるのが判るのう・・・!本作は30分程度の
ミニアルバム扱い
なのだが是非ともフルアルバムが聴きたいわい!
ちなみに限定1000枚リリースなので気になったならば
早めにゲットしておこう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system