EVERFLOW







"Abandoned"




ギリシャ出身のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


98年にギリシャから登場したバンドによるデビューアルバムだが、本作以前に
リリースされた自主制作EPの曲に新曲を加えてギリシャのレーベルから新たに
リリースされ直した変則的なアルバムらしい・・・!
音楽的にはシンセが目立った
プログレメタル要素入りのメロディックメタルと言った感じで、シリアスな空気を
醸し出す辺りがいかにもプログレメタルだが、あまりテクニカルな冗長さは無く
正統派HM/HRに近い印象があり、音質は悪く軽めだがヴォーカルはかなり
ジェフ・ティトに影響を受けている感じのハイトーンでキッチリ歌えており、
ヘナチョコさが無いのが好印象だな・・・!

1曲目はピアノ、シンセが美麗さを放ち泣きのギターも顔を出す長めのイントロで、
2曲目はシンセやギターがなかなかにシリアスなムードを放ち、ジェフ・ティトの
影響がかなり強そうなハイトーンVo
が登場!シンセが結構シンフォニック寄りの
ファンタジックさ
を見せており、クワイア的コーラスも聴けるぞ。3曲目は刻みギター、ピアノが
神秘的なムードを演出、スペイシーさのある正統派HM/HRか!?
4曲目もシンセが聴けつつ淡々とした感じで、5曲目はストリングス系シンセと
ギターが劇的に絡むも、
曲自体はやはり淡々としたスローテンポでヘヴィさもあるな。
6曲目はなかなかにドラマティックなギター、シンセが聴けそこそこキャッチーさ、
メロディアスさ
が見られるだろうか!?7曲目はアコギ、ピアノ、シンセによるバラード系で、
途中からプログレメタル化クワイア流麗なギターソロも顔を出すぞ。
8曲目はツインギター、シンセが神秘的なシリアスさを演出し、途中から珍しく疾走するのう・・・!
9曲目もアップテンポ要素が見られるヘヴィでシリアスなプログレメタルとなり、
10曲目はリフが力強いアップテンポ寄りで、エキゾチックなフレーズも顔を出し
11曲目はツインギターに始まり笛系のシンセも聴ける淡々としたバラード風だな。


シンフォニックな音使いのシンセにプログレメタルらしいテクニカルな
タイトさ
を放つバンドサウンド、シアトリカルかつジェフ・ティトな
力強いハイトーンVo
によるシリアスでドラマティックなプログレメタルで、
音質だけが悪いもののなかなかに良質なHM/HRを聴かせてくれるバンドである!
ただこの手のプログレメタルらしくメロディーにフックは無く、疾走感も無く
全体的に淡々としたミドルテンポがメインで人によってはダレを覚えるかもな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 77% お気に入り曲 Soiled  A Dream Within A Dream







もどる


inserted by FC2 system