EMPTINESS







"Not For Music"




ベルギー出身のアンビエント/ゴシックメタルバンドによる5thアルバム。


ENTHRONEDのPhorgathとNeraath、RESISTANCE、PRO-PAINのJonas Sandersによって
結成されたバンドで、本作は通産5作目となるらしく、音楽的にはとにかくダークで
陰惨な怪しさ、不気味さ
を醸し出す薄暗いスローなドゥーム、ゴシック風だが、
ヘヴィさは薄く、むしろインダストリアルだったりアンビエント、アトモスフェリック
雰囲気が漂っており、エクスペリメンタル系のニューウェイヴ、ポジパン系
印象があり、ヴォーカルもそんな感じの低音呟き系である。

1曲目はスペイシーなシンセに始まる、スローテンポで怪しく憂鬱な
デジタル要素
が目立ったゴシック系のダークな曲となり、Voもそんな感じで
2曲目もまた薄暗く陰惨で、クリーンギターも顔を出し後半は壮大な印象もあるか!?
3曲目はブラックメタルに近いギターが顔を出し、チープながら悲惨な雰囲気を演出しており
中盤は完全にアンビエントだな。4曲目も淡々とした薄暗いスロー曲で、ギターが怪しく
挿入され奇妙さを演出、5曲目はクリーンギターアンビエントさを見せるが、
途中からスローながらブラックメタル的な空気が見られるだろうか!?6曲目は怪しくも穏やかな
ポジパン風で、ベースが目立っており7曲目は軽いドラムが手数を見せる、
本作唯一と言える意外とノリの良い曲だ!


インダストリアルなアンビエント、アトモスフェリックな要素が
前面に押し出された、とにかくダークで薄暗く憂鬱で陰惨な音作りを
見せており、それでいて意外にもメタリックさは希薄で全体的に
ニューウェイヴ、ゴシックロック的な印象が強く、完全に雰囲気モノで
曲展開の良さ
も無ければメロディアスさも皆無、このダークで退廃的な
ドス黒い倦怠感
に浸れるタイプのリスナーでなければ楽しめる要素は
無い
だろうな・・・!個人的にももっとヘヴィな音を期待していたのだが・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 50% お気に入り曲 Let it fall







もどる


inserted by FC2 system