ELTHARIA







"Innocent"




フランス出身のプログレッシヴメタルバンドによる2ndアルバム。


デビュー作が10年前にリリースされ、長らくブランクを空けて2014年にようやく
2作目となる本作がリリース
される運びとなったフランス産のバンドである!音楽的には
シンセを導入したプログレッシヴメタルながらも、テクニカルな長々とした
展開
は無くパワーメタル、メロディックメタル然とした要素が強いだろうか!?

1曲目はSEに始まりクサさ漂うギター、ハイトーンVoが炸裂するもメロスピでは無く
シンセ入りの淡々としたミドルテンポ
で展開、ギターソロがクサくもプログレ風味を
漂わせているな・・・!
2曲目はパワフルな疾走感を放つも、その後すぐに失速し
ヘヴィ寄りのスローチューンになり
この辺がプログレメタルらしい部分だな。
3曲目はメロディックメタル然としたシンセ、リフが聴ける軽快なノリの曲となり、
4曲目はヘヴィな印象がありつつやはりミステリアスで、どこかエピック的な面もあるか!?
5曲目はアコギやシンセがメロウさを放つバラードとなり、6曲目はヘヴィなリフ、リズム
モダンな印象を放ちデス要素は無いがエクストリームメタル的な色合いもあるな。
7曲目もまたヘヴィさがありつつミステリアスさも見られ、8曲目はシンセが目立ちリフは
正統派HM/HR
らしい感じだな。後半で唐突に疾走もするぞ!9曲目はヘヴィな
タイトさ、メカニカルさ
が目立ったデスVo入りのシャッフルリズムで、
10曲目は爽やかな印象のあるフュージョン風リードギターが聴けるインスト。
11曲目はピアノに始まりテクニカルさと共にドラマティックな展開を見せる
プログレッシヴなアップテンポチューンである!


プログレメタルらしいミステリアスさパワーメタル的な要素を導入した、技巧一辺倒に
陥らない曲作りを見せており劇的な部分もあるが、やはりこの手のプログレメタルの
宿命
なのかヴォーカルメロディーにフックは無く、疾走感も無く基本はミドルテンポで
正統派HM/HRとしてもリフが弱く物足り無い印象がある
のは否めないのう・・・!
ヴォーカルやドラム等チープなB級感が漂っているのも惜しいが、それでもシンセや
ギターフレーズは良く部分的に光る所はあるな。
ある意味雰囲気モノと言えるだろうか!?




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 76% お気に入り曲 Innocent  My Own Justice
Keys of Underworld







もどる


inserted by FC2 system