EKZISTENCIA(Экзистенция)







"The Storm Master(Повелитель грозы)"




ウクライナ出身のメロスピ、クサメタルバンドによる1stアルバム。


2000年にウクライナで結成された、キーボード兼女性シンガーを含む男女ツインVo編成の
6ピースバンド
によるデビューアルバムで、音楽的には煌びやかなシンセを導入し
東欧らしい陰りあるクサさを漂わせ疾走するメロスピだが、当然のようにかなりのB級
プロダクションは圧倒的にスカスカでチープ、演奏はまぁ頑張ってはいるもののやはり
相当にショボく、打ち込みのように味気無いギター、ドラムに母国語のヘッポコで
弱弱しく不安定な貧弱Vo
が絵に描いたようなB級クサレメタル感を演出、男女ツインVoだが
メインは男Voで、女性Voもまた不安定で弱弱しく、あまり必要性を見出せないのもまたB級だな。

1曲目は前時代的なストリングスシンセ、女の語りによるイントロで、2曲目はこれまた
スカスカでチープなバンドサウンド、シンセに母国語巻き舌ヘナチョコVoが登場、
実にB級なメロスピ、クサメタルで3曲目も軽快かつチープなアップテンポとなり、
中盤のシンセパートで不安定な女性Voも聴けるぞ。4曲目は笛、チェンバロ系の
シンセ
がクサく、フォーク的なクサメロを撒き散らし軽快なノリを見せるぞ。
5曲目はシンセ主体のバラード。冗長でセンスは無くVoの下手さが余計に目立っているな・・・!
6曲目はチープなホーン系シンセが聴ける軽快な曲。途中のシンセがまたクサく、
7曲目は男女ツインVoが登場し、ミドルテンポで淡々としつつVoラインにクサさがあり、
民謡要素
も見られるぞ。8曲目は女性Vo、シンセによるミステリアスなバラード。雰囲気は良いが
Vo、シンセがショボく台無しになっているのが惜しいのう!9曲目は軽快なアップテンポ
チェンバロが聴けつつも女性Voがやはり貧弱で不安定だな・・・!10曲目はアコギに始まり
穏やかなムードを醸し出し、貧相なリードギターと共に疾走もするぞ。


キラキラ系のシンセが目立ち、クサさはしかとあるものの、全体的に洗練とは
無縁のスカスカヘナチョコB級クサレメタルをプレイしており、上記したよう
ショボさ満点の軽過ぎる音質、リフの無いギター、パターンの少ないドラム等
地味で味気無い演奏、お約束のヘナチョコ不安定Voと、辺境バンドを漁る事を
使命とするマニアックなB級クサレメタラー以外には確実に支持されないバンドである!
まぁそれでもクサさはあるし、疾走感もそこそこなんでそういう辺境B級クサメタルを
愛好するマニア
なら聴く価値はあるだろう・・・!







満足度 64% お気に入り曲 Мистерия подземельных замков







"Humans and Gods(Люди и боги)"




ウクライナ出身のメロスピ、クサメタルバンドによるミニアルバム。


男女ツインVo、キラキラ系シンセ入りだが辺境出身らしく、相当にチープでスカスカな
ショボさ
を発散する、絵に描いたようなB級クサレヘッポコメタルバンドによる4曲入りの
ミニアルバムで、音楽的には前作の流れを汲んだキラキラシンセ入りのB級クサメタルだが、
今回女性Voがシンセに徹するようになり、男Voオンリーになったのが前作との違いだろう・・・!
アレンジセンスもイマイチで、男女ツインVoにする利点が無かったため英断だろうが、
男Voも極めてヘナチョコで不安定なんで、結局B級である事に違いは無いのだが・・・!

1曲目は煌びやかなシンセにそこそこマシになったバンドサウンドが登場、
Voはやはり不安定なんだが、アップテンポなかなかのメロパワとなっており
2曲目は怪しげかつ軽快な感じで、シンセもミステリアスさがあり分厚めの
コーラス
も登場、後半で緊迫感を増すぞ。3曲目はシンセが目立ちつつ
ミドルテンポで淡々としており、4曲目は軽快なシンセ入りメロパワで、煌びやかさもあり
途中分厚めのコーラスも聴けるのう・・・!


Voこそ相変わらず不安定でヘナチョコなものの、プロダクションは向上しており
楽曲面でも成長が見られ、前作がB級以下クサレメタルなのに対し、本作はB級クサメタル
呼べるレベルに成長しただろうか!?シンセに北欧寄りの陰りが見られ、冷たい煌びやかさ
あるのも良いな。これでVoがもっとマシならB級からも脱出出来るだろう!シンガーのさらなる成長、
もしくは巧いシンガーに交代する事が求められるな・・・!




Amazon.co.jpで見てみる





満足度 70% お気に入り曲 Скиталец







もどる


inserted by FC2 system