ENERGY OF THE ELEMENTS







"03:30 Dehuman Rise"




イタリア出身のシンフォニック/メロディックパワーメタルバンドによる1stアルバム。


イタリア出身のメロスピ、クサメタルUnderground Symphonyからのリリース・・・
この時点でノーマルなメタラーなら眉間に皺を浮かべ、一部の変態マニアッククサメタラー
拍手喝采であろう、B級である事が既に確定済みのバンドである(笑)。Balliano兄弟によって
2008年に結成されたバンドで、本作は2015年にリリースされたデビュー作となっており、
DGMのSimone Mularoniがミックス、マスタリングをしたためプロダクション的には意外と
ちゃんとしており
普通に聴けるレベルで、演奏もなかなかにマトモでシンフォニックな
シンセオーケストレーション
を纏い疾走するメロスピ、クサメタルだが、Voは例の如くの
ヘナチョコハイトーン系
で、線が細くピッチも不安定、劣化アンドレ・マトスと言えなくも無い
スタイルでマニア向けだろう・・・!

1曲目はシンセオーケストレーションに始まり勢い良く疾走!シンフォニックなアレンジも
バックを彩るなかなかに良いメロスピで、中盤はエキゾチックなギターフレーズが聴けるぞ。
2曲目はシリアスな印象の疾走曲で、女性Voも顔を出すが男Voはひっくり返り具合も激しい、
極めてヘッポコでヘナチョコな貧弱ハイトーンでヘロヘロと歌っておる!3曲目はより怪しく
ダーク
な印象があるも、Voが全てを台無しにする(爆)シンフォニックメタルで、クワイア
聴けるが説得力は薄いな。4曲目はヘナチョコグロウルも顔を出すミステリアスなアップテンポで、
5曲目はシンセが目立ち、シアトリカルなダークさを演出しようとはしているが、Voがそれを
まるで出来ていない疾走曲だな。6曲目は穏やかなアコギに始まりバンドサウンドも登場、
テクニカルさの無い半端な、雰囲気プログレメタルって感じの曲調である。7曲目はソプラノ女性Vo
グロウルも顔を出すオペラティックなミドル〜アップテンポで、8曲目もダークで
シリアス
な印象があるも、基本的にはシンフォニックで壮麗かつ淡々としたミドル、スロー曲だな。
9曲目はシンフォニックなメロデスと言えそうなグロウル入り疾走チューンとなり、
10曲目はシンガロングが目立ち、グロウルも聴けるダーティーなミドル曲で、
11曲目はシンプルだがリフもそれなりに劇的な疾走チューンとなるぞ!


Underground Symphony産でありながらも流石に現代のバンドだけあってか、
プロダクションは普通にしっかりしており演奏も悪くは無く、ソロパートに
多少のプログレメタル要素が見られつつもあまり冗長さは無い、まっとうな
メロパワ
しており、そこにシンフォニックなシンセを大々的に導入した感じで
リフも悪く無く音だけならB級以上なんだが、Voだけが極めて貧弱で、例の如くの
ヘナチョコハイトーンで不安定な情けないヘロヘロ歌唱を披露しており実に酷い!
叩かれまくったのかどうかは知らんが、幸いな事にこのVoは既に脱退しているようで
マトモなシンガーの加入を期待したい所だな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 79% お気に入り曲 Episode  Facing The Oracle
Hiding Behind Shadows  Rise Of The Sun







もどる


inserted by FC2 system