ETERNITY'S END







"The Fire Within"




ドイツ、オランダ、アメリカの混成メンバーによるメロディックメタルバンドの1stアルバム。


OBSCURAの元メンバーとELEGYで歌っていた実力派シンガー、イアン・パリーによって
新たに結成されたバンドのデビュー作で、音楽的にはOBSCURA絡みながらに
エクストリームメタル
では無く、ネオクラシカルに弾きまくる流麗なギターと
シンセ
が聴ける正統派HM/HR色濃いメロディックメタルとなっており、
イアン・パリーの歌い回しも音楽性にマッチした歌唱で、ネオクラシカル様式美を
歌うのに適した人材
である事が改めて伺えるのう・・・!

1曲目は鋭さを感じさせるリフが聴け、正統派HM/HRらしさを放ちつつ
シンセ、ギターのユニゾンがネオクラ風味を演出!2曲目も正統派寄りのストロングな
ギター
が聴けるパワーメタルで、途中クワイアも顔を出しネオクラギターも登場!
3曲目もネオクラシカルさと共にパワフルさが見られ、エモーショナルなギターも聴けるぞ。
4曲目は派手なシンセネオクラシカルさを放ち疾走!様式美メロパワと言える曲調で、
ギター、シンセのユニゾンソロが大きな聴き所か!?5曲目はサビが凄まじくキャッチー
ミドル曲で、6曲目はジャーマン的に刻まれるリフが聴けつつ様式美要素も目立った
疾走チューンとなり、チェンバロ系シンセ、ギターソロもカッコいいのう・・・!
7曲目は軽快なアップテンポで正統派寄りになり、サビはこれまたキャッチーだな。
クラシカルなチェンバロもたまらんわい!8曲目はスローテンポの中に
ネオクラシカルな情緒が見られ、9曲目はネオクラ要素満点のギター、シンセと共に
勢い良く疾走!ソロパートも実にネオクラシカルで素晴らしい!
10曲目はパワーメタル路線のストロングな疾走チューンで、様式美要素は薄いが
中盤でスローテンポになりエキゾチックさも見られるのう・・・!


OBSCURAもデスコア、テクニカルデスでありつつ流麗なギターがメロディアスな
印象を放つバンド
だったが、こっちはエクストリーム要素が微塵も感じられない、
正統派らしさを持ったメロディックメタルを追求しており、ネオクラシカルな
ギター、シンセ
イアン・パリーの熱唱が存分に堪能出来るぞ!
コッテコテの様式美メタルでは無く、基本は正統派寄りストロングなメロパワで、
そこにネオクラシカルなギター、シンセが乗り硬派さを漂わせているのが特徴だな。
演奏、プロダクションも良くヴォーカルラインもかなりキャッチーで
ドラマティックなフック
が感じられるのも好印象である!ネオクラ好きのみならず
正統派、メロパワ好きにもオススメ出来る良バンドだ!ここまで王道路線かつ
質の高い様式美メタル
は何気に久々じゃわい!



Amazon.co.jpで見てみる




満足度 88% お気に入り曲 全部。特に“Eagle Divine”“Twilight Warrior”
“Moonstruck”“The Fall of the House of Usher”







もどる


inserted by FC2 system