Elysion







"Silent Scream"




ギリシャ出身の女性Voゴシックメタルバンドの1stアルバム。


バンド名を見るとSound Horizonを、アルバム名を見ると
SLAYERを思わせるギリシャのゴシックメタラーによる
1stアルバムである!音楽的には最近何かと多いフィメール
シンフォゴシック
ではなく80年代ニューウェイヴ、ポジパン系
流れを汲んだ感がある終始淡々とした怪しい雰囲気を放っており、
煌びやかさ、壮麗さはあんま無いのだが暗くそれでいて北欧のバンドに
通じる透明感、冷気
を感じさせる音作りはEVANESCENCEを引き合いに
出すに十分な要素を纏っているぞ!ヴォーカルはソプラノではなく
結構低音でパンチの効いた歌い回しをするタイプで実力は十分あるぞ!
ちなみに男Vo、デスVoは一切無い。

1曲目はそこまでヘヴィではないがモダン寄りと言えるかもしれない
バンドサウンド、シンセで始まりヴォーカルが入るとアコギ
登場しラストでワウを効かせたギターソロも聴け、2曲目はこれまた
透明感あるシンセとインダストリアル系のバンドサウンドが印象的な
暗く冷気を感じさせる曲。サビは若干だがキャッチーさを持ち
なかなか悪くない。3曲目はアップテンポになるがやはり全体的に
ニューウェイヴゴシック、ポジパン的な空気が濃く控えめながらも
モダン系のバンドサウンドに電子音シンセが聴け淡々とした感じだが
ギターソロはドラマティックで良い!4曲目はアコギが聴けシンセが
盛り上がりを見せる暗く悲しいドラマティックな
バラード。ヴォーカルの低音を生かした歌い回しも良くギターソロも
短いがメロディアスだ!6曲目はクリーンギターも聴けヴォーカルは
ロック然としたアグレッシヴさも感じさせる歌い方で面白いな。
8曲目はこれまでの曲と雰囲気が変わりシンフォニックなシンセ、
インダストリアル色濃いうねり
を見せるバンドサウンド、加工Voが
重々しく機械的な空気を感じさせサビはフィメールシンフォゴシック系の
壮麗な盛り上がりを見せるEVANESCENCEっぽさが濃く滲み出た曲だ!
10曲目はピアノがロマンティックなバラードでサビでバンドサウンドが
盛り上がり、ギターソロも実にメランコリックかつドラマティックで曲を
引き立て短いながらソロのセンスはかなり良いな・・・!11曲目は加工した
語り
にモダンへヴィネス系のリフ、スクリーモっぽいリードギターが聴け
ヴォーカルが入るとこれまで通りの女性Voモノゴシックになるぞ。


今流行りの国産クサクサ女性Voゴシックでもなければ大仰な
オーケストレーション
が聴けるシンフォニックゴシックでもない、
ポジパン、ニューロマンティックの流れを受け継ぎつつそこに
インダストリアル系のモダンなバンドサウンドを導入し淡々と
展開していく様
は本格的なゴシックモノが好きな層には喜ばれそうだが
クサメタラー視点で見るとやはりどうも地味というか大人しい
言うか、バンドサウンドがラウド系の割にはヴォーカルを生かすためか
控えめで重さは感じられずメロディーも特別クサいとか、そういう訳
じゃないんでそこら辺は評価が分かれるかもな・・・曲も似たタイプが
並んでおり
この手の女性Voゴシックが好きじゃないと評価に困るかも知れんが
新人のデビュー作としてはよく出来ているんでこの手の音が好きなら
聴く価値は十分にあるだろう!





Amazon.co.jpで見てみる




満足度 73% お気に入り曲 Never Forever、Far From the Edge







もどる


inserted by FC2 system