ElupiA







"WILDERNESS"




日本のフィメールVoシンフォニックメタルバンドによる1stミニアルバム。


今流行りのルックス先行型売春婦メタル・・・もとい嬢メタルとは異なる、
必然性と実力を兼ね備えた女性シンガーをフロントに擁する新進気鋭の
シンフォニックメタルバンド
による初のミニアルバムである!付け焼刃では無い、
ホンマモンのオペラの素養
を持った超実力派女性シンガーに加え、珍しく
キーボーディストが二人いるドラムが不在となっており、ライヴが
一体どんな感じなのか気になるが
音楽的にもよくあるシンフォニックメタルとは
また異なる部分
を見せており、ブロードウェイばりのシアトリカルな大仰さを持った
ミュージカル系サウンド
を見せたかと思えばインダストリアルなデジタルサウンド
大々的に取り入れたりとHM/HRに留まらない素養を見せておるのう・・・!

1曲目はクラシック風味漂うストリングス鐘の音壮麗なムードを演出、
その後はバンドサウンド女性Voが顔を出すが、ありきたりなフィメールVo
シンフォニックメタル
では無くシアトリカルでありつつある意味変態的とも
取れそうなオペラティックさと言うかブロードウェイ的なムードを醸し出しておる!
中盤の展開もまるでミュージカルを見ているような気分にさせられ不協和音ピアノをも
放り込みギターソロ後は本格的なソプラノスキャットが炸裂する!2曲目はオルガンで
幕を開けるも
その後はギターの高速タッピングに加え何とデジタルリズムが登場!
イマドキらしいインダストリアルな要素
を取り入れる事に躊躇が無い辺りがやはり
他のシンフォニックメタルバンドとは大きく異なる部分だがソプラノVo壮麗な
オーケストレーションも顔を出すのう・・・!
中盤のオペラ歌唱が実に凄まじく
ホンマモンのみが持つ凄みを堪能出来るぞ!
3曲目はアンビエント系の出だしから
女性Voが顔を出しピアノや重苦しいベースも登場、怪しくも穏やかなムード
醸し出しモダンなヘヴィリフデジタルサウンドも聴けるスロー曲だ。後半では
これまた本格的極まりないオペラVoが炸裂する!4曲目はピアノ、ストリングスが
優雅なクラシカルさを演出し
これまたオペラ歌唱が凄まじすぎる、アイススケートの
BGMにも使えそうな本格オペラ系バラードだ!
5曲目も重厚なストリングス、ピアノに
大仰極まりないオペラ歌唱
が明らかに只者では無いムードを放ちその後はヘヴィな
メタルサウンド
も登場、LIV MOONに近い部分もあるがあっちよりも本格的なオペラ、
ミュージカル
に近く相当に劇的である!6曲目もシリアスなムードを放つヘヴィなバンドサウンドに
ストリングス
が聴ける劇的なシンフォニックメタルで、曲構成や展開がまた普通のメタル、ロックとは
明らかに異なりミュージカルに近い印象があるな・・・!7曲目はピアノ、ストリングス
ミュージカル風味を纏った女性Voが登場、曲調もHM/HR要素の微塵も無い
超本格的ブロードウェイ、ヴォードヴィル調
に仕上がっておる!


LIV MOONCROSS VEINを彷彿とさせる部分もあるが、ただのフォロワーでは無く
ブロードウェイ化
したりインダストリアルだったりホンマモン過ぎるオペラ
披露したりと豊かな素養を感じさせてくれるのう・・・!だがそれだけにちょいと
散漫になっている印象がある
のもまた否めんわい!個人的(クサメタラー的)には
デジタルサウンド、インダストリアル要素は不要
なので是非ともオペラティックな
楽曲メイン
ドラマティックに、シアトリカルに攻めて頂きたいモンじゃて・・・!
ポテンシャルの高さは半端じゃないんでな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Risky Wine  Oedland、  The Hypnotizing Forest (retake)
Forest Run. The Hypnotizing Forest - second movement  I Like My Shoes







もどる


inserted by FC2 system