EVOCATION







"Dead Calm Chaos"




スウェーデン出身のメロディックデスメタルバンドによる2ndアルバム。


90年代イエテボリ・スタイル初期型北欧メロデスを今に体現する、知る人ぞ知る
隠れた名バンドらしく、一時期活動停止していたらしいが2007年に突如再結成し
翌2008年にリリースされた
のが彼等の通算2作目のアルバムとなる本作である!
音楽的にはまさしく北欧メロデス黎明期の音今に蘇らせているかのような昔ながらの
イエテボリサウンド
を再現しており、メタルコア以降の要素を感じさせない
慟哭タイプのギターフレーズ
を主軸としつつAT THE GATES辺りを彷彿とさせるゴリゴリ感
同居させており、叙情性を重視したミドルテンポのパートも多いが疾走感も備わっており、
テンポの遅さによるダレは無く慟哭サウンドにマッチしたリズムとなっておる!

1曲目は暗く怪しげなアコギが聴ける出だしに続きバンドサウンドも登場、正統派メタル的な
ツインリード
叙情性を演出するイントロで、続く2曲目も叙情的なギターフレーズがまさしく
古き良きオールドスクールな北欧メロディックデスの雰囲気を演出、ヴォーカルも喚きタイプの
デスVo
で、途中から急に疾走し強引さも見せつつリードギターがひたすらにメロウである!
ギターソロも完全メロディー重視スタイルで良いな・・・!3曲目もまた叙情的なギターが
イエテボリサウンド
を今に再現しており、疾走感もありブラストビートも顔を出すがドラムは
軽めだな。
4曲目はトレモロリフに始まりこれまた疾走、リフが慟哭タイプでたまらんが、
その後は怪しげなベースが目立つスローテンポになりつつも基本は疾走チューンだな。
5曲目は怪しげなリフ、リズムが聴ける重々しいスローチューンで、これまたギターのメロディーが
慟哭しまくりで良いなぁ・・・!6曲目も叙情リードギターに始まりブラスト気味のドラムと共に疾走!
ストレートな慟哭サウンドを披露する王道メロデスで、7曲目もトレモロ系の叙情リフに始まり
アップテンポで展開、疾走パートもありギターがやはり慟哭しておるのう!ギターソロもこれまた
完全メロディー重視のプレイである!8曲目もまた慟哭リフと共に疾走するストレートな初期メロデスとなり、
この曲もまたギターソロがメロディアスじゃのう・・・!9曲目はブラストで幕を明けるもその後は
へヴィな印象を放つミドルテンポになり、10曲目もまたへヴィでストロングな印象を放つも
ノリの良いリズムで展開しメロディアスなギターも目立っているな。11曲目もまた重々しさを
醸し出すスローテンポ
で展開し、ギターもメロディアスながらどこか退廃的だろうか!?
12曲目は久々の疾走チューンとなりギターはトレモロを披露、中盤はテンポダウン叙情的な
リードギター
メランコリックさを演出するのう・・・!


近代的なエクストリームメタルに完全に逆行した、90年代型の北欧慟哭メロディックデスメタル
憚る事無く堂々とプレイしており、前時代的にも程があるがこういうサウンドを愛する俺等のような
メタラーにとってはたまらんバンドである!近代メタルコアが皆脱メロデスしへヴィなスクリーモか
デジタル音だらけのチャラいサウンド
に転進、さらに本場北欧のメロデスキラキラ系かもしくは
時流に合わせたモダンな感じになってしまっている昨今、こういったオールドスクールなバンド
シーンには必要なのだ!かつてのスウェディッシュ慟哭メロデスを愛するメロデサーにオススメじゃ!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Silent Sleep  Angel of Torment  Truth Will Come Clear
Dust  Protected by What Gods  Razored to the Bone







もどる


inserted by FC2 system