EXMORTUS







"In Hatred's Flame"




アメリカ出身のギターオリエンテッドデスラッシュバンドの1stアルバム。


とにかくギターが弾きまくりのデスラッシュバンドとして
1stにしてかなりの評判を得ているバンドである!
うちにも以前タレコミが来た事があり、その音楽性たるや
まさにデスラッシュ化したイングヴェイ、DRAGONFORCE!
2本のギターがソロはおろかオブリ、リフに至るまで
徹頭徹尾高速フレーズを披露し基本はネオクラシカルな
ハーモニックマイナー
なので80年代往年のシュラプネル系
胸を熱くしたリスナーの琴線にかなり触れるであろう!
強引さすら感じさせる高速フレーズ、アレンジはかのCACOPHONY
思わせる部分もあるな・・・!ただ爆走するだけではなく
ネオクラシカルを踏襲しているので様式美的な泣きメロ、
クサさ
を感じさせる部分もあり変拍子を駆使した技巧的なリズムも多い!

1曲目からさっそくギターが目立ちリフも細かく
リズムも変拍子気味でテクニカルさを見せ疾走!
ヴォーカルは吐き捨てるタイプのデス声でデスラッシュ的な
雰囲気だがとにかくギターが弾きまくっておる!
ソロどころかオブリもネオクラシカルな速弾き
かましまくっておりまさにイングヴェイライクだ!(爆)
2曲目もアグレッシヴに弾きまくるリフが強烈な
爆走チューンで途中メロディアスなソロも出てくるが
やはり基本はネオクラシカルなシュレッドである。
後半ではブラストも一瞬飛び出しさらに弾きまくり
ネオクラグレーズ
を連発、シュラプネル好きにはマジで
たまらん音世界
が構築されているぞ!3曲目はブラストで
始まり
やはりギターが弾きまくる!リフはどこかメロデス寄り
部分があるな。ラストは完全にネオクラ様式美クサさすら
感じさせるのう・・・!4曲目も弾きまくり爆走しまくりでブラストも
登場、5曲目はベースで始まりリフは重さが減ったごくノーマルな
正統派メタル風
だがどこかクサくやはり疾走している!
プロダクション的になぜかギターが軽くなりスカスカさが目立つが
これはベースを目立たせたいのだろうか!?全体的に
IRON MAIDENっぽい雰囲気があるな。6曲目はイントロから
さっそく速弾きネオクラギターが聴けるテクニカルインスト
チューンで1曲まるまるギターソロと言い切ってしまえそうな
曲である!7曲目も高速様式美ソロで始まり曲調自体は
ミドル、アップテンポなれどギターが速弾きしまくっており
ブラストも僅かながら顔を出すぞ。8曲目は正統派寄りの
カッコいいリフ
で始まりスラッシーに疾走、ギターがクレイジー
本作の中では普通のデスラッシュ寄りで後半メロディアスな
ツインリード
も登場!その後はやはり弾きまくりだ!
9曲目はブルータルさが増した刻みリフで爆走しブラストも
聴け特にデスメタル寄りになっているが疾走後はテンポダウン、
それでもギターはアグレッシヴな刻みを見せる!10曲目は
普通寄りのリフで始まるミドルテンポだが一瞬ネオクラギター
切り込みその後は爆走!叙情的なツインリード、様式美リフ
聴ける辺りが個性だな。ラストはアコギで締めるぞ。11曲目はこれまた
スタンダードなリフが聴けるアップテンポチューンで
途中から爆走開始!一瞬のベースの後に速弾きが登場するぞ!


音質こそ若干軽いもののあまり気になるほどではなく
DRAGONFORCE同様行き着くところまで行き着いた
究極の極端さ
を持ったアルバムである!質は高いが
没個性のバンドが多い中彼らの存在は貴重だな!
ベースやドラムも何気に高い技巧を持っているが
やはりギターに耳が行ってしまうのう・・・!
とことん個性を追求し極端さを極める!これぞまさに
メタルの、アートの醍醐味ではなかろうか!?
爆走しまくりの印象があるが実際にはヴォーカルパートは
ミドル、アップテンポくらいのリズムが多いものの
純然たるスローチューンは皆無でどの曲もテンポ良く
高速シュレッドを刻み込んでいる
ため曲自体も速く
感じられる
のであろう・・・!ギターキッズも
そうでないメタラーも、ギター好きならかなり
楽しめる
であろうアルバムだ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 90% お気に入り曲 全部







もどる


inserted by FC2 system