Ebrof.H







"Doll"




日本のヴィジュアル系コンポーザーによる1stアルバム。


2011年秋のM3でゲットしてきたアルバムで、ヴォーカルとギターをこなす
Ebrof.Hなるミュージシャン、コンポーザー
による一人プロジェクトで、M3で同時に
シングルをリリースしたヴィジュアル系バンド、交響過激団ではリードヴォーカルを担当しており
こっちは彼のソロ名義による活動である。本作は自主制作の1stフルアルバムコンセプトアルバム
なっているようだが音楽的には意外な事にライトなポップロックの要素が濃いV系曲
アルバム前半を占めており驚かされる(ガッカリさせられる?)かも知れんが、中盤以降は
Moi dix Moisを劣化させたかのようなヴィジュアル系様式美シンフォニックメタル
顔を出しとりあえずは一安心と言った所だろうか・・・!本人がとっているヴォーカル
ヴィジュアル系のスタイルを持った怪しげな声質で上手くは無いがそこまで
稚拙ではなく何とか歌えておりギターはとりあえず弾いているってな塩梅で
テクニカルさは無いがまぁチープな打ち込みよりはマシだろうか!?プロダクションは
自主制作らしく悪めだがまぁしょうがない。

1曲目はシンセがアトモスフェリックな空気を演出、途中からシンフォニックで
ファンタジックなムード
を醸し出しリリカルで煌びやかなフィーリングを発散する
イントロ
で2曲目は意外な事にポップな穏やかさを感じさせるミドルテンポのライトな
ロックチューン
リードギターが明るいフレーズを奏でるもヴォーカルは怪しげな
ヴィジュアル系スタイルの男Vo
だ!サビは多少の憂いを感じさせるがやはり基本は
ポップな感じだな・・・!3曲目はこれまた明るめのポップロックだがピアノや
ストリングスも登場、
そして4曲目はようやく待ってましたのシリアスなムード
感じさせるアップテンポのダークな曲調となりストリングスシンセが聴けるも
実際はメタルではなくあくまでもV系の流れを汲んだ曲調だな。途中で英語の語り、
台詞
が聴けどこかXの影響がありそうだなぁ・・・!5曲目は怪しげなシンセ、ノイズ
聴けストリングス、ピアノがクラシカルなムードを演出するインスト。メタル色は無いが
こういう曲のほうが良い
なぁ・・・!6曲目はストリングスに導かれドラムがブラスト
披露するも本格的ブラックメタルというよりは初期Moi dix Moisライクな隙間があり
チープさが漂っているがその後はチェンバロが顔を出しサビは疾走!とりあえずは
シンフォニックヴィジュアルメタルの様相を醸し出しているな・・・!途中で語りも顔を出し
どうにも大根な感じだな・・・!まだまだ未熟でアレンジも纏め切れていない印象があるが
こういう曲調が最も受けるので今後はこういった曲を増やして頂きたいモンじゃて・・・!
7曲目は穏やかなピアノで幕を開けモロにMoi dix Moisの要素を感じさせるブラスト
ヘナチョコなファルセットが登場!これまたクラシカルなクサV系メタル風だがまだ
垢抜けない感満点である・・・!初期DIRライクな呻き絶叫も顔を出し
この辺は正しくV系マナーを受け継いでいるな。8曲目はオルゴール音
ストリングスシンセが聴けそしてツインリードが登場し疾走、
メロスピ
要素を感じさせる疾走チューンになり中盤以降でアカペラコーラスが
クワイア風に顔を出し、
ヴォーカルは結構パート毎に声色を変えようとしており頑張りは
伝わってくるな・・・!9曲目はピアノに始まり穏やかかつファンタジックなムード
漂わせるストリングスシンセも登場、ナヨさの強いV系ヴォーカルが聴けるバラード曲。
長い曲で纏め切れておらずかなり冗長になってしまっているなぁ・・・!


ジャケやコンセプトからゴシカルな様式美シンフォニックヴィジュアルメタル
期待していたがそういう要素を期待すると前半で激しくガッカリするだろう!メジャー志向の
セルアウトV系連中
に近いスタイルのポップで明るい音楽性なんでM3に足を運ぶような
コアなメタラー、リスナーにはまったくもって受けないだろう・・・!
中盤からはMoi dix Moisフォロワーと言えそうなシンフォニックV系メタル風
疾走曲
も顔を出すがあくまでもメタルではなくヴィジュアル系の範疇を脱し切れておらず
演奏、メロディー、アレンジもまだまだ未熟さが強くまぁこれからのミュージシャンだろうな・・・。
セルアウトV系色濃いポップス系のライトなロックはアンダーグラウンドではまったく
受けない
のでクオリティーを上げつつもっと様式美メタル、シンフォニックメタルの方面に
向かって欲しいがそれもまた売れ線に走ると言う意味ではセルアウトに他ならない所じゃて・・・!(爆)




オフィシャルで見てみる





満足度 60% お気に入り曲 Lost Concerto  Codeine  壊-kai-Codeine  Tearless







もどる


inserted by FC2 system