Eclipseed







"琥珀のSHARION"




日本の女性Voファンタジックシンフォニックメタルプロジェクトの1stシングル。


AYUTRICAの別名義というかそんな感じの新たなプロジェクトで、その音楽性は
まさにAYUTRICA以外の何者でもなく説得力抜群の上手さを感じさせるしなやかな
女性Vo
キャッチーなメロを歌いメタリックなバンドサウンドとシンセが
壮大な盛り上がり
を見せるファンタジック・シンフォニックメタル真新しさは
無い
のだがクオリティーは流石の高さ安定感抜群じゃのう・・・!

1曲目はSEに始まりシンフォニックなシンセ女性Voが乗りそしてメタリックな
バンドサウンドとキラキラシンセ
が盛り上がりを見せ疾走はしないキャッチーかつ
しなやかなヴォーカルメロディー
流麗さを放ちファンタジックなムードも満点、
サビもアニソンに通じるフックを内包しており王道を行く良さを見せておるな・・・!
後半は打ち込みリズムシンフォニックなストリングス、オルガンが聴けメロウかつ
劇的なアレンジ
を見せるぞ!2曲目は冷たさのあるピアノが聴け女性Voも登場する
淡々としたバラード
でヴォーカルは若干鼻にかかった声質だが媚びも無く実に上手いのう・・・!
3曲目はデジタルサウンドバンドサウンドが入り混じりインダストリアルな
ムード
も感じさせるがリードメロ勇壮なギターが奏でるインストナンバー。
キラキラしたチェンバロ系シンセ
も顔を出し後半は打ち込みだがドラムがやけに
手数多い暴れっぷり
を見せシンセソロ、打ち込みギターソロも登場だ!


別名義ではあるがAYUTRICAとの差はあまり無くこっちのほうがモダンさが薄く
ゴシック要素よりもファンタジック要素の方が強い
といった所でAYUTRICAが好きなら問題無く
楽しめよう・・・!
奇をてらう事の無い王道を行くファンタジック系だがクオリティーの
高さは保証済み
である!まぁバンドサウンド・・・ギターまでも打ち込みというのが
気になるがこっちでもそのうちアルバムを出して頂きたいモンじゃて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 琥珀のSharion







"悠久のFate"




日本の女性Voファンタジック・シンフォニックメタルプロジェクトの3rdシングル。


AYUTRICAの別名義と言えるであろう女性Voファンタジックメタルプロジェクトで、
本作以前にもシングル2枚にアルバムを1枚リリース、順調に活動を続けているようだ。
本作は通算3枚目のシングルで、音楽的にはAYUTRICAとかなり近いスタイルではあるが
モダンさも見せるAYUTRICA程にはへヴィでは無く、その分シンフォニックさを持った
ネオクラシカル系の様式美要素
を見せており王道ではあるがやはりクサいぞ!

1曲目はSEに始まりチェンバロクラシカルさを演出、様式美的なムードを放ちつつ
クサメタラー的にはエディ・アントニーニを思い出すんだが(爆)その後はシンセに
バンドサウンドも登場、
まぁ疾走はせずへヴィさも無く同人クサゴシック系の王道を
行くかのような音作り
で、新鮮味は無いクサさはしかとありギターのオブリ
なかなかに様式美的で良いな。ツインリードのギターソロも短いのが惜しいが
劇的なクサさを見せているぞ!2曲目もチェンバロやシンセが目立つが
バンドサウンドは淡々としておりミドルテンポでマイルドに展開、メロスピ要素は無いんだが
やはり優雅でクラシカルな様式美ムードがありクサくて良いな・・・!
3、4曲目は1、2曲目のカラオケヴァージョンである。


へヴィさも無ければ疾走感も無く、シンセメインでシンフォニックさはあれど
そこまでメタリックでは無いんだがその分ネオクラシカル系の様式美要素があり
キラキラしたチェンバロストリングス、クワイア系のシンセ、ギターのオブリ
ヴォーカルメロと相まってクサさを放っておりクサメタラーならば十分に
楽しめる
であろう!疾走してりゃいいモンじゃないという見本か!?




オフィシャルで見てみる





満足度 73% お気に入り曲 全部







"La Blessure 〜捧ぐ華脣〜"




日本の女性Voファンタジックシンフォニックメタルプロジェクトの1stアルバム。


AYUTRICAから派生した別名義的な立ち位置のプロジェクトで、本作はこれ以前に
リリースされたシングル
から続くコンセプトを持ったフルアルバムとなっており、
音楽的にはAYUTRICA程では無いがメタルサウンドそれなりにへヴィさを見せ、
ストリングス
等が壮麗なシンフォニックさ、ファンタジックさを放ちつつも
曲によってはプログレッシヴメタルのような趣を見せておるのう・・・!

1曲目はSEストリングス、ハープ等の音色ファンタジックな叙情性を演出する
イントロで、続く2曲目はメタリックさと同時にホーン系オーケストレーションが
勇壮さを演出、
さらにフィメールコーラスはどこか民謡ライクな印象も見せており
ヴォーカルメロファンタジックWITHIN TEMPTATIONを彷彿とさせる曲調だな・・・!
3曲目もシンフォニックな盛り上がりを見せ、デジタル風味漂うシンセも顔を出し
今度はどこかプログレッシヴな空気を放ち始め疾走するが、その後はテンポダウン
モダンなギターにベース、ドラム、シンセテクニカルに絡むプログレメタルとなるぞ。
サビはアニソン色濃いフックあるメロディーキャッチーさを放つのう・・・!4曲目はメロウなピアノに
シンセ
で幕を開けこれまた壮麗で大仰なストリングスも登場、だが疾走はせずそこそこへヴィな
バンドサウンド
も顔を出すミドルチューンになり、ヴォーカルラインはJ-POPと言うかアニソンに
かなり近い感じ
だな・・・!5曲目は民謡ライクな笛で始まるも、その後はデジタルサウンドに
大仰なオーケストレーション
が聴け、ヴォーカルメロはまるで歌謡曲のようなクサさがあるのう・・・!
ギターソロも哀愁漂うメロディーを奏でており良いな。6曲目は怪しさを醸し出すパーカッシヴなリズムに始まり
キャッチーさのあるシンセが聴け軽快さを放つも、やはり疾走はせずミドルテンポ止まり
ヴォーカルメロはこれまた相当にアニソン的でクサいぞ!7曲目もイントロからアコギ相当にクサい
フレーズ
を披露、その後は暗めのピアノ、ストリングス女性Voが乗りコッテコテな
クサい哀愁
を放つ歌謡バラードとなるのう・・・!


アニソン的なキャッチーさを内包したWITHIN TEMPTATIONと言えそうなミドルテンポの
シンフォニックな女性Voメタル
を基本としており、疾走はせずミドル、スローテンポの楽曲が大半で
ゴシックメタルと言いつつも実際は様式美メロスピなケースの多い同人クサゴシックの中では
最も海外のフィメールシンフォニックゴシックメタルに近い印象があるだろうか!?とは言え
へヴィ系のゴシックメタルと呼ぶにはまだまだプロダクション的に軽く、下半身に響くような
ホンマモンの重さは無い
んだがシンセオーケストレーションは十分に大仰さがあり、メロディーは
日本人らしさ漂うアニソン系のキャッチーさからまるで歌謡曲のようなクサさを放つ曲まであり
この辺はやはり国産バンドの専売特許じゃろうて・・・!




オフィシャルで見てみる





満足度 80% お気に入り曲 旅立ちの酒宴  曇影の騎士  猛獣達の鎮魂歌 〜Requiem for The Beasts〜







もどる


inserted by FC2 system