EXENEMY







"The Choir of the Martyrs"




バングラデシュ出身のメロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


バングラデシュの首都ダッカから登場したツインギター、シンセを含む
6ピースバンド
で、本作がデビューアルバムらしく音楽的にはクサめの
勇壮さ
を放ちつつ、同時にピロピロしまくるギターが目立った正統派寄りの
メロパワ
となっており、ジャーマン的なノリを見せつつ部分的にシンセも交え、
部分的に不安定だがハイトーンでそこそこ歌えているVo、なかなかに
しっかりしたプロダクション、やや強引さがありつつも凝った印象のある
楽曲展開と、HM/HR辺境地の怪しさを交えつつ辺境らしからぬ洗練された
メロディックパワーメタル
を聴かせてくれるぞ!

1曲目は大砲SEに続いて早速勇壮でクサいギターと共に疾走!だがその後は
テンポダウン正統派HM/HR的な面を見せるのう・・・!2曲目も正統派的な
ギター
が勢いを放つアップテンポで、ベースソロが顔を出しオーオー言う
コーラス
も印象的だな。3曲目はやけにストロングなダーティーさを演出、
Voがダミ声、ハイトーンを交え胡散臭さを放ちつつDRAGONFORCEばりの
ピロピロ、ブラスト
も聴けるぞ。4曲目もまたDRAGONFORCE風のクサい
ツインギターと共に疾走!
コーラス等まんまパクリな印象があり、
Voが結構不安定
なのが惜しいな・・・!5曲目はクリーンギターが穏やかなバラードで、
メロウなツインリードが盛り上がるもこういう曲だとやはりVoが厳しいか!?
6曲目は再びクサくも怪しげなストロングさが見られ、7曲目は穏やかなピアノが聴ける
再びVoが微妙なバラードだ。8曲目は再び正統派らしい硬派さ漂う
ミドルチューン
となり、9曲目はワイルドな軽快さのあるアップテンポで
どことなくIRON MAIDENに近く、ベースラインも目立っているのう・・・!
10曲目はこれまたVoが微妙なバラードで、かなり穏やかな感じだな。


ジャーマン的なストロングさ、正統派らしさを持ちつつ部分的に強引で
胡散臭いメロパワ
をプレイしており、部分的にDRAGONFORCE的なピロピロ、
疾走感が見られ、
曲によってはまんまパクリな面もあるだろうか!?
オーソドックスなジャーマンメタルと見せかけて辺境らしい
無理矢理感漂う胡散臭さ
が個性的なバンドである!メロディーにも
憂いが備わっており
好印象だが、リスナーによっては変に展開に凝らず
もっとストレートに疾走して欲しい
と感じるだろうな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 82% お気に入り曲 MIA  Rusty Wings  Victory Serenade







もどる


inserted by FC2 system