ETERNAL TEARS OF SORROW







"A Virgin And A Whore"




フィンランド出身のメロディックデス/ゴシックメタルバンドの4thアルバム。


KALMAHのメンバーが在籍している他、メンバーの出入りや
都合が多く
幾度も活動停止、再開を繰り返すバンドで
本作を最後に活動停止、現在はまた活動しているようだ・・・。
音楽的には疾走メロデススタイルのKALMAHとは異なり北欧らしい
透明感ある情緒、クサメロ
こそ一致しているがこっちはどちらかと
言えばミドルテンポで淡々と展開する曲が多く最近の
AMORPHIS
を思わせるゴシックメタルに近い雰囲気があるな。

1曲目は煌びやかなシンセ、ピアノで始まりバンドサウンドも
登場、ピコピコしたシンセが妙なチープさを放ちつつも
どこかハモンドっぽくメロディーもクサいな(笑)。
疾走感は無くミドルテンポで淡々としているがこのクサさは
やはり北欧だ(爆)。ギターソロも実に泣きまくっており
クサさに満ちておる
のう・・・!2曲目もハモンド寄りの
ピコピコシンセがクサメロを奏で今度はアップテンポになる曲だ!
途中のキラキラしたシンセ、その後のギターソロも光っているわい!
3曲目はギターソロで幕を開けるミドル〜アップテンポ曲で
ハモンド的シンセがフィーチャーされた叙情パートはどこか
プログレに通じる要素
もあるのう・・・!4曲目はギターリフ
目立つようになるも今度はシンフォニックな壮大さを感じさせる
シンセがバックで登場する!5曲目はアコギが聴け穏やかさを
演出、ヴォーカルもクリーンで物悲しく歌い上げるバラード曲だ。
しわがれたデス声も登場するがどうも弱めでそこが惜しいのう!
全部クリーンで歌えば良かったのになぁ・・・!ピアノも
また悲しく美しい音色を響かせ何とも北欧らしいセンスに満ちた
叙情的な楽曲だ!ラストの泣きのギターソロも良い!
6曲目はリリカルなシンセ、へヴィなバンドサウンドが聴け
アップテンポ寄りとなりここ近年のAMORPHISっぽい
雰囲気が強いぞ!ギターソロもやはりエモーショナルだ。
7曲目はACCEPTのカヴァーでノリの良いリフ、リズムで疾走する
バンドの雰囲気とはかけ離れた曲調で良く言えばフック、
悪く言えばフワフワした違和感に繋がってしまうかもしれんのう・・・!
8曲目も疾走曲だが今度はバンドにマッチしたシンセが舞う
KALMAH的な雰囲気も持ち合わせた曲になっているがやはりあくまでも
メロデスではなくゴシックメタル的なアレンジになっている。
シンセソロ、続くギターソロがやはり聴き所で後者はメロディー重視
本バンドにあって珍しくアグレッシヴに弾きまくっているぞ!9曲目は
ベース、ピアノで幕を開けバンドサウンド、メランコリックな
ピアノ、低音の渋いクリーンVoが聴ける暗く叙情的なミドル曲。
日本盤ボーナスの10曲目はPARADISE LOSTのカヴァー
やはり地味に感じられるのう・・・(爆)11曲目は5曲目の
アコースティックヴァージョン物悲しい叙情性
さらに引き立つ好アレンジになっているぞ!


メロデススタイルに特化したKALMAHとは異なり最近の
AMORPHIS
と同じ方向性を持った、北欧らしい寒々しさ、
土着の民謡クサさ
も感じさせるアレンジが魅力のゴシックメタルスタイルと
なっておりAMORPHISが好きなら彼らもツボにハマりそうだな。
ハモンド的なシンセが徹頭徹尾クサメロを奏で地味で淡々とした印象は
あるもメロディーセンスは確かなものがあるので北欧らしい冷たい
叙情性、土着性のあるクサメロ
を愛し疾走に拘らないメタラーならば
かなりの愛聴盤となりうるポテンシャルを秘めているぞ!ただデス声が
若干弱く
そこが評価を分けるかもしれんな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Aurora Borealis、Heart of Wilderness、
Fall of Man、River Flows Frozen、Blood of Hatred







"Before the Bleeding Sun"




フィンランド出身のメロディックデス/ゴシックメタルバンドの5thアルバム。


KALMAHでも活動しているフィンランド産実力派メランコリック系メロデスバンドによる
通算5作目のアルバムで、どうやらメンバーチェンジがあったようでギターとキーボードが
交代しており、
その影響かどうかは知らんがAMORPHISタイプだった前作と異なり、全体的に
初期CHILDREN OF BODOMに接近したような印象があり様式美系のクッサイギターとシンセ
前面に押し出されているがやはりメランコリックでメロウな要素は強く漂っておるわい!

1曲目はメロウな出だしからスペイシーなシンセ、いかにも北欧らしいバンドサウンド
顔を出し疾走開始!CHILDREN OF BODOM以降の北欧メロデスな空気が漂っているがやはり
こっちのほうがメランコリックさでは上じゃのう・・・!中盤のミステリアスなシンセ、
続くメロディアスさ満点のギターソロが聴き所である!2曲目はどこか様式美的な空気
醸し出しCHILDREN OF BODOMライクなノリを見せるアップテンポチューンで、ギターやシンセ等
オブリがいちいちクサくたまらんわい!
3曲目はメランコリックさ満点の湿ったピアノが
叙情性
を放ちクリーンVoも登場、過去作に通じるゴシックメタル系の音作りを見せているな。
フィメールVoを含む厚めのコーラスも顔を出すぞ!4曲目は再び壮麗で派手な音作りになり
怪しげなパートを交えつつドラマティックなギター、シンセも登場する!5曲目は怪しげで
ミステリアスなコーラス、シンセ
が顔を出す重厚なスローチューン。短い曲なんだが
ラストのストリングスシンセが実に美しく、続く6曲目もまた怪しげで淡々とした雰囲気を醸し出す
スロー曲となりコーラス、フィメールVoも登場、7曲目も壮麗かつ神秘的なシンセに
ギター、ピアノ
が顔を出しミドルテンポで展開、メランコリックゴシック要素も強いな・・・!
ギターソロがまたドラマティックでたまらんわい!8曲目はミステリアスかつ軽快なノリを放つ
アップテンポ曲で、再びCHILDREN OF BODOM要素が強まり疾走!9曲目は叙情的な出だしから
シンフォニックなストリングス系シンセが登場、スローテンポでドラマティックさを放ち
分厚いコーラスも聴け神秘的な大仰さ漂う9分近くある大作である!
中盤から疾走し始め構築されたギター、シンセソロが顔を出すぞ!


前作まであったゴシカルな大人しさが減退し、初期CHILDREN OF BODOM的な派手さ
目立つようになりクサメタラーに喜ばれるのはこっちの方向性だろうな・・・!
AMORPHISタイプのメランコリックゴシックも良いが今のチルボドには無い、こういう
北欧らしい湿り気を内包したメロディアスな様式美メロデスはやはりツボである!
それでいてETERNAL TEARS OF SORROWらしいエモーショナルなゴシック風味もしかと
残されており初期CHILDREN OF BODOMにも無い強みがあるのも良いのう・・・!疾走曲はそれほど多くなく
ミドル、スローチューンも多いがそういった曲が捨て曲にならないのが彼らの確かなセンスである!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 84% お気に入り曲 Sweet Lilith of My Dreams  Another Me  Upon the Moors
Tar Still Flows







"Children of the Dark Waters"




フィンランド出身のメロディックデス/ゴシックメタルバンドの6thアルバム。


KALMAHのメンバーが在籍することで知られるバンドで、
あっちが初期CHILDREN OF BODOM要素のあるシンセが
目立ったメロデス
をプレイしているのに対しこっちは
どちらかといえばゴシックメタル的な雰囲気を持ち
疾走パートもあるが基本はミドル、スロー
ピコピコしたシンセがクサメロを奏でここ近年のAMORPHISに通じる
どこか淡々とした感じがあったが本作はシンフォニックな
シンセサウンド
も目立っており疾走パートもあるぞ!

1曲目はSE、ストリングス系のシンセに続き中東風の
エキゾチックなフレーズ
を聴かせるバンドサウンドが登場する
シンフォニックさを持ったメロデス/ゴシックメタルである!
ヴォーカルもデス声のみならず呟くようなダミ声も使い
フィメールシンフォ系ではない、PARADISE LOST直系の王道を行く
ゴシックメタルっぽい雰囲気があるのう・・・!ギターソロは
レガートな速弾きを見せテクニックもあるぞ。2曲目はピアノで
幕を開けこれまたシンフォニックなシンセが北欧らしい
寒々しさ
を演出しデジタル音も登場、疾走感あるメロデスらしい
曲調である!ギターソロもメロディアスかつシュレッドプレイ
披露し聴き所となっているな。3曲目もピアノ、シンセが聴ける
北欧らしいメランコリックなサウンドでメロデスというよりは
やはりゴシックの雰囲気が強く最近のAMORPHISに通じる
要素
があるのう・・・!クリーンなコーラスも登場し
フィメールクワイア風のシンセも良きアクセントだな。
4曲目は大仰に盛り上がり煌びやかな音色やホーンの音を
放つシンセが聴けシンフォニックメタルの色合いも感じさせ
部分的にブラストも登場するぞ!途中メランコリックさが
際立ったパートではクリーンVoも顔を出しその後なぜか
メロスピ系のハイトーンまで一瞬聴ける!(爆)5曲目はかなり
マイルドで渋いクリーンVoが歌い上げ何とも北欧らしい
冷たい叙情性に満ちたほの暗いメタルバラード的風情を醸し出す!
フィメールVoもコーラス的に顔を出しギターソロもテクニカルながら
実にエモーショナルな音色
を聴かせてくれるぞ。6曲目は
シンセが大仰に目立ちつつもどこかダンサブルなリズムが
印象的なノリの良い北欧ゴシックメタルだ。7曲目は
シンセリフが緊迫感を放つ疾走曲でクリーンVoもマイルドな低音ではなく
北欧メタルらしい高音域ハイトーンも披露!ギターソロも
ドラマティックな展開を見せ泣きのメロディーも良いのう・・・!
その後はフィメールVoも登場し叙情性を前面に押し出したパートになり
妙にうねった電子音フレーズも聴ける。8曲目は笛の音色が実に
牧歌的で北欧の民謡ライクな要素が濃い曲で途中からクッサイシンセと
共に疾走!
短さが悔やまれるも続く9曲目は前曲の雰囲気を残した
アップテンポチューンでシンセ、クリーンなコーラスがインパクトを放ち
下手すればデスメタルには聴こえず正統派の北欧メタル、
シンフォ系メロスピ
っぽいかも知れんが途中のブラスト
一応はデス系であることを証明しているな。ギターソロ、大仰なシンセ
オーケストレーション
も実に良い仕事をしているぞ!


前のアルバムはハモンドっぽいピコピコシンセがかなり目立ち
終始クサメロを奏で淡々とした印象があったが本作では
そういったシンセは減退、変わりに壮大なシンフォメタル的な
使い方をするようになりシンフォブラックっぽさも感じされ
疾走パートも顔を出すようになっている!
短いながらブラストビートも聴け方向性の変化が見られるがクサさは
残っており
こっちはこっちでまた楽しめるだろう!
あとはプロダクションの軽さ、若干の地味さくらいか・・・!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 Baptized by the Blood of Angels、
Tears of Autumn Rain、Summon the Wild、
Diary of Demonic Dreams、Nocturne Thule







"Saivon Lapsi"




フィンランド出身のメロディックデス/ゴシックメタルバンドの7thアルバム。


メタルの聖地フィンランドが誇るメロデス/メランコリックゴシックメタルバンドによる、
何と4年振りの最新アルバムである!メンバーはKALMAHでも活動しており、あっちが
初期CHILDREN OF BODOMタイプのメロデスなのに対しこっちはAMORPHIS辺りの流れを汲んだ
メランコリックで神秘的、叙情的なゴシックメタル要素も内包しており、ヴォーカルも
デスVoのみならずクリーンフィメールVoによるコーラスも多用、シンセを全面的に
押し出したいかにも北欧な湿り気、冷気を持ったエモい音作りを見せておる!

1曲目は神秘的なムードを放つイントロで、続く2曲目はこれまたミステリアスで
怪しげ
ながらもメランコリックな空気を放っており壮麗なシンセをバックに
アップテンポ
で展開、フィメールVoやクリーンVoによるコーラスも顔を出しどこか
エキゾチックなメロディーを聴かせてくれるのう・・・!3曲目はチルボドを
彷彿とさせるシンセフレーズが顔を出し疾走!
いかにも北欧メロデスな音作りを
見せておるな。
4曲目は気だるさのあるアコギが聴ける短い繋ぎのインストで、
続く5曲目はシンセに加え冷たいピアノも顔を出し淡々と展開するミドルテンポ曲。
中盤でクリーンVoも顔を出しエモさを見せているな。ギターソロはなかなかに流麗である。
6曲目はアップテンポの美麗なコーラスで幕を開けるもその後はミドルテンポになり
神秘的かつ淡々とした印象があるのう・・・!
ギターの音色はデスメタルにしては
意外とライト
なんだがシンセがメインなんで物足り無さは感じられないか!?
途中でこれまたクリーンVoも顔を出すぞ!7曲目はメロウさ満点のピアノ、エモーショナルな
クリーンVo、女性Vo
によるバラードで、この北欧情緒満点の音作りがたまらんのう・・・!
メロディーに北欧土着の民謡風味が感じられる辺りはAMORPHISに近い部分だな。
途中からバンドサウンドが盛り上がりを見せるぞ。8曲目は神秘的なムードを醸し出しつつ
ツーバスが連打されデスVoもどこかブラックメタル風で、アグレッシヴな色合いもあるが基本は
スロー、ミドルテンポである。エキゾチックなクリーンVoも顔を出し、中盤以降は
シンセがシンフォニックになるのう・・・!9曲目は冷たくも穏やかなムードがあり
ヴォーカルも早速クリーンで歌い叙情的なリードギターも登場、後半の劇的な
盛り上がり、メロディアスさ
がたまらんなぁ・・・!10曲目は怪しげなミステリアスさと
モダンな要素
を内包したアップテンポ曲で、ギターの細かいバッキング
また印象的だな。サビはクリーンVoになるぞ!11曲目は怪しくも淡々としたムード漂う
気だるい出だし
でピアノも登場、どこかホラーライクなムードがあるスロー曲だ。


一時期は初期CHILDREN OF BODOM要素が強くなっておりKALMAHと差が無くなって
来ていた印象もあったが、
本作では再びメランコリックゴシック風味が増強され
疾走曲は減ったがメロウなエモーショナル、湿った叙情性は不変でこの辺りは
流石のクオリティーを誇っていると言えよう・・・!シンフォニックかつ神秘的な
ストリングス系シンセ、メロウさ満点のピアノ
がまたたまらんわい!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 82% お気に入り曲 Legion of Beast  The Day  Sound of Silence
Beneath the Frozen Leaves  Swan Saivo  Blood Stained Sea







もどる


inserted by FC2 system