EREB ALTOR







"Gastrike"




スウェーデン出身のペイガン/ブラックメタルバンドによる3rdアルバム。


結成されたのは90年代らしく何気にキャリアの長いバンドで、音楽的にはペイガン系の
ヴァイキングメタル
が基本ではあるが、所謂フォークメタル的な牧歌的なほのぼの感は無く
ペイガン系の勇壮さ、男らしさ
が全面に押し出された硬派なスタイルを見せており、
基本はミドル〜スローテンポではあるがブラックメタル的な禍々しさ、退廃ムード
持ち合わせブラストビートで爆走するパートも目立っているぞ!

1曲目はミドルテンポ淡々と展開しつつ途中からブラストが炸裂、ノイジーさのある
ギターサウンド
しわがれた吐き捨てデスVoブラックメタルに通じるものがあり
禍々しさを見せているが、ミドルパートは土着的なペイガン要素が感じられるな。
2曲目はヴァイオリンと言うかフィドル系の音色民謡クサさを演出するも、その後は
ダークさのある退廃的なバンドサウンドとなりスローテンポで展開し、さらに途中から
ブラストで勢い良く爆走!勇壮さも感じさせ中盤はテンポダウンクリーンVoによる
怪しげなコーラス
も聴けるぞ。後半のブラストパートで登場するギター大仰で良いな・・・!
3曲目は怪しさ漂う出だしからノイジーなギターが登場、リードギターも顔を出しつつ
これまたミドル〜スローテンポとなりシンセやフィメールVoも聴けるぞ。途中で穏やかな
クリーンギター
男コーラスが顔を出すのう・・・。後半はこれまたブラストで爆走だ!
4曲目もどこか退廃的なミドルテンポだが、その後はアップテンポになり禍々しさを演出、怪しさ漂う
コーラスワーク
も顔を出しこれまたブラストも聴けるが、やはり基本的にはミドルテンポじゃのう・・・!
5曲目はダミ声気味に歌い上げるヴォーカル、勇壮さのある混声コーラスワークが印象的な曲で、
ギターソロも顔を出し細かくもなかなかにメロディアスなプレイを披露しているな。中盤以降は退廃的な
怪しさを演出、
どこかアンニュイな空気も感じられるがブラックメタルらしい緊迫感もあるぞ。
6曲目はSEに始まりへヴィさのあるギターリフが登場、重苦しい雰囲気を発散し怪しげなコーラス
顔を出し始め叙情的なリードギターと共に疾走するぞ!中盤のクリーンVoがまた相当に怪しいながらも
叙情的なクサさ、幽玄さを放っておりフックとなっているな・・・!7曲目はいかにもブラックメタルらしい
禍々しさ満点のブラスト、トレモロで疾走!
まぁミドルテンポのパートも目立っているが、シンセも聴け
シンフォニックブラック
の様相を醸し出しこれまた怪しげなコーラスも登場!胡散臭くも
実にドラマティックじゃのう・・・!
中盤では淡々としたクリーンギター、ベースが何とも言えない
不穏な怪しさを演出し、その後はまた勢い良く疾走するぞ!


勇壮さ重視のペイガンメタル邪悪で禍々しいブラックメタル要素を混ぜ合わせ、
それでいてブラストビートもある事はあるがテンポは基本ミドル〜スローとなっており、
退廃的な空気はある意味ドゥーム/ゴシックメタルに通じるものもあるだろうか!?
極端な民謡クサさブラストで爆走しまくるブラックメタルを期待すると肩透かしだが、
土着要素の強いネイチャー系のブラックメタルと思って聴くのが正しい鑑賞法か!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 78% お気に入り曲 Dance Of Darkness  I Djupet Se Svart  Seven







"Fire Meets Ice"




スウェーデン出身のペイガン/ブラックメタルバンドによる4thアルバム。


ペイガン系の勇壮なヴァイキングメタル要素シンフォニックさのある
メロディックブラック
を融合させたネイチャー寄りバンドによる通算4作目のアルバムである!
本作も音楽的には前作の流れを汲んだブラックメタルとペイガンメタルの融合系だが、
本作はさらに大自然的なネイチャー要素を増強した感があり、疾走感ブラックメタル的な
吐き捨てデスVoが減退
しているが、その分神秘的で重厚な雰囲気モノに接近した感があるな・・・!

1曲目は早速の10分近くある大作で、ピアノ、アコギメランコリックなムードを演出し
叙情性を放つが、その後は淡々としつつもへヴィで退廃的なバンドサウンドが顔を出し
コーラスも登場、スローテンポペイガン、ネイチャー系の大自然ムードを演出し
ヴォーカルはダミ声でキチンと歌っているな・・・!さらに神秘的かつ叙情的なリードギター
顔を出すぞ。2曲目はまた淡々とした退廃的なムードを感じさせるスローテンポで、コーラス
クリーンVo神秘的かつ倦怠感も感じさせとりあえずはブラックメタルらしいブラストビート
聴けるんだが、前作よりは軽めアグレッシヴさは薄く、バックのヴァイオリン幽玄なムードを
醸し出しているのう・・・!
後半はまたテンポダウン朗々としたクリーンVoも聴けるぞ。
3曲目はまたクリーンVoクリーンギターメロウさを放ち、ダミ声Vo淡々とした
ノイジーさ
を見せるスローテンポになるぞ。後半ではツーバス連打も聴けるが決して爆走はせず
ミドルテンポで展開、
4曲目はこれまた穏やかで叙情的なクリーンギター、朗々とした
クリーンVo
メロウさを見せ付けるが、その後は禍々しさのあるバンドサウンド、
吐き捨てダミ声
も登場、まぁそれでも爆走はせずやはり基本はスローテンポだな・・・!途中で
メロディアスさのあるギターソロも聴けるぞ。5曲目はクラシカルなアコギに始まるも、その後は邪悪な
ノイジーさ
のある淡々としたスローテンポになりドゥーミーな印象もあるが、ハモリを見せる
リードギター
クリーンVo、コーラス叙情的なメロディアスさがあり良いな・・・!
6曲目は怪しげかつメロウなアコギに始まり重厚なドラマティックさを放つギターサウンドが登場、
メロディアスさも感じさせ
そのままブラストで疾走するのう・・・!中盤で流麗なギターソロも顔を出し
レガートさを見せているな。7曲目は叙情的かつ妙な明るさも見せ、コーラスワーク等牧歌的なフォーク要素
醸し出しているぞ。8曲目はブラックメタルに接近した邪悪さ、如何わしさを放つダーティーな曲で、
幽玄なシンセも顔を出しヴォーカルも吐き捨てデスVoがメインになるが、前作と比べてどうにも音が軽いなぁ・・・!
9曲目は叙情的なピアノ、シンセアコギ、クリーンVoが挿入されるメロウさ満点の美麗な曲だが、
途中からドゥーミーな退廃ムード漂うスローテンポのバンドサウンドが登場、どこか神秘的かつ
荘厳なムード
が漂っており朗々と歌い上げるヴォーカルがまたエモーショナルじゃのう・・・!


ミドルテンポメインながらも禍々しいブラックメタル要素が目立っていた前作とは異なり、
そういった要素の変わりにドゥーミーな重苦しさ、倦怠感を増した印象があり
シンフォニックブラックでは無くなって来た
感があるも、ネイチャー系の
大自然崇拝ブラック
方面に舵を切った印象があるだろうか!?吐き捨てデスVoの頻度が減り
エモーショナルなクリーンVo
コーラスも多用されるようになり、リードギターギターソロ
泣きの要素が強く、雰囲気モノに陥らずメロディアスさがあるのが好印象だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The Chosen Ones  Sacrifice  Helheimsfard  Our Legacy







もどる


inserted by FC2 system