EYES OF FENRIR







"VICTORIOUS HOLY WAR"




日本のクサメタルプロジェクトによる1stアルバム。


我々のようなクサメタラーがかつて参考にしリスペクトした
伝説的な某メロスピサイトの管理人の某ワイフ
LEO FIGARO氏をヴォーカルに、ギターにKNIGHTS OF ROUND
野人氏を迎えリリースした初のアルバムである!夫婦揃って
ソングライティング能力を持ち共に素人は思えないクサメタル
発表してきたわけだがここにきてついにマジな活動を
開始した
のだろうか!?そんなわけで本作に収録されているのは
かつて我々が愛してやまなかったクサクサメロスピである!
北欧メタルを思わせるシンセがシンフォニックに舞いハイトーンVo、
クラシカルさを携えたギター
シンセのソロバトル、疾走感
まさにかつてのメロスピ黄金時代の音を出しているぞ!

前時代的なシンフォニックシンセが往年のクサメタルを
思わせるイントロ
が期待を煽り続く2曲目はそのまま
ギターが泣き疾走開始!モロ打ち込みな軽さのドラム等
プロダクションは悪いそれもまたクサメタルよ!
華麗なハイトーンを響かせるLEO氏のヴォーカルも
この手のメタルにマッチしておるのう・・・!
ギターソロとシンセソロも聴き所だな!クサいフレーズ
バンバン飛び出すぞ!その後はカウンターテナー的な
ファルセット
が登場しDのASAGIとはまた違った
オペラティックさを演出する!3曲目も疾走する
シンフォニックなクサクサメロスピで16分を刻む
トレモロリフが目立つもヴォーカルが入るとテンポダウンし
どこか落ち着きを見せるアレンジになるな。疾走するのは
イントロ、間奏だけだがツーバスは連打され細かいフレーズを
弾きこなす
ギターソロもタイトで良い!4曲目は派手な
印象
のあるイントロに始まりアップテンポで展開し
一筋縄ではいかないギターフレーズが面白い曲だ。
お約束のように登場するシンセソロ、ギターソロのバトル、
ユニゾンも熱いな!
5曲目はシンフォニックシンセが
ファンタジックな色合いを醸し出しギターも
明るくポジティヴなフレーズを奏で疾走する王道のメロスピだ!
サビもまさしくそんな感じでギターソロも実にクサい!
6曲目は勇壮なギターフレーズで始まるもアップテンポで
どこか淡々とした印象がある。ブリッジのギター、コーラスは
非常にクサいのう・・・!オルガンの音色でソロを弾く
シンセがこれまたクサすぎるわい!その後の展開は若干
プログレ的
だな。ラストのハイトーンは結構苦しそうで
線が細くなる
がそれもまた味よ!7曲目はどこかダークで
緊迫感
あるギター、シンセが聴けサビは疾走メロスピとなるが
全体的にシリアスだな。本作中北欧メタルに最も近い雰囲気
持っているぞ!8曲目はボーナスで4曲目の日本語ヴァージョンである。


打ち込みドラムの軽さ、もろシンセなオーケストレーション等
全体的なプロダクションこそ劣悪だがそれがまた往年の
メロスピ、クサメタル
を思わせ懐かしい気分にさせて
くれるではないか・・・!そう、俺がまだヴィジュアル系やら
パンク、エモやら何やらに浮気する前の、ただただ単純にメロスピ、
クサメタルを追及
していた頃を思わせる当時のメタルである!
全体的にシンフォニックで北欧メタルを思わせる雰囲気があり
リフやリズム面が弱く終始メロディー重視なのもまた
あの頃のメロスピだ!(爆)パワーは無いがしなやかさ
持ったヴォーカルがまたマッチしておるのう!かつての
クサメタラーが当時を振り返り懐かしさを覚える郷愁のアルバムだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Victorious Holy War、The Bravior







もどる


inserted by FC2 system