ENDLESS HEIGHTS







"New Bloom"




オーストラリア出身のエモメタルバンドによる1stアルバム。


オーストラリアはシドニーから登場したエモ/ポップパンク畑のバンドで、
本作はBrokjen Hive Recordsからリリースされたデビューアルバムとなっており、
音楽的にはエモ的な憂いを湛えつつもそれなりにメタリックな質感を放つ
バンドサウンド
を聴かせてくれるエモメタルなんだが、そこまでゴリゴリな
ヘヴィさ
は見られず、プロダクション的もどこかソフトで幻想的な空気があり、
近代的メタルコア、ポストハードコアに通じる部分がありつつも異質な感じだな。
ヴォーカルはほぼクリーンでパンクらしい、舌っ足らずでお世辞にも巧いとは
言えない歌い回し
でメロディーにもフックは見られないだろうか!?

1曲目から早速エモい憂いを湛えつつメタリックな疾走感を見せているが、
中盤以降はテンポダウンし2曲目もエモメタル然としたミドル曲だな。
3曲目はどことなく怪しげなミドル〜アップテンポで、4曲目はメタリックさと共に
クリーン寄りのルーズなギターが登場、5曲目は気だるい空気が漂うバラード寄りの
スロー曲で、6曲目はメロコアに接近した疾走曲だが、ノイジーなギターがルーズさを
演出しつつ幻想的なエモさがあるな・・・!7曲目はポップパンク的かつ穏やかな感じで、
8曲目もノイジーかつ穏やかなミドル曲となり、9曲目は手数の多いドラムが聴け、
ギターフレーズはどことなくオルタナ寄りだろうか!?10曲目はハードなギター
イマイチ下手な呟きVoが聴けるミドル曲だ。


メタリックさ、ハードさを見せつつもソリッドでは無いバンドサウンドが
エモらしいフワフワしたファンタジックさを漂わせるエモメタルだが、
上記したようVoがあまり巧くは無く、メロディーにもフックは特に見られず
痒い所にイマイチ手が届かない、もどかしさを覚える1枚だろうか!?
当然ながらギターソロの類も無く、ほぼミドル、スロー曲で難しい事は
一切しておらず、メタルだと思って聴くよりも多少メタリックな要素のある
エモ、ポップパンク
だと思って聴いたほうが良さそうだな。




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 The New Bloom  Matador







もどる


inserted by FC2 system