EVENOIRE







"Vitriol"




イタリア出身の女性Voゴシックメタルバンドの1stアルバム。


フルートもプレイする女性シンガーをフロントに据えたイタリア産のバンドで、音楽的には
フィメールシンフォニックゴシック系ではあるがありがちなタイプではなくそこまで大仰に
盛り上がるシンフォニックさ
は無いがその代わり民謡のエッセンスを加え牧歌的な要素を演出、
さらにプログレ的なアンサンブルも随所に交えエキゾチックなパートも顔を出しデス要素
部分的に登場、オーソドックスながら一風変わったゴシックメタルとなっておる!

1曲目はストリングス、ハープの音色優雅なクラシカルさを演出しシンフォニックな
盛り上がり
を見せるイントロで続く2曲目はストリングスホーン系シンセを交えつつ
モダン系とは異なるヘヴィさのあるバンドサウンドが聴けスローテンポで怪しくも淡々と展開、
笛の音も顔を出し牧歌的民謡要素を交えつつコケティッシュな女性Voが登場!エキゾチックな
フレーズ
も聴けさらに疾走しデスVoも飛び出しなかなかにドラマティックじゃのう・・・!
3曲目は笛、クリーンギター穏やかな民謡ムードを演出しつつリズムが変拍子系で
テクニカルな部分
もありそしてヘヴィな音作りになりエキゾチックな盛り上がりを見せるぞ。
メロディアスなギターソロも聴けるのう・・・!4曲目はスリリングさのあるアンサンブルが
どこかプログレッシヴなムードを放ちこの手のバンドらしからぬテクニカルさを見せつつ
怪しさもしかとありエキゾチックなスキャットも登場、ストリングスが盛り上がりつつ
結構ベースが目立っており途中から叙情的なパートに突入しアンニュイな空気を放つぞ。
中盤で微かにデスVoも顔を出し展開もなかなかに凝っておるな・・・!5曲目はアコギで幕を開け
女性Voがエモーショナルに歌う短い繋ぎで続く6曲目はバンドサウンドにストリングスと
ピアノが乗りハードかつ淡々としたアンサンブルが聴けどこか気だるい退廃ムードを演出、
途中のピアノとアコギによるメロウなパートが良いな。プログレ的リズムもまた
顔を出すぞ!後半では珍しくデジタルサウンドが聴け退廃的なギターソロも登場するのう・・・!
7曲目はアコギが穏やかさを見せパーカッシヴなドラム、ハーディーガーディーが
民謡ライクなムードを演出、
その後のヴォーカル、アコギは完全に民謡のそれとなり
クサさ
を見せ軽快なアップテンポで盛り上がりその後バンドサウンドも登場だ!
中盤は民謡要素を保ちつつ変拍子リズムが聴けプログレ的な部分も垣間見せるぞ。
後半の笛、ストリングス民謡クサさ満点じゃのう・・・!8曲目はヘヴィさを
見せるバンドサウンド
に乗るエキゾチックな怪しさを強烈に放ち
ヴォーカルパートは叙情性があるぞ。中盤ではシンセオルガンの音色も顔を出し
何気にベースも目立っているな。9曲目は淡々としたバンドサウンド笛の音が乗り
これまた怪しいエキゾチックさを演出、やはりベースが妙に目立ち中盤以降はやはり
プログレ的側面が顔を出し細かいフレーズを弾くギターソロも登場、速弾きではないが
本作中最も手数多いプレイを披露しているぞ!


中東的なエキゾチックさのあるメロに民謡系の牧歌的なフルートを加え部分的にプログレッシヴ
アンサンブル、展開を見せつつも基本は王道を行くストレートなフィメールゴシックメタル
シンフォニックでもあるがそこまでオーケストラが大仰に盛り上がるわけではなく基本は淡々とした
スロー、ミドル
で展開、気をてらうよりも楽曲の良さで勝負するタイプのバンドである!
雰囲気モノに陥りがちなこの手のジャンルだがエキゾチック系のメロディーがなかなかに良く
女性Voモノとしてゴサー以外にもオススメ出来る新人らしからぬ高品質バンドだと言えよう!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 83% お気に入り曲 Days Of The Blackbird  Misleading Paradise  Forever Gone
Minstrel Of Dolomites







もどる


inserted by FC2 system