Eine kleine







"Persona"




日本のフィメールVoシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの1stアルバム。


Sylfiore猫の福音がコラボレーションし登場した企画プロジェクトで、他にもゲストで
GILDIA、世の漆黒、Resonant Soundのメンバーも参加しておりここ最近勢いを増して来ている
フィメールシンフォゴシック系プロジェクトが顔を揃えたようなムードがあるな・・・!
音楽的にはポップな要素を持ちつつもメタリックさのあるバンドサウンド、
チャーチオルガン、ピアノ、ストリングス
を多用したシンセワークをメインとしツインVoで
絡み合う
パートも見せる女性ヴォーカルが聴けるシンフォニックゴシックメタル的な
音作り
を見せておりプロダクションは篭り気味で悪いが楽曲のクオリティーは
なかなかに高くAsrielに近いスタイルを持っていると言えよう!

1曲目はSEに始まりオルガン、語りが聴けるイントロで続く2曲目は多少のメタリックさを
持ったバンドサウンド、シンセ
が顔を出し軽快なアップテンポで展開、Asrielを
彷彿とさせる音作り
になりシンセも目立っているがそこまでゴシカルではなくポップな
ムード
も強いな・・・!3曲目はピアノ、ストリングス、チャーチオルガンが顔を出し
ゴシカルなムードを強調!バンドサウンドもアップテンポでメロスピというほどではないが
それなりにメタルの要素がありギターソロも顔を出し疾走感も見せるぞ!女性ヴォーカルも
ソプラノ寄りの歌唱を披露しておりなかなかの切れがあるのう・・・!4曲目はこれまた
Asrielを思わせるキャッチーなヴォーカルで幕を開けゴシカルな要素の強い
アップテンポチューン
となりインストパートは疾走感を増しギターソロもハモリメタル的な
要素が強いぞ!
5曲目はまるでヴィジュアル系のようなムードを醸し出すバンドサウンドに
キャッチーな女性Voが乗るアップテンポ曲。ピアノが印象的だがギターのバッキングなんかは
まさに昔のV系を多少ハードロックに近づけたような空気が漂っているな・・・!メロディーは
フックがありセンスを感じさせるのう・・・!6曲目はメランコリックなピアノ、
ヴォーカル
が聴け途中からベース、ドラムストリングスシンセ、ギターも顔を出す
バラード曲。7曲目はオルガンで幕を開けメロスピ的に疾走!ピアノやストリングスも
顔を出しかなりクサメタラーにアピール出来るキラーチューンに仕上がっているぞ!
女性Voもツインで掛け合いを見せる部分が他の曲より多くそれが余計にクサさを出しているな。
ギターソロもハモリでメタリックな速弾きを披露しているぞ!8曲目はピアノに
台詞
が聴けるアウトロ的な短いインスト曲。


ここ最近ブイブイ言わせているフィメールゴシック系のプロジェクトが集まった故か
その音楽性はシーンの大先輩であるAsrielにかなり近い感じに仕上がっておりプロダクションこそ
劣悪
なれど生のギターがメタル的なバッキング、メロディー重視のソロを弾き爆走こそしないものの
アップテンポ曲が多くそこにシンフォニックなシンセが乗り非常にキャッチーなフックある
メロディー
を歌う安定感ある女性ヴォーカルが聴ける、まさしく同人フィメールシンフォニック
クサゴシック
王道を行くスタイルに仕上がっておる!真新しさは無いが音質を除いて
クオリティーは高くこの手の音楽性が好きなクサメタラー、ゴサーならば満足出来る1枚だ!
メロスピチューンもしかとあるぞ!




オフィシャルで見てみる





満足度 78% お気に入り曲 歪ノ華  Persona  Masquerade  El diavolo







"十六夜神楽"




日本のフィメールVoシンフォニックゴシックメタルプロジェクトのシングル。


最近俄かに活気づいている感のある同人ゴシックシーンの新たなプロジェクトによる
最新シングルである!上記した前アルバムはAsriel要素の強い様式美ゴシック系
メタル、メロスピスタイル
を見せておりプロダクションこそ弱い部分があれど
楽曲としては良質であった・・・!そして本作は国産ゴシック系でこれまたよく
見られるスタイル
である和の要素を大々的に導入しておりメタリックなバンドサウンドに
琴や尺八等の和楽器
を導入しシリアスかつ煌びやかでキャッチーな空気を放っているぞ!

1曲目はギターが早速和音階フレーズを弾き疾走、尺八や琴の音色も顔を見せ
いかにも和なムードをプンプンに醸し出しバンドサウンドは十分にメタリックな
イントロ
で続く2曲目はシンセ、尺八穏やかさを放ちキャッチーな女性Voが登場、
アップテンポ和の煌びやかさを見せつつバンドサウンドはハードロック的
ドラムはツーバス連打も部分部分で披露、ギターソロがまたメロディアスだな。3曲目は
モダンさのあるヘヴィリフフィメールスキャットが顔を出しアグレッシヴな
ムードを演出、
リズムは軽快なアップテンポだが意外なゴリゴリ感がありタイトな
アンサンブル
を見せヴォーカルはキャッチーさがあるのう・・・!ギターソロは
これまたメロディアス泣きのフレーズを奏でているぞ!4曲目はアカペラ確かな
歌唱力を見せる高音女性Vo
による短いアウトロだ。


前作の様式美ゴシックメロスピとはうって変わって和の世界観を見せており
まぁ国産ゴシック系によくあるスタイルではあるがバンドサウンドは前作より
さらにヘヴィな要素を増しておりプロダクションも向上、Asrielフォロワーから
離れ個性を見せ始めてきた
感があるな・・・!次はまた様式美系クサゴシックに
戻るのやも知れん
が本作で見せたようなヘヴィさをさらに向上させるのか?
見物だと言えよう・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 泡沫夢幻  Die Gier







"Death tinated Lolita Ism"




日本のフィメールVoシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの1stフルアルバム。


同人クサメロゴシックシーン新世代の一角として頭角を現してきた
プロジェクトによる待望のフルレンスアルバムである!低価格なのは嬉しいが
シングルミニアルバムが大半を占めるシーンにあって本格的な長さのアルバムは
ある意味珍しいか!?
本作はどうやらコンセプトアルバムになっているようで
音楽的にはAsriel要素の強かった過去作から少しずつスタイルが変わって来ており
フィメールシンフォゴシック要素
をキープしつつモダンなヘヴィさをも放つように
なっておりドラム等の音は軽いイマドキっぽいアプローチを見せていると言えよう・・・!

1曲目はダークなシリアスさを放つピアノが聴けるイントロで続く2曲目は
なかなかに本格的なモダンさを放つヘヴィリフ甲高い女性Voが登場しノリの良い
リズムでラウドに展開
するがキーの高い女性Voが特徴的じゃのう・・・!
メロディー重視のギターソロ
も聴けるぞ。ストリングスエキゾチックだな。
3曲目は怪し気なクリーンギターに続きモダンなヘヴィリフ語りが乗り
ストリングスシンセはこれまた中東ライクなフレーズを聴かせてくれる
グルーヴィーなミドル曲。サビはキャッチーさがありプログレッシヴなリフ、
リズム
も顔を出すのう・・・!後半はピアノも顔を出すがこっ恥ずかしい語りが
大半を占めている
のが賛否分かれるやも知れぬ・・・!4曲目もモダンなリフが聴け
勢い良く疾走するがその後はノリの良いリズムになるぞ。サビはやはりキャッチー
その後のピアノ、ストリングスの絡みクラシカルでクサく良いな・・・!ギターソロも
メロディアス
疾走も見せ聴き所である!5曲目はキャッチーなピアノが聴け
モダンさを残しつつもエモい質感を見せる叙情性の強い曲。サビはアニソン系の
キャッチーさ
を見せているな。6曲目はストリングス、ピアノモダンなヘヴィサウンドが絡み
王道のクサシンフォゴシック化するぞ!サビはこれまたキャッチーでどこか
和の要素も感じさせるか!?
7曲目は怪し気なシンセ、ピアノモダンサウンドが聴け
淡々とした空気を醸し出すが途中からテンポアップし、和のフレージングもこれまた多少見せ
キャッチーなサビ、その後のピアノ、ストリングスアレンジがまた聴き所だな・・・!
8曲目はアニソンっぽいヴォーカルの出だしに続きゴリゴリにモダンなヘヴィリフで疾走!
和のフレーズを聴かせる笛のシンセも聴けラウドかつ優雅な和風ムードを醸し出し
サビがまたアニソン色濃いキャッチーさを見せておる!中盤はも顔を出し煌びやかさがあるな・・・!
9曲目はノリの良いピアノジャジーなムードを放つV系やオルタナ系バンドが何故か
やりたがる
タイプのシャッフル曲。10曲目はクリーンギター、ヘヴィリフ淡々とした
退廃ムード
を醸し出すエモさのある曲で、途中からテンポアップしサビは判り易さ満点の
アニソン系キャッチーメロ
である!11曲目はピアノとヴォーカル憂いに満ちた哀愁を放つ
バラードで途中からバンドサウンドも顔を出し盛り上がりを見せるぞ。ストリングスシンセによる
ソロ
もまた泣きの質感を強烈に放っておるわい!12曲目はいかにも王道なアニソン系で
キャッチーさ満点のヴォーカル
が聴けバンドサウンドはそこまでゴリゴリでは無く
良くも悪くも気をてらわないストレートな楽曲に仕上がっていると言えよう・・・!
13曲目は1曲目のダークなピアノ語りが乗るアウトロだ。


女性Voゴシック系だがバンドサウンドはゴリゴリなモダンさを見せており疾走感よりも
グルーヴィーなリズム
が多用され、どちらかと言ったらラウド寄りのヴィジュアル系に
近いムード
がありバンドサウンドがなかなかに本格的なのに対しヴォーカルの線が細いのも
そんな感じでクサさよりもJ-ROCK的キャッチーさが強いのもまたそんな感じである。
個人的にはシンフォニックアレンジメロスピ、クサメタル直系のクサさをメインに
持ってきて欲しかったしこの手のヘヴィサウンドをやるならヴォーカルにもっと
パワーが欲しい
と思うが質は決して低くは無くプロダクションもまだ軽さはあるが
過去作よりもずっとクオリティーアップしておる!




オフィシャルで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 狂気童話「第二章あかずきん」  残骸アリス  冥想ファンタジア







"少女-D-"




日本のフィメールVoシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの2ndフルアルバム。


新世代同人クサフィメールゴシックを代表するプロジェクトの一つで、ライヴも
ちょくちょく行い
精力的な活動を見せている辺りが今風のプロジェクトらしい部分か!?
音楽的にはAsrielライクな要素を持ったキャッチーでありつつもシアトリカルな
様式美系クサフィメールゴシック
で、バンドサウンドはメタルと言うよりも一昔前の
ヴィジュアル系
に通じるライトなハードロック的音作りとなっており前作のモダンさが
薄れている
辺り評価が分かれそうな感じじゃのう・・・!

1曲目はピアノ、ソプラノゴシカルでダークなムードを醸し出すイントロで、
続く2曲目はピアノ、チェンバロクラシカルな様式美ムードを演出し
バンドサウンド
も登場!音作りはメタルと言うよりはヴィジュアル系に近い感じで
Aメロのギター
ライトなカッティング等もそんな雰囲気があり女性ヴォーカルの
クラシカル寄りV系と言えそうな曲調じゃのう・・・!
サビはクサメロと言うよりは
アニソン、J-POP的なキャッチーさ
があり語りの後にメロ重視のギターソロも聴けるぞ!
3曲目は語り、ストリングス、バンドサウンドが聴けアニソン声質でありつつもどこか
気だるい女性Voも登場するミドル曲。
中盤のピアノがどこかジャジーだろうか!?
その後は雰囲気が変わり語りがシアトリカルさを演出しておる!4曲目はデジタル系の
打ち込みリズム、電子音にピアノ、女性Vo
淡々としたムードを放つ穏やかなスロー曲。
サビはストリングスバンドサウンドも顔を出し盛り上がりを見せるのう・・・!
メロディアスなギターソロ
も聴けるが短めなのが惜しいな。5曲目はチェンバロに加え
ちょいモダン風のへヴィリフ
も登場、ストリングスチャーチオルガンも顔を出し
ダークで重々しい様式美ゴシッククサメタル要素を見せるが、その一方でヴィジュアル系の
流れを汲んだ部分
もあるな。サビ等ヴォーカルメロディーはかなりアニソン寄りだが
ギターソロはクラシカルなクサさを見せているぞ!6曲目はまるで童謡のようなピアノ、
女性Vo
が聴けるほのぼのした出だしから一変してモダンな様式美クサゴシックと化すぞ!
さらに中盤は軽快なアップテンポのV系寄りメロスピとなり後半はシンフォニックブラックだ!
牧歌パートメタルパートシアトリカルな繰り返しQUEENでありそうなアレンジじゃのう・・・!
7曲目は相当にストレートなアニソン系女性Vo、ストリングス、ピアノV系ライクな
バンドサウンド
が聴ける、かなりAsrielの影響が強そうなミドル〜アップテンポ曲。メロディアスな
ギターソロもまたAsrielと言うかヴィジュアル系ライクである。8曲目はテープ逆回転による
短いアウトロ
で、9曲目はボーナス扱いで1stの“Masquerade”のリメイクとなっているぞ。


様式美要素、ゴシカルさは健在ながらも前作のモダンさが無くなり、初期の頃のような
Asrielライクなヴィジュアル系スタイル
に舞い戻った印象のある1枚である!
ヴォーカルメロディーが相当にアニソン寄りなのもAsrielっぽさ、ヴィジュアル系っぽさを
放っている一因
だろう・・・!やはり個人的にはネオクラシカルやメロスピ、クサメタルの
方向性のほうが好みだが
こっちはこっちでキャッチーさがあり楽しめるな。




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 ドロチア  Incarnation







"少女秘密遊戯"




日本のフィメールVoシンフォニックゴシックメタルプロジェクトの3rdフルアルバム。


かつては猫の福音と名乗り活動して来たプロジェクトで、元々は企画モノのような立ち位置だったが
次第に本格的なバンド(?)になっていき、今ではライヴ等も勢力的にこなすようになった感のある
ゴシック系プロジェクトである!何とRoman so Wordsとの対バンも決定しておりライヴに足しげく通う
クサメタラーからの注目もさらに集まりそうか!?
本作はフルアルバムとしては通算3作目に
当る一枚
で、一頃モダンな要素も見せていたが本作はヴィジュアル系に通じる
ライトなバンドサウンド
シンセが目立っており、V系の流れを汲んだ音作りと相まって
Asrielにかなり近い雰囲気を放っているのう・・・!

1曲目はメルヘンチックなシンセアコーディオン、ライトなベース、ドラム台詞が続き
甘ったるさを放つ女性Voが登場、穏やかなスローテンポで展開し後半のストリングスソロ
またマイルドだな・・・!2曲目はHM/HRと言うよりも昔のヴィジュアル系に近いライトかつ
怪しげなバンドサウンド
軽快さを放ちシンセも登場、女性VoになったV系と言えそうな曲調で
ギターソロも聴けるがやはりこれもあまりメタリックでは無くヴィジュアル系に近い感じだな。
3曲目もまたライトなバンドサウンド細かい絡みを見せるシンセ、しなやかさのある女性Voが
どこかAsrielに近いオシャレ感を放っているな・・・!4曲目はプロダクション的には
弱め
だが待ってましたのモダンなメタリックさを放ち疾走!ヴァイオリンシンセも聴ける
ダークでシリアスな曲調となりアニソン臭くもクサメタラー好みのムードを醸し出すぞ!
5曲目はダークで退廃的なムードを醸し出すドゥーミーなギター、呟き系の台詞
アニソン化した暗黒ヴィジュアル系と言えそうなムードを醸し出すが、後半は淡々とした
穏やかなバラード風
になるぞ。6曲目はダークながらも壮麗なストリングス、ピアノが舞い
軽快なアップテンポとなるAsrielタイプアニソンV系ゴシックチューンである。
中盤は台詞が長々と続き、その後は短いながらメロディー重視のギターソロも聴けるぞ。
7曲目は語り、アコーディオン怪しげな遊園地ムードを醸し出す淡々としたスロー曲だ。


かつて存在していた様式美系のクッサイ疾走チューンモダンさのあるへヴィ要素が薄れ、
怪しくも軽めな一昔前のライトかつダークなヴィジュアル系に近い楽曲が大半を締めており、
メタラーの好みからは遠ざかった印象があるも、ヴォーカルはそれなりにキャッチーさがあり
こういうアニソン系のヴィジュアル系ロックが好きなら楽しめるだろうな。Asrielフォロワーと
言い切ってしまえる楽曲
この手のリスナーが好む要素だろう・・・!個人的にはもっと様式美系の
クラシカルなクサさ
が欲しい所だし、下手では無いがやけにカン高い女性Voアニソンっぽさが
強すぎて
好みとは異なるが、こういうサウンドを好むアニソンメタラーにならオススメ出来そうか!?




オフィシャルで見てみる





満足度 75% お気に入り曲 Re:pray







もどる


inserted by FC2 system