ELEVEN STRINGS







"Chaos and Creation"




ブラジル出身のプログレッシヴメタルバンドによる1stアルバム。


本作以前にEPを1枚リリースしているブラジル産の新人バンドで、音楽的にはスペイシーな
シンセ
今風のソリッドなヘヴィさを加えたバンドサウンドが聴けるプログレメタル
なっており、テクニック重視の無機質で硬質な印象もあるんだがドラマティック
部分も見られ、意外と楽曲重視な感じだが線が細く不安定なVoが足を引っ張っているか!?

1曲目はハープ、ティンパニに加え大仰なオーケストレーションが聴けるイントロで、
2曲目は優雅なピアノベースが絡み、緊迫感あるヘヴィさが見られアップテンポで展開、
線の細いVoに加え一部でグロウルも顔を出すぞ。3曲目は叙情的な出だしからヘヴィな
アグレッション
を放ちブラストも炸裂!その後はエキゾチックさのあるプログレメタルとなり
4曲目はクリーンギターが穏やかさを見せるもどこか怪しげで、メタリックさに加え
歪んだハモンドも登場、5曲目はメロウなピアノが聴けクラシカルさを演出、
その後は淡々としつつもソリッドミドルテンポのプログレメタルとなり、
6曲目は弱めのグロウルも聴けワイルドなノリを見せつつもミステリアスさがあるな・・・!
7曲目は何とブラストシンセシンフォニックブラック感を演出!
ヘヴィリフピアノも聴けかなりドラマティックな仕上がりを見せているぞ!
8曲目はサザンメタル臭漂うアーシーなスロー曲で、Voもダミ声気味で歌っているが
ストリングス系シンセも顔を出しプログレメタル感が残っているか!?9曲目はヘヴィさ
見せつつシタール等がエキゾチックな中東フレイバーを放ちまくり、10曲目はシンフォニックな
壮大さ
も演出され重厚さを見せつつツーバス連打クワイアが聴けるぞ!11曲目はこれまた
ワイルドな印象のあるヘヴィな曲だが、途中から唐突にクラシカルで
流麗なピアノ
も登場!非力なVoが曲調に追いついていないのが惜しいな・・・!


上記したようスペイシーかつソリッドな硬質さ、ヘヴィさを見せるプログレメタルで、
テクニカルなアンサンブルと共に意外とドラマティックさが感じられる音作りだな。
プロダクションにやや難があるも、そこまで劣悪では無くドラムの軽さを除けば
あまり気にならないレベルかも知れんな。もうちょいヴォーカルに
歌唱力があり
メロディーラインにもフックが見られるとかなり良くなりそうじゃのう・・・!




Amazon.co.jpで見てみる




満足度 80% お気に入り曲 The Maestro Of Creation  Life
The Maestro Of Chaos  The Last March







もどる


inserted by FC2 system